2017年12月1日 更新

株式投資デビュー“初心者”が知らないと損をする|基本・利益を得る・少額投資ミニ株

今は自分でお金を増やす時代ですが、市場にある投資方法は幾つかあります。株式投資について、まったくしたことのないという初心者向きにご紹介いたします。株式投資の基本、利益はどうしてでるのか、資金少額でできるミニ株など、初歩的なことから取り上げました。

463 view お気に入り 0
Free photo: Stock, Trading, Financial, Finance - Free Image on Pixabay - 2463798 (67088)

今や定期預金に預けていても「大切なお金」は増えはしません。
増やす・楽しむということで言えば、普通に転がる話では早々沢山商品はありません。その中で、最初に関心をもつのは「株」への投資も一つの選択にあげられるのではないでしょうか。
誰しも一度は株式投資を始めようと思ったことがあるだろう。にもかかわらず、まだ始めていない方もいるだろう。おそらく「株はなんだか難しそう」「損をだして自分のお金が減ったらどうしよう」「証券口座を開設して株式取引するというプロセスが面倒くさい」と思っている人が大半ではないのだろうか。
Free photo: Financial, Analytics, Blur - Free Image on Pixabay - 2860753 (67085)

昔は、情報も薄く、親戚や兄弟が証券会社にいれば、濃い情報も察知できるぐらい。
もしくは、浅い経験の証券会社の人に言われるまま、結局損切りの結果になる話も多かったものです。

それに比べて、今は手軽に始められ、自分でもたくさんの選択をできるツールやサービスが揃っています。
とはいえ、はじめてのことは不安かもしれません。
そんな方に、株をはじめるために知っておきたい初歩ポイントをご紹介します。

株とは

そもそも株とは、企業が資金を調達するために発行するものだ。企業は投資家が株を買うことで、資金をもとに事業を拡大していく。
株を買う=株を保有することになります。
言葉を変えると、株を買った「出資者」となり、すなわち株を発行している会社の“オーナー”の一人(株主)になるということです。
借り入れや社債と違い、会社は株主から調達した資金を株主に返す必要はない。そのため、株主は他の投資家に株式を売ることで、会社に出資した金を回収する。このように、株式投資で利益を得るための基本は、買った株をより高い値段で売ることなのだ。
株とは? | 株初心者入門講座 | 現物取引 | 国内...

株とは? | 株初心者入門講座 | 現物取引 | 国内株式 | 楽天証券

株式投資で利益を得る「キャピタルゲイン(値上がり益)」

株を購入して企業に対する権利を取得したのち、その企業が大きく成長すればその株の値段、つまり「株価」が上昇する。株価がさらに上昇する見込みがある場合、その株式を所有したいという投資家も多く現れてくる。
Free photo: Real Estate, Mortgage Bond - Free Image on Pixabay - 2164882 (67089)

もっと簡単に言ってしまうと、安く買って高く売ることで利益を得るというものです。上記で言うように、保有している会社の株が「情業進出」や「新製品発売」など、なんらかの動きで「株価」が上昇します。上昇したタイミングで、保有株を売れば差額が利益になります。

購入した時が10万円で買った、売る時は上がっていたので12万円で売った。
となりますと、12万円ー10万円=2万円が利益になりますね。
この利益を「値上がり益(キャピタルゲイン)」と言い、株式投資を利用して得られる利益の一つである。
一方、必ず覚えておかなければならないのは、株が予想に反して下がる可能性もあるということです。
下がったタイミングで売ると、損失になってしまいます。

株式投資で利益を得る「インカムゲイン(配当金)」

Free photo: Money, Home, Coin, Investment - Free Image on Pixabay - 2724235 (67091)

また、株式を売却しなくても企業が順調に業績を上げていけば、所有する株の数量に合わせて「配当金(インカムゲイン)」が配られる。成長する企業の株を所有しているだけで、定期的に配当金を得ることができる(年1回、2回の企業が多い)。これも株式投資による利益の一つと言えよう。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

家計金融資産「米国2.32倍:日本1.15倍」|米国人と日本人の違い

“米国人 と日本人の違い”家計金融資産20年間で米国2.32倍に対して、日本は1.15倍。この違いはいつたい何からおきるのでしょうか?米国は「所得が高い」から、「生活やしやすい」から、もともと「親からお金持ちが多い」から……。どれかならまだ救われるかもしれませんが、そうではないようです。では米国と日本の違いは何でしょうか?お金に働いてもらうということの違いにハッキリ差がでているようです。
SOCIALZINEの志水 | 1,038 view
お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

お金の基本「資産形成」と「資産運用」の違い|知っているようで知らないマネーの基本

あなたは、「資産形成」と「資産運用」の違いをご存じでしょうか。資産(資金)を殖やすこととして使われる言葉ですが、意外とその違いを明確に認識している方は少ないかもしれません。人生無理なく楽しむためにも、自分と家族のライフプランを棚卸し、今重要視されている「資産形成」と「資産運用」をもう少し身近に感じてみるのは大切かもしれませんね。
SOCIALZINEの志水 | 675 view
貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

貯金できない人の「残念」な習慣|あなたの子ども時代「夏休み」でわかる

ボーナスで何を買おうかな……楽しみに計画している方もいれば、「貯金をする」そんな方もいるのでしょうか。なかなかお金を貯められない人もいれば、しっかり貯金をしている人もいます。貯蓄だけが全てではありませんが、元のお金がなければ「増やす」ことはできません。あなたは「時間割引率が高い人」かもしれません。子ども時代の夏休みを、どう過ごしてきたかで分かる“貯金できる性質”なのか。要チェックかもしれませんよ。
SOCIALZINEの志水 | 1,014 view
お金と自由を増やす「不労所得」に必要な行動|資産を2倍にするには1000年以上かかる

お金と自由を増やす「不労所得」に必要な行動|資産を2倍にするには1000年以上かかる

あなたの貯金を2倍に増やすために、何年かかると思いますか?国債で計算しても、冗談にもならない1440年もかかるといいます。ならば、どうすべきなのでしょうか。働かずに収入を増やしながら、自由の時間を手に入れるためには「不労所得」に注目されるところですね。しかし、そのためには学ぶことと、多少の仕組みづくりが必要です。では、今すぐ取るべき行動とは?大切な考え方をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 906 view
お金が貯まる人になる方法|貯蓄ができない人「2つの欠点と残念な思考」

お金が貯まる人になる方法|貯蓄ができない人「2つの欠点と残念な思考」

あなたは、お金をたくさん貯めたいでしょうか?「貯金・貯蓄」ができない人には、ある2つの欠点と残念な思考があるといいます。そして、貯めたくても貯められない、なかなか貯められない人は「お金の難病」だとも伝えています。もし病気なら、未病の間に回避しませんか?
SOCIALZINEの志水 | 752 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水