2017年4月11日 更新

明石家さんま、29年ぶりニッポン放送に帰還「雪解け」メインパーソナリティー|3時間50分のリクエスト番組で“DJさんま”に

お笑いタレントの明石家さんまさんが、29年ぶりにニッポン放送で、パーソナリティを務めることが明らかになりました。実は、ある出来事がきっかけで出演をずっと拒んできたそうです。今回、同局からの熱烈なオファーで、特別番組が実現。なぜ今回、出演を決めたのか、その舞台裏も語られるとのこと。また、かねてより「天才」といわれてる、ビートたけしさん、明石家さんまさん、所ジョージさんの3人。彼らは今もテレビでその姿を見ない日はないほど人気です。そんな彼らの魅力について、間近に見続けた名プロデューサーがその秘密を明かします。

173 view お気に入り 0
お笑いタレントの明石家さんまさん(61)が、29年ぶりにニッポン放送でパーソナリティを務めることが10日、明らかになりました。
 (16460)

約29年ぶりにニッポン放送でパーソナリティー番組を担当する明石家さんまさん
さんまさんは、かつて「オールナイトニッポン」(1979年10月~81年3月)や「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン生放送」(83年5月~88年3月)など同局でレギュラー番組を持っていました。
ゲスト出演はあったものの、さんまさんが同局で自身のパーソナリティー番組を担当するのは1988年3月に終了したレギュラー番組「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送」以来となる。
 (16509)

でも、「ブンブン」を最後に、同局のレギュラーや特別番組などでメインパーソナリティーを務めたことはありませんでした。

長期間となった”絶縁”の理由

29年前の”ある出来事”がきっかけでニッポン放送の番組出演を拒んできたと言われています。
 (16459)

明石家さんま(かつてのニッポン放送スタジオにて撮影)
「ブンブン」出演当時、30分ほど録音したものを、番組幹部が無断でプロ野球中継の冒頭に、生放送のように放送したことに激怒。リスナーやファンの反感も大きく、番組を降板したそうです。
今回、ニッポン放送からの熱烈なオファーで、特別番組のパーソナリティを引き受けることとなった。
同局は、これまで出演依頼は続けていただけに、今回の出演に大喜びの様子。
 (16497)

雪どけ春の大作戦

4月17日に生放送される音楽中心となる番組名を「君に耳キュン!雪どけ春の大作戦 明石家さんま オールニッポンお願い!リクエスト」と命名して、歓迎ムードを高めているそうです。
61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん