2017年9月13日 更新

「9割9分、運?」でも「こだわり」だけは捨てなかった|古坂大魔王が語る”ピコ太郎”ブーム

1日放送の「アナザースカイ」で、お笑い芸人の古坂大魔王が出演しました。自分にとって“第2の故郷”を訪れる番組。古坂さんは、自身がプロデュースを務める”ピコ太郎”が今年3月に海外初となるライブを開いた台北を訪れ、現地で目の当たりにした“ピコ太郎フィーバー”を振り返りました。音楽と笑いを融合させたネタの模索に精を出していた頃の思い出や「ピコ太郎が世界的なヒット曲を生み出したときの裏話」なども語りました

125 view お気に入り 0

「アナザースカイ」に登場した古坂大魔王

9月1日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に古坂大魔王がゲスト出演。世界的ブームとなったピコ太郎の動画へのこだわりについて語りました。
 (50058)

左から古坂大魔王、今田耕司、中条あやみ。
古坂さんは、1991年にお笑いトリオ(後にコンビ)「底ぬけAIR-LINE」でデビュー。

現在は、ピン芸人としてだけでなく、音楽プロデューサーとしても活躍中で、2016年にはピコ太郎の動画「PPAP」で世界中に大旋風を巻き起こしました。
 (50061)

ピコ太郎

N.Y.の国連総本部へ外務省からの依頼!

ピコ太郎は、2017年7月17日(日本時間18日)米ニューヨークの国連総本部へ外務省からの依頼で日本を代表してパフォーマンスしました。↓↓↓
 (50066)

今田さんは、「プロデューサーとして大活躍。俺らでは立たれへんステージ立ってるからな」とその活躍ぶりを絶賛していました。

「PPAP」の新バージョン「SDGs」を披露しました。
「SDGs」は昨年国連で採択された、貧困や格差の解消を目指す「持続可能な開発目標」のこと。ピコ太郎は外務省の「SDGs」のPR動画を制作し、その縁で今回のレセプションに参加することになった。

ピコ太郎 × 外務省(SDGs)~PPAP~

No poverty.(貧困をなくそう)
I have a pen.I have a book. EDUCATION(教育)
17 Goals to Save the Globe.(17の目標は世界を救う)
Sustainable Deve lopment Goals.(持続可能な開発目標)などスローガンが盛り込まれています。
ピコ太郎は、貧困・飢餓の撲滅を目指す国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の認知度アップのために大役を拝命。子供たちをバックに「PPAPの“国連バージョン”である「パブリック・プライベート・アクション・フォー・パートナーシップ」を披露。SDGsをアピールした。

ピコ太郎、台湾へ初上陸!

「アナザースカイ」は、ゲストが自分にとっての“第2の故郷”などを訪れる番組。そこで番組では、ピコ太郎が、初めて海外のステージを踏んだ、台湾のコンサート会場を訪れました。
71 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事