2017年9月28日 更新

マツコ・デラックス夢かなって“イケメン力士”に華麗なる変身!”大銀杏”で千代丸関と共演

9月27日に放送された「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスが”イケメン力士”に変身!以前の放送でも「大銀杏を結ってみたい」と熱望していたマツコの夢が、今回「相撲協会」の協力の下、番組で実現。スタジオに九重部屋から一等床山の床岳と、「千代丸の幸せ顔」コーナーでおなじみの千代丸関が登場し、マツコの髪を結うことに。その”イケメンっぷり”にスタジオから歓声が湧きあがりました

311 view お気に入り 0
タレントのマツコ・デラックスが、かねてから熱望していた“大銀杏(おおいちょう)を結う”という夢を実現させました。
 (53828)

27日放送のテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)で、「日本相撲協会」に企画を持ちかけたところ、快諾されたとのこと。

「大銀杏を結ってみたい」と熱望していたマツコの夢

同番組で、「大銀杏を結ってみたい」と話していたマツコさん。

今回、スタジオには「九重部屋」から力士の髪を結う一等床山(とこやま)の床岳さんと、「千代丸の幸せ顔」コーナーでおなじみの千代丸関が登場しました。
2人にわざわざ出向いてもらったことにマツコは「(大銀杏を結いたいなんて)変なこと口走ってしまったばかりにすみません…」と恐縮
しかし、企画を誰よりも楽しみにしていたのはマツコさん。

九重部屋が用意した普段力士が着ているという浴衣に着替え、床岳さんの手で髪に鬢(びん)付け油が塗られていきました。髪全体に油をなじませて、丹念に櫛をかけるのだそうです。
そして、元結いを縛ります。↓↓↓
大好きな鬢付け油の匂いに包まれながら髪を結われるマツコさん。その後ろ姿はまさに力士そのもの?!

床岳さんの床山歴や九重部屋の様子などを聞いたり、「歴代の九重親方はみんなカッコ良かった」などと、楽しくおしゃべりをしながら髪結いの時間が過ぎていきました。
髷(まげ)棒で後ろが作られているところ。↓↓↓

「大銀杏(おおいちょう)」とは

 (53827)

「大銀杏(おおいちょう)」は十両以上の関取が結う髪形。
髷(まげ)の先がイチョウの葉のよう、というところから名付けられました。
「こんなことをしてしまって、本当に大丈夫かしら…」「相撲協会や、大相撲ファンの方々に怒られないかしら…」としきりに不安がるマツコ。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん