2018年3月12日 更新

16歳女子高生がハチ公前で「フリーおっぱい」|定期的に現れるバカユーチューバー

筆者が定期的に苦言を呈しているバカユーチューバーたち。しかしそんなザコの声などどこ吹く風で、今日もまた新たなバカユーチューバーが現れました。

2,834 view お気に入り 0

渋谷ハチ公前で「フリーおっぱい」。16歳女子高生ら、書類送検

 (79072)

東京・渋谷のハチ公前広場で「フリーおっぱい」と書かれたスケッチブックを掲げ、通行人に胸を触らせるなどしたとして、警視庁生活安全特別捜査隊は12日、東京都迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、私立高1年の女子生徒(16)=千葉県船橋市=と公立高3年の男子生徒(18)=神奈川県相模原市=を書類送検した。
また、通行人が胸を触る動画を撮影したとして、同法違反幇助の容疑で、映像制作会社社員の男性(23)も書類送検した。
フリーハグやフリーキスなど、メンヘラを拗らせちゃったような人がやるあれらの行為が盛り上がり出してきた時に、一抹の不安は感じたんですよね。

絶対よこしまな思いでやるやつが出てくるって。まぁ最初に始めたやつも多分多少よこしまだったはずです。

そしたら出ました、フリーおっぱい。

しかも16歳女子高生。おいおいうらやましいな!とか言ってる場合じゃありません。

そして伝家の宝刀、犯人はユーチューバー

 (79074)

2人は動画投稿サイト上で活動する、いわゆる「ユーチューバー」だった。
女子生徒らは「再生回数を増やして広告料収入を得たかった」などと説明しているという。警視庁渋谷署員が騒ぎに気付き、犯行が発覚した。
もうね、呆れてものも言えないとはまさにこのことですね。

いくら未成年だからと言って、名前伏せたりする必要ないですよ、こんなの。

だってそもそも晒されたくてやってんだから。

でも実際問題、これを見て喜んだり、実際にフリーおっぱいを触りにいきたいって人もいるんだろうなぁ。

需要があるからこそ、供給が生まれるわけで。

それにしてもなんだこの女子高生の格好は!?

とりあえずこの写真を見てみてください。
 (79060)

えっと、そのフリーおっぱいをしていた女子高生がしていた格好がこちらのようです。

なんか怖い!!

あとわざわざ再現しなくてもいよ、警察およびメディアの方々!!
動画サイトでは再生回数などに応じて広告料が支払われるのが一般的で、一部ユーザーによる過激な投稿が問題化。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【悲報】愛媛県今治市にある、日本一危険な「すべり台」撤去|その影に、お馬鹿ユーチューバーの存在も

【悲報】愛媛県今治市にある、日本一危険な「すべり台」撤去|その影に、お馬鹿ユーチューバーの存在も

最近の日本はもはやアメリカに負けないぐらいの訴訟大国になっている。いや、クレーム大国と言った方が良いだろうか。自己責任なんて言葉はどこかへ無くなり、わがまま放題になっているのが悲しい現実だ。その際たる例が公園の遊具撤去だろう。また新しい撤去の話が出てきました。
山岡ソースケ | 513 view
下がり続けるユーチューバーの品格|今度は洗剤を「飲むだけ」の動画が流行!

下がり続けるユーチューバーの品格|今度は洗剤を「飲むだけ」の動画が流行!

最近はタレントというよりは単なるお騒がせ屋さんの側面も強くなってしまったユーチューバー。視聴率を上げるために過激なチャレンジをする人が後を絶たない現状ではあるが、またも新たなおバカチャレンジが発明されてしまいました。
山岡ソースケ | 379 view
【ユーチューバー絶滅の危機】YouTubeが新規約を発表し、炎上芸を撲滅へ!

【ユーチューバー絶滅の危機】YouTubeが新規約を発表し、炎上芸を撲滅へ!

ユーチューバーが職業…稼ぐための手段として、全世界に認知されているのは間違いないだろう。しかし、「なりたい職業ランキング」の上位にノミネートされる反面、犯罪すれすれ(もしくはれっきとした犯罪)行為や迷惑行動でPVを稼ごうとする炎上芸が社会問題にもなっている。そんな光と闇が重なり合うユーチューバーに対し、サービス提供元であるユーチューブが、一つの答えを出しました。
山岡ソースケ | 1,918 view
【大炎上】世界的ユーチューバーのローガン・ポール、富士樹海の自殺者遺体を動画投稿!

【大炎上】世界的ユーチューバーのローガン・ポール、富士樹海の自殺者遺体を動画投稿!

日本が誇る自殺の名所、青木ヶ原樹海。日本では毎年2万人以上の人が自殺によって命を落としており、国として、人として、何かを考えなければいけない時なのは間違いない。しかしその問題は、一部の人間からすれば『ネタ』にしかならないようで……。
山岡ソースケ | 819 view
YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

YouTuber(ユーチューバー)の収入大暴落|それでも“好きなことで”生きていく

2016年12月には、フォーブスでも第2回目の「世界で最も稼ぐユーチューバー(YouTube Stars)」と題したランキングまで発表していました。世界のトップたちは、1年間の収入額がおよぞ7,050万ドル(約80億円)だったといいます。今や、子どもたちのなりたい職業にまであらわれるYouTuberですが、事情が激変しており「大暴落」している様子。最新の状況をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ