2017年2月20日 更新

つるの剛士さん、育休宣言に「もうねえな。帰ってくる場所」でも実は「イクメン」嫌い|家庭と職場の板挟みになり「イクメンブルー」

2度目の育児休暇ならぬ「家族休暇」を取得した、つるの剛士さん。「イクメン」という言葉が世の中に広まるにつれ、世の中の風潮として「イクメンにならなければならない」とプレッシャーを感じ、苦しむ男性もいるようです。 さらに近頃では「イクメンブルー」という現象まで起きている、とのことです。しかし、つるのさんは「『スーパー親』なんてあり得ない」と断言しています。つるのさんの育児から家族の絆と深めるためのヒントを考察してみましょう!

171 view お気に入り 0
「男性が育児するのが当たり前になり、イクメンという言葉がなくなる世の中になってほしい」。タレント・つるの剛士さんが、子育てイベントでこう訴えました。
同席した作家の鈴木おさむさんは、「イクメンという言葉で苦しむ男性もいます」と後に続きました。
「イクメン」という言葉が世の中に広まるにつれ、プレッシャーを感じる父親もいるようです。

さらに近頃では「イクメンブルー」という現象まで起きている、とのことです。

家庭と職場の板挟み「イクメンブルー」に

つるのさんと鈴木さんは2016年12月1日、「第9回 ペアレンティングアワード授賞式」に出席し、その年の育児業界に影響を与えた人物として表彰されました。

そこで、男性の育児参加が話題にのぼりました。
 (4875)

5人の子どもを持ち、育児休業を経験したつるのさん(左)と、15年6月に第1子が生まれてから、子育てと、「父親になるための勉強」期間として1年間休暇を取った鈴木さん。
「僕はイクメンという言葉がなくなって、男性が育児するのが当たり前になってほしい。ご近所さんには『つるのパパがイクメンとか言われるからさ、ウチもやりにくいんだよ!』なんて言われますが」
「『イクメン』と呼ばれて苦しむ男性もいるんですよね」
と知ったといいます。
一方で鈴木さんが述べたように、言葉が広まるにつれて、世の中の風潮として「イクメンにならなければならない」とプレッシャーを感じ、苦しむ男性もいるようです。

男性の育児参加の促進をねらった「イクメンプロジェクト」

 (4915)

「イクメン」は育児を積極的に行う男性を指して2010年ごろから登場し、同年の「ユーキャン新語・流行語大賞」でトップ10入りすると一層認知されました。

厚生労働省は、男性の育児参加、育休取得の促進をねらった「イクメンプロジェクト」を2010年から開始しています。

家族のための育休

つるのさんは、2度目の育児休暇ならぬ「家族休暇」を取得しました。
最初の育休は、事務所にも知らせず突然、イベント会場で宣言しました。

知り合いからは「もうねえな。帰ってくる場所」と脅されたといいます。

しかし「取ってみたらマイナスなんてなかった」と振り返ります。

「『スーパー親』なんてあり得ない」と断言する、つるのさんは自身のブログで次のように綴っています。
早く世の中から「イクメン」なんて流行ワードが消え、「普通の父親」と当たり前に言える社会になればなあ~
そんな日本社会を僕は心から応援しています。
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

2018年「インスタ流行語大賞」を発表!約40万語から”厳選人気20ワード”と解説を一挙公開

今年もあと残すところとなり、平成最後の年末を迎えます。2018年はSNSの中でもインスタグラムの利用者が、より急増して、若者を中心に“インスタ映え”という言葉が、より使われた一年となりました。SNSマーケティングを手がける企業が、インスタで若者を中心に使用されたワードの内、約40万語の中から「インスタ流行語大賞」として”20ワード”を発表!その厳選した人気ワードと、その意味の解説と共にご紹介します
第1子誕生の渡部建&佐々木希、感動コメント!相方・児嶋は「ネットで知ったぞ!」とボヤく

第1子誕生の渡部建&佐々木希、感動コメント!相方・児嶋は「ネットで知ったぞ!」とボヤく

女優の佐々木希が9月13日、第1子を出産していたことをインスタグラムで報告しました。彼女は、昨年4月にお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部と結婚。翌年2月には、第1子の妊娠をSNSで報告し、ファンからはお祝いの言葉や出産を心待ちにするコメントが多く寄せられていました。渡部さんは昨年、出演番組「行列のできる法律相談所」の生放送で、佐々木さんとの結婚を発表し話題に。そして相方の”あのコメント”にも注目!
登坂広臣&中条あやみ、中島美嘉の名曲「雪の華」で映画共演! インスタが発端で”交際疑惑”?

登坂広臣&中条あやみ、中島美嘉の名曲「雪の華」で映画共演! インスタが発端で”交際疑惑”?

登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)とモデルの中条あやみが来年2月に公開される映画「雪の華」に出演することが発表されました。本作が、中島美嘉の同名楽曲を映画化したものであることもわかりました。気になるストーリーや公開中の特報もチェック!登坂さんと中条さんといえば、先日2人がインスタグラムに投稿した動画をめぐって、思わぬ「誤解」が広まる騒ぎがありました
「インスタ映え」求め”架空の自分”を演出?日本経済を牽引する”ミレニアル世代”のこだわり

「インスタ映え」求め”架空の自分”を演出?日本経済を牽引する”ミレニアル世代”のこだわり

最近よく耳にする「インスタ映え」。これは「Instagram」に投稿するのに適した写真を指す言葉で、流行や旬を取り入れた写真のことを指します。そして、このSNSが、今の日本経済を押し上げている話題に。主な利用者は”ミレニアル世代”と言われる若者。彼らは、自分がどう生活したいかではなく、SNSで「自分がどう見られるか」をまず考えて行動します。なぜ、彼らは、そこまでインスタ映えにこだわるのでしょうか?
”話題作りの上手い”テイラー・スウィフト、SNSに復帰!公開した“謎の動画”に反響

”話題作りの上手い”テイラー・スウィフト、SNSに復帰!公開した“謎の動画”に反響

突然自身のSNSアカウントのコンテンツを全て停止する、という前代未聞の行動に出た歌姫テイラー・スウィフト。ついにSNSを復活させ、今度は全てのアカウントに一斉に”謎の動画”を投稿し、世間に衝撃を与えました。そんな彼女が3年ぶりに待望のアルバム&新曲をリリースすることを発表。 また音楽の祭典「VMA」に出演するとの噂も?常に”話題作り”に抜かりないテイラー。2017年下半期の音楽業界を賑わせています

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事