2017年8月30日 更新

仮面ライダー「エグゼイド」から「ビルド」へ初バトンタッチ会 ”エグゼイド”飯島からの金言

仮面ライダーシリーズ”史上初”のバトンタッチ会が27日、都内で行われ、「エグゼイド」役の飯島寛騎、「ビルド」役の犬飼貴丈が出席。飯島からバトンを受け取った犬飼は「(新ライダーを)早くお届けしたくてウズウズしてます」と放送開始が待ちきれない様子。一方、飯島は「エグゼイド」の終了に感無量の表情。「僕のことは忘れても、エグゼイドのことは忘れないで」と”聞き覚え”のあるせりふで名残を惜しみ、会場を沸かせました

348 view お気に入り 0
テレビ朝日系で、8月27日に最終回を迎えたばかりの特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』と、新作『仮面ライダービルド』。↓↓↓
 (47008)

握手する仮面ライダーエグゼイド(左)と仮面ライダービルド(右)。
仮面ライダーシリーズ”初”のバトンタッチ会が27日、都内で行われ、「エグゼイド」の主人公・宝生永夢(ほうじょう・えむ)役の飯島寛騎さん(21)、「ビルド」の主人公・桐生戦兎(きりゅう・せんと)役の犬飼貴丈さん(いぬかい・あつひろ)(23)が出席しました。
 (47009)

左から飯島寛騎さん、犬飼貴丈さん。

仮面ライダーシリーズ”初”のバトンタッチ会

犬飼さんは「1年間お疲れ様でした」と先輩の苦労をねぎらい、飯島さんから、9月3日よりスタートする「ビルド」の犬飼さんへ、バトンが渡されました。↓↓↓
この日、「エグゼイド」最終回が放送され、率直な思いを尋ねられた飯島さんは、感慨深げに語りました。↓↓↓
「つい最近1話を観たような感じです。今日僕も早起きしてオンエアを観たんですが、1年って早いんだな、すごく濃い1年だったなと思います」と心境を語る。

「エグゼイド」を振り返って

飯島さんは、撮影を振り返っての感想を求められると”ある告白”をして、観客の笑いを誘いました。↓↓↓
この1年の現場を振り返り「季節に応じての対応が大変でした。体調管理は一番気を付けなきゃなって思っていて。永夢は医者なのに、医者にお世話になるのダサいじゃないですか(笑)。冬はヒートテック5枚着てました」と明かし、犬飼を「永夢もヒートテック着るんですね!」と驚かせた。
 (46999)

また、「ビルド」への主演が決まってから、初めて観客の前に立った犬飼さんは、多く集まった観客を見渡し・・・↓↓↓
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん