2017年12月4日 更新

【恐怖!】野球部監督(男性)が男子部員の布団に潜り込み、添い寝強要

衝撃的なニュースが飛び込んできました。野球部監督が男子部員に対してセクハラをした。というのだ。その事実だけだと大きく混乱しそうだったので、少し顛末をまとめます。

344 view お気に入り 0

野球部監督が男子部員にセクハラ行為か

Free photo: Baseball, Ball, American, Sport - Free Image on Pixabay - 2804477 (67588)

千葉県の私立高校の野球部監督が、男子部員の布団に潜り込み、「癒やしてくれ」などと言いながら、男子部員の耳をかむなど、セクハラ行為をした疑いがあることがわかった。
木更津市の暁星国際高校によると、野球部の27歳の男性監督が、2016年の夏ごろから、寮で寝ている男子部員の布団に潜り込み、「癒やしてくれたら許してあげる」などといい、部員の耳をかむなどしながら、添い寝をしたという。
「ひぇー…」としか言いようがないニュースが飛び込んできました。

男性教諭の女子学生に対するセクハラは聞いたことがあるが、この手の事件は初耳。

なんというか…男臭くとムッとしてしまう…。
さらに監督は、風呂場で部員の体を洗うなどしていたということで、12月、部員の保護者から警察に相談が寄せられていた。
学校側の聞き取りに対して、監督は、行為をおおむね認めたうえで、「スキンシップを図ろうと思ってやっていた」と話しているという。
あくまでも教師側はセクハラのつもりではなくて、仲良くなるためにやった、とのことなんですが…。

言い訳にしてはちょっと苦しすぎる…。

というかやられた方の気持ちが痛々しすぎて…。

監督は一体どんな人物なのか?

 (67585)

暁星国際高校野球部の監督は中村将志さんという方で、監督に25歳という若さで就任。この高校での指導歴は3年目ということになる。

写真で見る限り、女子ウケもよさそうなナイスガイではあるのだが…。
高校時代は兵庫県の報徳学園の内野手として活躍し、控え選手ではあったものの、7試合で5打数2安打を記録する活躍。

うーん、経歴だけ見るに、普通にサクセスストーリーを歩んでいるように見えるのだが…。

事件を受けて学校側は…

学校側は、監督に口頭で注意を与え、当面、野球部の指導から外すとしている。
シレッと言ってはいるが、被害者の心の傷は深いぞ!

しっかりと原因究明をして、うやむやにせず、しかるべき対処をしていっていただきたいものである。

まとめ

別に同性愛がどうとか言うつもりはありません。

ただ、教師や監督という立場を利用するのはいかんでしょう!

しっかりと、被害者の心のケアまで行っていただきたいですね。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功者やお金もちは「験を担ぐ」(げんをかつぐ)|なぜ、験担ぎをするのか

成功者やお金もちは「験を担ぐ」(げんをかつぐ)|なぜ、験担ぎをするのか

験を担ぐ(げんをかつぐ)と聞くと、どのような方が行っているイメージを持つでしょうか。「お金持」や「成功者」には、無縁だと思う方も多いのではないでしょうか。残念ながら、「験担ぎ」やジンクスなどを大切にしているのです。経営者さんには、風水を設置できる方やその道の専門家を顧問でお願いしている方も多いのです。野球選手や政治家などにもいる「お金もち」「成功者」の「験担ぎ」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ