2018年4月2日 更新

【衝撃】中国で「レンタル彼女」開始|料金は20分17円!

リア充なんて言葉が出来てからもはや久しいが、こうして名前を付けて嘲笑するような気風は、裏を返せば嫉妬心ゆえとも言えるだろう。そんな感情のなれの果てか、中国で驚くべきサービスが開始されました。

225 view お気に入り 0

中国のショッピングモールで「彼女シェア」開始

 (81036)

カーシェア、自転車シェア、共有傘など日本でもお馴染みとなったシェアサービス。
そのシェアサービスは日本だけで無く中国でもかなり浸透しており、買うまでもないがたまに必要という人がターゲットになりかなり需要があるようだ。
筆者は昔かたぎな人間なので、所有欲も強く、あんまりシェアに対して前向きではないのですが……。

とはいえこのシェアサービスというのはよくできていて、確かに痒い所に手が届く感はあるなと常々感じていました。

しかしまさか「そんなものまでシェアするかね!?」というサービスが、魔境中国でスターとしたのです。

そのシェア対象というのが……

一緒に買い物や食事をしてくれる「彼女シェア」がスタート!

 (81037)

そんなシェアサービスに今度は「彼女シェア」なるサービスが開始。中国の広東省にある大型ショップングモールが開始した「彼女シェア」サービス。
1人で買い物に来た男性客をターゲットにしたもので、1人で買い物をするのが寂しいという男性が女性を選んで一緒に買い物をしたり、食事をしたりする。
なんとなんとの彼女シェア。

もはや風俗的なにおいがプンプンですが、一応そういういかがわしいものではないらしい。

しかし一人で買い物をするのが寂しいって、どんな甘ちゃんだよ!とは思いますね。

そもそも男性脳的には、買い物は目的があって初めて行われるので、わざわざ隣に女性を持つ必要もないと思うんですけど……。

美女をシェアする料金はたったの17円!!

 (81038)

実際に公開された10人の美女はショッピングモールに待機しており、スマートフォンのQRコードを使用して料金を支払う。
料金は20分ごとに1元(約17円)と日本人だけでなく、中国人の感覚からしてもかなり激安。ショッピングモールの宣伝目的なので、1元というサービス価格で実施されているようだ。
これは安い!

正直これぐらいならネタ感覚でシェアしてもいいかな、と思えるレベルですね。

宣伝目的とはいえ、こんな値段でシェアされる彼女たちの気持ちはいかほどのものか、想像したくもないですけど。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【戦慄】「鬼ごっこしよう。しないと殺す」→数を数えている間に逃走して無事

【戦慄】「鬼ごっこしよう。しないと殺す」→数を数えている間に逃走して無事

不審者や危険な事件があった時に通知が入る緊急情報サービス。毎度毎度衝撃的なニュースが飛び込んでくるのだが、今回もかなり衝撃的な通知が入ってきました。
山岡ソースケ | 326 view
【衝撃】年金の入力ミス、中国の業者は極めて正確。日本側がミスりまくりという現実。

【衝撃】年金の入力ミス、中国の業者は極めて正確。日本側がミスりまくりという現実。

定期的にトラブルを巻き起こす年金問題。対象者のリストを無くしたり、そもそも金額があってなかったり…。最近は委託された日本企業が中国業者にリストを渡してしまっていた、なんてことも話題になりましたが、そこに衝撃的な事実が見つかってしまいました。
山岡ソースケ | 249 view
【ショック】キャプテン翼の新しい友達がヤバイと話題に!

【ショック】キャプテン翼の新しい友達がヤバイと話題に!

「ボールは友達」でお馴染みのキャプテン翼。国内外に多くのファンを持ち、あの世界最高のプレイヤー、メッシ選手も大ファンととして有名だ。そんなサッカー漫画の金字塔キャプテン翼に、この度新しい友達ができました。
山岡ソースケ | 116 view
【世界の仰天ニュース】アメリカの中学校教師、授業で仔犬をカミツキガメに食べさせ、問題に!

【世界の仰天ニュース】アメリカの中学校教師、授業で仔犬をカミツキガメに食べさせ、問題に!

日本ではちょっと考えられないような世界の仰天ニュースを紹介します。今回の舞台はアメリカの中学校。そこで行われた授業内容がエグすぎると、批判が殺到しています。
山岡ソースケ | 161 view
【動画あり】エレベーター内でおしっこをする少年をホラー現象が襲う

【動画あり】エレベーター内でおしっこをする少年をホラー現象が襲う

「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったものえあるが、中国で起きた驚くべき事件の動画が話題になっている。稲川淳二でもさすがに再現不可能なその事件の顛末とは…
山岡ソースケ | 439 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ