2017年4月6日 更新

ナタリー・ポートマンの名演が光る!暗殺されたケネディ大統領の妻のその後が描かれた映画「ジャッキー / ファーストレディ 最後の使命」

ナタリー・ポートマン主演映画「ジャッキー / ファーストレディ 最後の使命」が3月31日に公開されました。アカデミー賞作品賞、あるいは監督賞候補こそならなかったものの、同映画が世界でお披露目されるや、ナタリーの素晴らしいパフォーマンに賛辞が相次ぎ「ブラック・スワン」を超えたのでは?という評価も・・。女優・寺島しのぶさんも「“ジャッキー”のファッション、しゃべり方、歩き方を全部研究されたことがわかる圧倒的な演技」と称賛していました!

130 view お気に入り 0
ナタリー・ポートマン主演映画『ジャッキー / ファーストレディ 最後の使命』が3月31日に公開されました。
パブロ・ラライン監督がメガホンをとった同作は、1963年11月22日に起こったジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件を、によって、当時のファーストレディだった“ジャッキー”の愛称で親しまれたジャクリーン(ポートマン)の人生が一変していくさまが描かれています。
 (15335)

「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」

最高レベルの仕事をした俳優と音楽家とデザイナーなどを束ねたのはパブロ・ラライン監督。

何と本作が初の英語作品というチリ出身の監督です。
「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーが製作を手がけています。

主演を務めたナタリー・ポートマンのインタビュー映像

「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」ナタリー・ポートマン インタビュー映像

YouTubeにて公開された映像の中でポートマンは、ジャクリーンを演じるうえで怖かったことや、劇中の衣装について言及しています。
「この映画はジャッキーを偶像としてではなく1人の人間として捉えていて、そこが素晴らしいと思います」と見どころを明かす。
また、メガホンを取ったパブロ・ララインに関しては「これまで一緒に仕事をした中で、最高の監督の1人です」と述べ、「一緒に探りながら進んでいるような創造的なプロセスでした」と撮影を振り返った。
 (15374)

ストーリー

1963年11月22日、米・テキサス州ダラスでのパレード中に、J・F・ケネディ大統領が暗殺されます。目の前で夫を殺されたジャッキー(ナタリー・ポートマン)は、悲しみと怒りと動揺で混乱。
 (15344)

しかし、ケネディ大統領がいなくなった今後のことを周囲が話しているのを聞くにつけ「このままでは夫は忘れられてしまう」と、夫の血が飛び散ったスーツを脱ぐことなく、大勢の前に姿を現します。
 (15348)

48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん