2020年7月2日 更新

仕事も恋愛もうまくいくコツは「ポジティブシンキング」

本当の意味で仕事ができる人や恋愛がうまくいく人には共通の接点があります。それは目の前の人やお客さん、上司、部下、友達や彼氏や彼女をどれだけ喜ばせたかということなんです。成功している人の立ち振る舞いについて調査しました♪

325 view お気に入り 0
周りの人と良好な関係を保ちながら成長していきたいと思っている人はとても多いのではないでしょうか。
「振る舞い」を変えていけば、仕事も恋愛も結婚もうまくいく。
どんな振る舞いを心がければ物事がうまくいくのか、まとめてみました。
「おもしろい人」は、愛される人です。嫌いな人をおもしろいと思う人はいません。だから嫌われないように振る舞う人は多いでしょう。でも、自分が気を遣ったほど、相手は自分の気遣いを評価してはくれませんよね。おもしろいとは、人とは違うことをしながら、人に理解されなければなりません。そのためには、自分の立場やエゴを守るのではなく、相手の立場で考えることが重要です。

忙しい男性は恋愛の優先順位が低い?

恋愛では、男女の恋愛感覚は太古の昔から根本的に違うのは明らかなので、今さらお互いの文句を言っても始まらない。
連絡を待つのはストレスがたまるから、恋愛の場合は、まずは待つという感覚をなくしていくことが円満の秘訣でしょう。
そういう不安モードに彼女が入っていても、気づかないのが男性です。男性というのは、恋愛のそういううつろいやすい部分、女性の心の繊細な部分がまったく! わかりません。前に「忙しい人」という回でも説明しましたが、忙しい男性にとって、恋愛は優先順位がかなり下になっていますし、時間が流れるのも速いので、「あれ? 連絡してなかったっけ?」という間に軽く数日、数週間が経っていたりします。
自分に自信を持てば、相手の行動に対してイライラしたりすることがなくなるので、
まずは大きな心をもち、堂々と振舞っていけるようにするのも、良い環境を作っていくことに繋がるでしょう。
そんな男女の、恋愛観に対する相違は、もう太古の昔からのものですから、今さら嘆いてもしょうがないんです。いくら彼氏を教育しようと思ってもダメ。男性は、自分の生理に合わないことを押しつけられたら逃げちゃいますからね。
恋愛では信頼しあえる関係を保つことがお互いにいつまでも仲良くいられる一番の要素なのではないでしょうか。
本気で相手を思う気持ちがあれば、心がその人に向かうのみだから、順調に進んでいくのは自然な流れだと思います。
そこで大事なのは、彼女の側の「本命力」です。これ、二股や、不倫などに苦しんでいる人にも関係ある話。私、恋愛で大事なのって、この「本命力」だと思うんです。すなわち、どんな状況でも、「自分はこの人の本命である」「私は誰からも本命扱いしてもらえる器である」と信じることができる力のことです。二股かけられたり、最初から2号さんに甘んじてたり、不倫しちゃったりっていう人は、そもそもこの「本命力」が足りません。逆に、苦労なくあっさり結婚している女性は、大概この「本命力」が備わっていると思います。
でもそもそも本気で人を好きになりたくても、出会いがなかったり、タイミングが悪かったり、色々な環境が重なって好きな人さえできない人も多いのも事実ですよね。

男女の未婚率は年々うなぎのぼり

 (62333)

このグラフをみてもわかるように、30歳から39歳にかけての男性未婚率がうなぎ上りになっています。

 (62334)

男性とともに女性の未婚率も年々上がっています。
結婚したくてもできない女性と結婚したくない女性の割合も気になります。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine管理部 socialzine管理部