2017年10月1日 更新

予想外のヒット!「マッドマックス」を抜いた「ピッチパーフェクト」最新予告編が公開!

2012年に米でわずか335の映画館で限定公開されたものの、口コミであっという間に評判が広がり、即座に全米公開が決定した映画「ピッチ・パーフェクト」。その後、メディアを通じて着実にファン層を広げ、同年5月に2作目が公開されると、同日に公開された「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を打ち負かし首位を獲得。現在までに全世界で2億8200万ドルを売り上げています。いよいよ第3作目の公開が発表されました

164 view お気に入り 0
全米で口コミから火が付き大ヒットしてきた『ピッチ・パーフェクト』の第3弾がいよいよ公開されます!公開までに、今までの『ピッチパーフェクト』のあらすじをおさらい♪
 (54277)

『ピッチ・パーフェクト』は、2012年に全米で公開されたミュージカル・コメディ映画で、個性豊かな女性アカペラ部を舞台とした作品です。
『ピッチ・パーフェクト』は、大学のアカペラサークルを描く音楽コメディ。アカペラなんて時代遅れと思うかもしれないが、登場人物たちも決してモテ型ではない、風変わりなキャラクター揃いだ。

映画『ピッチ・パーフェクト』日本版予告

ミュージカル映画というと、『レ・ミゼラブル』や『バーレスク』、『シカゴ』の様に音楽に合わせて登場人物が歌を歌うものですが、今作はアカペラを題材にしているので、一般的なミュージカル映画とはまた違った魅力がありパフォーマンスシーンも圧巻。
 (54286)

2012年にアメリカでわずか335の映画館で限定公開されたものの、ティーンを中心とした世代に口コミであっという間に評判が広がり、即座に全米拡大が決定しました。

この1作目は全世界で1億1300万ドルの売上を記録しました。

あらすじは?

本作は、アナ・ケンドリック演じるベッカが主人公。
 (54281)

音楽DJになることを目指している主人公のベッカは、親の勧めで大学に通うことになります。

進学先のバーデン大学には、個性的な人ばかりで、しかも、とある出来事で敬遠されている女性アカペラ部「バーデン・ベラーズ」がありました。
初めは全く興味のないベッカでしたが、自分の歌唱力に目をつけられたことで入部する羽目になり、大会に出場します。 アカペラはダサいと気の進まないベッカでしたが、次第にアカペラや音楽の楽しさを感じていき、個性的な仲間たちと時にぶつかりながら、そして友情を強めていきながら、一緒にバーデン・ベラーズの全国大会優勝を目指していきます。
 (54287)

今、注目のハリウッド女優のアナ・ケンドリック

『ピッチ・パーフェクト』シリーズで主役ベッカを演じ、三作目も継続して同役を演じることになったアナはアメリカ人女優です。
アナは、1998年にブロードウェイミュージカル『High Society』でトニー賞にノミネートされており、2014年に全米公開されたミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』ではシンデレラ役を演じていました。今注目のハリウッド女優の一人です。
 (54282)

54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん