2017年8月12日 更新

ダイエットで失敗する人がハマる落とし穴 カロリーや糖質制限を考える前に「勘違いダイエット行動」を改めよう!!

食事制限をして、運動もしっかりしているのになかなか体重計の針が思い通りにならない。しまいには挫折し、体重も増えるリバンドを経験。どうしてワタシのダイエットはうまくいかないのか?そこには誰もが陥ってしまう「勘違い行動」があります。

27 view お気に入り 0

●ダイエットで結果がでない人がハマる勘違い行動とは?

リンゴダイエット、糖質制限、カロリー制限。
ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動。
朝の散歩を日課にし、移動は車からロードバイクに切り替えた。

こうした流行りのダイエットをしてもなかなか体重が減らない悲しい日々。
制限した日々はストレスとなり、食欲をより刺激。
結果、ダイエットに挫折し、体重をより増やすリバンドを引き起こしてしまう。
なぜ、ダイエット経験者の多くは失敗してしまうのでしょうか?
Free photo: Tape, Fork, Diet, Health, Loss - Free Image on Pixabay - 403586 (43080)

「筋トレオタクとダイエットに何の関係があるの?」と思った方も多いのではないだろうか。
特に日本では「筋トレ=体を大きくする、ダイエット=やせる」というイメージが強く、筋トレオタクがダイエットのプロフェッショナルであるという事実はあまり知られていない。
 どんなダイエット法も、とにかく続けることができればやせられる。しかし、ガマンや根性が要求されるダイエットは失敗する。

“脳のクセ”を考えると、意識しなくても食べる量が減らせて、自然と動きたくなるような、やせる習慣が身につくのが理想。
ダイエットに失敗した経験はあるか尋ねたところ、62.0%が失敗した経験があると回答した。
これまで試したダイエットについて聞くと、最も多い回答は「糖質など特定のものを減らす食事制限」(32.2%)で、その後「筋トレ・ジムなとの運動」(22.6%)、「カロリーを減らす食事制限」(15.6%)、「サプリメント」(12.4%)と続いた。
Free photo: Soup, Vegetables, Pot, Cooking - Free Image on Pixabay - 1006694 (43084)

失敗の原因として考えられるのは甘えや根性といった精神論ではありません。
間違った方向に努力するのが問題だと専門家はいいます。

まず、ダイエットは目標体重に到達したら終わりではありません。
到達はある意味のスタート地点。
ここから体重を継続し、リバンドを防ぐ終わりなき戦いが「ダイエットの本質」なのです。
ダイエットの成功と失敗を繰り返しているうちに、徐々に効果が表れにくい体に変わっていく。
ダイエット効果を高める体に戻すためには、小さな成功報酬を積み上げながらの体質改善が不可欠。そのとき大切なのが「自分自身との対話」。ダイエットのためにはまず汝(なんじ)自身を知ることだ。
一大ブームを巻き起こした糖質オフダイエット。チャレンジしたことのある人も多いだろう。
しかし、「確かにやせた。でも、リバウンドした」という人もまた多いのではないだろうか。

実は、糖質オフダイエットの極意は、完全オフではなく“ちょいオフ”なのだ。ハードな糖質制限に挫折した人こそ必読! 地味ながらも効果的な糖質オフ術をご紹介しよう。
Free photo: Belly, Body, Clothes, Diet, Female - Free Image on Pixabay - 2473 (43088)

同診断テストは、湘南美容外科クリニックの福澤見菜子医師が監修。選択式の設問に回答していくことで、今の生活習慣がダイエットに適しているかをチェックでき、知らず知らずのうちに太る生活をしていないかを知る手がかりになります。
過去に糖質制限したけどやせられなかった、好きな食べ物を我慢するとストレスがたまっていつも挫折してしまう……そんなダイエットの経験がある人におすすめしたい、“日本人がストレスなく効率的にやせる方法”をご紹介します。
そうした意味でダイエットの成功者は「筋トレオタク」しかいないのかもしれません。
体重はもちろん、体脂肪もかなり細かく設定し、自分を律し続ける彼ら・・・

一般人が体重計の乗り、一喜一憂するのとは比べ物にならない身体のコントロールを永遠にしていきます。

筋肉を残し、体脂肪を減らす・・・
ダイエットの究極の成功例を実践しているのが筋トレオタクなのです。
彼らから学ぶダイエットの神髄は大きいでしょう。
ダイエットの大原則は「摂取カロリー<消費カロリー」である。摂取した以上のカロリー消費をすればやせるので、とりあえずランニングを始めてみる人が多い。
このランニング、初心者でも始めやすいエクササイズであるが、“コスパ”で見るとあまり良くない。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

一生を愛し合う事を誓った結婚式。しかし、年月が過ぎると良好な関係は崩れ、DV(ドメスティックバイオレンス)という暴力や暴言が繰り返される日々。パートナーとして支え合う姿はあるでしょうか?そこには服従と支配によるゆがんだ“共依存”関係に陥っていませんか?
鈴木康平 | 15 view
「寝る間も惜しんで働く事」は美徳なのか!? 出来るビジネスパーソンは快眠で心と身体を常にリフレッシュ中!

「寝る間も惜しんで働く事」は美徳なのか!? 出来るビジネスパーソンは快眠で心と身体を常にリフレッシュ中!

受験時は寝る間も惜しんで勉強する人がもてはやされていました。仕事もそういう経緯で結果より睡眠時間を削り、頑張る姿を見せる。アピールする人がいますが、本当に仕事ができる人は睡眠についてしっかり考えています。私たちが快眠を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか?
鈴木康平 | 51 view
睡眠不足を甘く考えてはいけない 寝ても疲れがなかなか取れない人は知らないうちに身体に負担をかけているのかもしれません

睡眠不足を甘く考えてはいけない 寝ても疲れがなかなか取れない人は知らないうちに身体に負担をかけているのかもしれません

「睡眠が足りず、眠くて仕方がない・・・」。いつも眠そうにしている人がいます。睡眠が足りていない事を専門家の中では「睡眠負債」と言われています。睡眠不足は身体に借金しているようなもの。お金の代わりに睡眠という対価を借り、時間を確保する。もし、睡眠という負債を返せないでいると・・・身体と心が自己破産してしまうかもしれませんよ。
鈴木康平 | 33 view
梅毒1000人を超えた過去最速のスピードで感染拡大 20代女性の性病急増に医師が懸念!?

梅毒1000人を超えた過去最速のスピードで感染拡大 20代女性の性病急増に医師が懸念!?

性感染症の「梅毒」が今年に入ってすでに1000人を超えてしまった。1999年以降も感染スピードは速くなり、過去最速を記録してしまいました。20代女性の感染者も増え、感染経路に似たHIV(エイズウイルス)の合併例も問題になっています。
鈴木康平 | 159 view
パソコン作業で疲れた身体をリフレッシュ 職場でできるストレッチ法

パソコン作業で疲れた身体をリフレッシュ 職場でできるストレッチ法

パソコン作業が多くなり、目や肩に負担がかかっている。ビジネスシーンでそう感じている人も多いでしょう。そんなときは職場で出来る簡単なストレッチ方法を試してみてはどうでしょうか?パソコンやスマホの見すぎでガチガチになった身体がほぐれ、仕事の効率もはかどるはずです!
鈴木康平 | 57 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平