2017年12月6日 更新

「学歴を重視しない企業」に見る、悲しい現実|学歴はその人の努力の証

就活生のバイブル的存在、就職四季報にて「学歴を重視しない企業」ランキングが発表された。学歴よりも人柄を見てくれる…と言えば聞こえは良いが、抽出された企業群を見て、悲しい現実が見えてきました。

49 view お気に入り 0

「学歴を重視していない会社」ランキング

エン・ジャパンが運営する口コミサイト「カイシャの評判」には、その企業に在籍する正社員や派遣社員など、会社で勤務するスタッフ、また在籍したことのある元社員たちが多くのコメントを寄せている。
同時に、会社の雰囲気などを聞くアンケートも実施しており、アンケートの中には「学歴が重視されますか?」という設問項目が入っている。「はい」と答えた人の割合をポイント化して、その割合が低い順に並べ、イコール「学歴を重視していない会社」としてまとめたのが、今回のランキングである。
まぁ…とりあえずそのTOP10を見てみましょう。
 (68085)

お分かりいただけただろうか?

1位のセラクはIT系、同じくエービーシー・マート、大塚家具、ナカヤマはすべて小売系、続くドン・キホーテも小売系で、新生ホームサービスは不動産・リフォーム、ベルパークは携帯販売の会社だ。

つまり、何が言いたいかというと…

不人気業界の企業ほど、学歴を重視しない。ということ。

しかし裏を返せば、不人気ゆえに、学歴を重視している場合ではない。とも言えるだろう。

学歴を重視せずに人間性を見てくれるだなんて素晴らしい!

と思いたかったのはやまやまではあるが、

このランキングが出てしまったことにより、

やはり人気企業にいくためには学歴が必須じゃないか。

と思わざるをえない結果になってしまったように思う。
 (68090)

その後もやはり、不人気業界の名前が続く。

学歴は、その人がこれまでしてきた努力の証

これは一部偏見も混じってしまっているとは思うのだが、

高学歴な人ほど、「学歴を重視して欲しくない!」とは言っていないように思う。

どちらかというと、学歴に自信がない人ほど、「学歴を重視するなんて愚かだ!」と声高に言っているイメージがあるのだ。

自分にないものを妬み、蔑む行為は…

場合によっては「負け犬の遠吠え」になってしまっていることもある。

もちろん正しい意見ももちろんあるのだが、こと学歴に関して言えば、無いものねだり感は否めないだろう。
日本の最高学府、東京大学に入ろうと思えば、頑張って勉強しなければならない。

もちろん、そこそこの努力で入れる天才もいるにはいるだろうが、その人だって勉強はするはずだ。

そして入学後も、卒業に向けて色んな難しい課題に挑戦していく。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【納得】そうだったのか!成功する組織にあった5つの共通点

【納得】そうだったのか!成功する組織にあった5つの共通点

ピクサー、ホールフーズ、ネットフリックス、アリババ…現在世界で急成長しているこれらの企業たち。どうせ優秀な人たちが集まって、優秀なことばっか考えているから成長しているんでしょ?なんて思いがちだが、実はどんな組織でも真似できる5つのこだわりが、その成長の秘密だったのです。
山岡ソースケ | 29 view
“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

“口論や摩擦”優れたリーダーは「対話力」で解決|謝罪させても無意味で人は変わらない

誰が何と言おうとも「あなた」は悪くなく、相手が悪いと周囲が認めるようなことがあります。しかし、悔しいですが相手とバトルをしても、何も伝わらないことをご存じですね。相手の謝罪はなぜか無意味。「変えるべき点」を、わかってもらうのは簡単ではないのです。大事なことは、相手と「対話」をすること。もしも、あなたが優れたリーダーを目指すのであれば「対話力」が人を変えることを知っておくといいかもしれませんよ。
経営戦略に必要な才能「4つの戦略思考」能力|ビジネスマン常識だけでは生き残れない

経営戦略に必要な才能「4つの戦略思考」能力|ビジネスマン常識だけでは生き残れない

「経営戦略」会社と言えば組織、ひとつの企業体の中で、ただ事業を運営していくのではなく、「長期的」にどんな方針で、どう計画をするのか、指針が必要になります。もっと身近なことでいえば、競争他社がいる中で、自分の組織体は、どんな強みをもっているのでしょうか。戦略を立てる上でも、強みは重要なポイントになります。そのために必要な4つの戦略思考能力。活かさなければ損ですよね、一緒に鍛えてみませんか?
オニツカタイガーの復活「アシックス倒産危機」を支えた男たち|尾山基氏学んだ「ふたりの父」

オニツカタイガーの復活「アシックス倒産危機」を支えた男たち|尾山基氏学んだ「ふたりの父」

中学1年生でジョン・F・ケネディのスピーチを丸暗記したというアシックス代表取締役会長兼社長CEO、尾山 基氏。彼が脳裏に受けたpragmaticとentrepreneurshipは、存在価値を示すごとに、わかったもう二人の立役者がいました。倒産危機から復活したアシックス(オニツカタイガー)は、尾山氏が学んだ「ふたりの父」の存在もあったのかもしれません。
30~40歳「転職が成功する人」の特徴|企業が求める6つの能力

30~40歳「転職が成功する人」の特徴|企業が求める6つの能力

一昔といっていいのでしょうか、以前は30代も半ばすぎると、「転職」は難しいと言われていました。しかし、必ずしもそうとは言えないのは、今は望まれる人の像が年齢と経験を重ねてきた人の場合があります。30歳から40歳の転職成功者はどんな人なのでしょうか?そして企業が求める6つの能力を含めて、ご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ