2017年5月8日 更新

世界の4人に1人がFacebook(フェイスブック)を利用|SNS界でマウントポジションか

米Facebookが、先日発表した利用者数「世界人口の4人に1人」が利用!まさにマンモスクラスになっているのがわかります。どこから来た数字なのかは2017年1月から3月期決算による算出で、月間利用者数19億3600万人と、20億人目前まで迫っている増加です。他の主力SNSと比較しても、Facebookがマウントをとっているとしか言えない増加です。この力なにが利用と売上をあげているのでしょうか。

58 view お気に入り 0

Facebook利用者「世界の4人に1人」

米Facebookが5月3日に発表した2017年12月期第1四半期決算によると、毎月フェイスブックを利用する人は19億3600万人となった。世界人口が約75億人と言われている中、実に4人に1人が利用している計算となる。前年同期と比較して17%増となっており、成長は止まらない。
フェイスブック利用者は順調に増加を続けている。日間アクティブユーザー(DAU)は前年同期比18%増の12億8400万人であった。前四半期比でも5%増となっている。
Free illustration: Facebook, Social Media, Internet - Free Image on Pixabay - 2171590 (21769)

月間アクティブユーザー(MAU)は前年同期比17%増の19億3600万人であった。前四半期比は4%増となっている。
しかも、大きな点は、ここはアクティブユーザーであることですね。
MAUは「1カ月に1回以上利用したユーザー数」なのです。
19億3600万人ということは……↓↓↓
3日時点のWorldmetersの推定世界人口は75億人200万人であり、FacebookのMAUがついに1/4を超えた。
Free photo: Facebook, Internet, Network, Social - Free Image on Pixabay - 1903445 (21770)

世界人口のうち、4人に1人が利用していると聞くと、どれだけの規模になっているのかも、想像できない成長をしているということだけは理解できます。

ランチタイム、外でスマホをさわっている、あの人も、その人も、Facebookのタイムラインをチェックしているかもしません。
ここのランチ「うまい!!」と写真投稿をあげているかもしれませんね。

では、Facebookは「どこで一番利用されているのでしょうか」

Facebookの利用者増加の牽引は、「アジア・太平洋地域」だ

同地域の前年同期比増加率は27%となっており、欧米地域の6%増を大幅に上回る。
先進国でもペースは緩やかながらも利用者数の増加は続けており、そこに新興国の勢いが加わる同社の成長はピークアウトの兆しが見えない。
Free photo: Girl, Student, Asian, Glasses - Free Image on Pixabay - 1741925 (21774)

SNSの巨人といえる「Facebook」

フェイスブックの利用者数は他のSNSと比較しても群を抜いている。
Free photo: Call, Iphone, Log In, Login, Mobile - Free Image on Pixabay - 1866884 (21771)

ここで、ほかのSNSと比較する数字が紹介されていました。

例えば、
「LINE」のMAUーーーーーー1億7100万人
「ツイッター」のMAUーーー3億2800万人
「Instagram」のMAU--- -7億人(※「Faceboku傘下)
「Facebook」のMAU---19億3600万人

ここから規模が違いますね。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

2017年最新ソーシャルメディアのユーザー数|SNSの層が変化している!?

無くてはならない日々チェックが日課でもあるSNS。ソーシャルメディアは右肩上がりの状況ですね。そして変化もはやく、あっという間に使用もユーザー層も移動しています。最新2017年5月更新のSNS業界が今どのようになっているのかをご紹介します。今回は、Facebook、Twitter、Instagram、LINEを選んでみました。どのくらいのユーザー数なのかを含めてお届けいたします。
「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

「おじさんLINE」と「Facebookおじさん」の特徴|若者が探す“おじさんのいないSNS”

そもそも、SNSは若者のものだったといいますが、ソーシャルメディアの拡大には年齢層の拡大は必要なこと。しかし、女子高生や若い女子は、「おじさんLINE」ごっこで遊び、「Facebookおじさん」に違和感をもっており、おじさんのいないSNSはどこか探して移動をしています。キモイといわれる〇〇おじさんとは、どんな特徴があるのでしょうか。「おじさんLINE」「Facebookおじさん」を取り上げてみました。
Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

Facebookグループで「強いコミュニティ」構築|2018年は熱いフェイスブックグループに

今回は、ますます利便性が向上するであろうという「Facebook(フェイスブック)グループ」について取り上げました。これから価値が高くなるかもしれない最高のコミュニティ作りを、「Facebookグループ」で構築する方法をご紹介いたしますね。繋がるコミュニティづくりとして、高い評価も得られているFacebookグループを活用できればニッチなコンテンツになる可能性があるかもしれません。
Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebookで心動かす投稿とは「1万シェア」された事例|動画と人気診断コンテンツで考察

Facebook(フェイスブック)は、ブランディングツールとして多くの人が利用していますね。そして、やっぱり気になる「シェア」の獲得方法。最近シェアの多い〇〇診断コンテンツは、なぜ多くシェアされるのでしょうか?また、ある投稿の中には、驚く数字で再生されている動画もあります。Facebookで「1万シェア」数以上獲得した事例も、あわせてご紹介します。
フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

フェイスブック(Facebook)は「テレビ化」に成功するか|TV用動画アプリ発表 

最近の話題では、テレビ業界がもう「停滞」しているように思えているかもしれません。しかし、ソーシャルが模倣を試みるほど、市場は十分な"利益”が出ているといいます。コマーシャルを見ていても、大手企業の広告がよく目にはいります。まだ広告出稿は、TVが中心な様子。それは、どこも欲しい枠ですね。Facebook(フェイスブック)では、動画の提供を拡大し、テレビ広告用の予算を呼び込もうとしています。ここの手段を行う前にすべきことは「視聴する時間」だと指摘。詳しくは本文でご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水