2017年2月25日 更新

エリートが行う瞑想のススメ|脳はボーッとしているだけで60~80%消費する“マインドフルネスには理由があった” 

スペックのいいパソコンを入手しようとも、優れたシステムを使おうとも、最終的に要になるスペックは自分自身の「脳」です。あなたの最高のIT(脳)は、最高のパフォーマンスを維持できていますか?ボーッとしていても、“何も”しなくても、それだけで脳は60~80%も消費している可能性があるのです。脳だけの休み方があり、エリートはそれを知っているからこそマインドフルネス(瞑想)を取り入れているといいます。著者:久賀谷 亮氏の『世界のエリートがやっている 最高の休息法』でも語られる「脳」を知れば、焦りがおきるかもしれません。有限な時間に最高のパフォーマンスを発揮できれば、明日からでもあなたも「エリート」に昇格です。

1,032 view お気に入り 0
Free photo: African Lion, Feline, Big Cat - Free Image on Pixabay - 981574 (7662)

マインドフルネス本としては異例のベストセラーとなった
『世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる』
著者:精神科医でもある久賀谷亮氏には、衝撃の「脳」が記されていましたね。

「脳は何もしなくても、消費エネルギーの60~80%がつかわれ、どんどん疲れていく」

彼のインタビューも含めて、その内容と、脳のパフォーマンスをあげる方法をご紹介します。
しばらく前から「マインドフルネス」という言葉をよく目にする。アメリカのセレブたちがハマっているなんて噂も聞く。久賀谷亮『世界のエリートがやっている最高の休息法』は、タイトルにこそ謳われていないがマインドフルネスの入門書である。
via マインドフルネスで、脳を休息させよう | ライ...

via マインドフルネスで、脳を休息させよう | ライフハッカー[日本版]

率直に、また流行りのあの「マインドフルネス」か、そう思う方もいらっしゃいますね。
私も、また似たような瞑想法なのかとも思いました。
マインドフルネスは、脳を正しく休める方法ですが、
良いとされる瞑想を取り入れる前に、
まずは「脳は何もしなくても、どんどん疲れていくこと」
詳しく知らなかったために置き去りにしてきた疲労している脳。

取り除くためにも「脳を休めるための方法」を実行する必要があるということに
たどり着くわけですものね。
今まで三日坊主、やるまえ坊主になっていた方も
「やばい、今日からやってみようかな」と思うかもしれません。
via 「ただ休むだけ」だと、脳のパフォーマンスは高ま...

via 「ただ休むだけ」だと、脳のパフォーマンスは高まらない 【イェール対談】斉藤淳×久賀谷亮[前篇]|世界のエリートがやっている 最高の休息法|ダイヤモンド・オンライン

著者:精神科医でもある久賀谷亮氏

何もしなくても、ボーッとしていても「脳」は疲れていくだけ

脳は体重の2%ほどの大きさでありながら、身体が消費する全エネルギーの20%を使う「大食漢」。
さらに、もっと踏み込むと、「脳の消費エネルギー」のほとんどは↓↓↓
脳の消費エネルギーの60~80%は、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。DMNとは、脳が意識的な活動をしていないアイドリング状態でも動き続ける脳回路です。
Free photo: Monk, Hands, Faith, Person, Male - Free Image on Pixabay - 555391 (7664)

自動車のアイドリングをイメージするとわかりやすいと言いますが、つまり、ぼーっとしていてもDMNが過剰に働き続ける限り、脳はどんどん疲れていくというわけです。
疲れたでしょう、脳を休めるのに休憩しましょう!
そう、言われていたことはありませんでしょうか?
アイドリング状態でも「動き続ける」脳は、なんにもしなくても
「ぼーーーーっ」としていても脳は休むことがないということになります。

何もしなくても脳のエネルギーは消費されている事実。
しかもその消費は「なにもしていなくて60~80%」使われると聞くとゾッとしますね。
何をしていたんだろう、それならドンドン頭を使ったほうがいいと焦りも感じてしまいます。
Free vector graphic: Brain, Cognition, Design Art - Free Image on Pixabay - 2029391 (7665)

100%のエネルギーのうち60~80%は何もしなくても消費されるとすると、何かを最大限したとしても40~20%しか消費量が残されていないということになってしまいます。

それも脳はフル活用できるいえない部位なわけです。

この無駄になる消費を改善するだけでも、仕事や趣味にパフォーマンスが得られますね。
休んだはずなのにすっきりしない、丸一日ぼーっとしていたのに疲れがとれないという理由はこれらしい。
Free photo: Bed, Sleep, Rest, Girl, White - Free Image on Pixabay - 945881 (7668)

疲れやすい集中できない社会になっていますが、「何もしていないのに、疲れが取れない」
そんな方は、DMNに過度な活動をさせてしまっているのかもしれません。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

短い時間に心の中で情報を保持。そして同時に処理する能力である「大事なメモリ」それがワーキングメモリ “脳機能”ですが、分かれ目は40代だといいます。しかも、集中力は43歳がピーク、感情認知能力48歳、理解力は50歳前後。それぞれ個人差はあるもののピークを知ったうえでワーキングメモリ力を鍛えれば、何をしても成功できちゃいそうですね。日常のちょっとしたプラスで鍛えられる方法を取り上げました。
SOCIALZINEの志水 | 1,357 view
あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あまりにも有名な瞑想「マインドフルネス」ですが、毎日実践している方は、どのぐらいいるのでしょう。「あぐらをかいて座り静かに20分、30分と刻む瞑想」だけが重要ではないようです。職場でも簡単にできる座禅をしないマインドフルネスもあったのです。睡眠・疲れ・イライラ・ストレスなどの解消。反対に脳のパフォーマンスを上げるといわれているマインドフルネスを日常に取り入れるチャンスかもしれませんよ。
SOCIALZINEの志水 | 433 view
個人のパフォーマンスをあげる「使えるツール」|JINS MEMEやToggl

個人のパフォーマンスをあげる「使えるツール」|JINS MEMEやToggl

組織で考えて利用できるツールは数多くでています。今回は、個人が最大限にパフォーマンスをあげるためのツールを探してみました。何に集中をさせ、自己能力を高め最適な状況で力を発揮できるのかが、ビジネスでもプライベートでも左右する時代。これは「使える」かもしれないと、うなずけるツールをご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 279 view
シンプルにゆるく「楽」して仕事の効率を高める管理|KISSの原則は3つだけ

シンプルにゆるく「楽」して仕事の効率を高める管理|KISSの原則は3つだけ

あなたも私も、どこにいようとも、1日の長さは同じ24時間。常に平等とも言えます。効率や生産性、時間を巻いて仕事をし成功や実績を積むことに、日々躍起になることはないでしょうか。スケジュール帳、スマホを使ってタスク管理など試行錯誤を施している方も多いですね。しかし、基本に戻り、そんな「面倒」なキツイ管理はやめてみませんか?ゆるくシンプルな方法がありましたね、KISSの原則。案外たった3つの原則だけを“楽”して行うほうが、成果を出せる秘訣になるかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 274 view
グーグル(Google)の人のチームビルディング成功術|心理的安全性に「風通し」のいい社内環境

グーグル(Google)の人のチームビルディング成功術|心理的安全性に「風通し」のいい社内環境

世界のグーグル(Google)の仕事術は様々なところで伝えられていますね。仕事の生産性を上げるために必要な成功術として、「風通しのいい環境」があげられています。グーグルの福利厚生が手厚い理由、そして飲み会を重視するワケは、心理的安全性も含まれているようです。企業、そして自分の部署や仲間の、チームビルディングをするための参考になるかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 894 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水