2018年10月23日 更新

有吉も絶賛!お笑い芸人・ごみ清掃員の著書が大反響”生活の縮図”ゴミから見える日本社会とは?

ごみ清掃員と二足のわらじを履いているお笑い芸人「マシンガンズ」の滝沢秀一の著書「このゴミは収集できません」が、発売開始後、すぐに重版となるほどの大反響と話題です。清掃員の仕事を通して、感じたこと・分かったことなどを、著者は、まずSNSで配信し、多くのフォロワーを獲得。また、業界人からの評価も高く、有吉弘行がツイッターで絶賛したことから、ネット上でも話題に。滝沢が語る“ゴミから見える日本社会”とは?

109 view お気に入り 0

お笑い芸人・ごみ清掃員の著書が大反響

ごみ清掃員と二足のわらじを履いているお笑い芸人「マシンガンズ」の滝沢秀一さん(42)の著書『このゴミは収集できません』(白夜書房)が、9月10日(月)の発売開始後、すぐに重版となるほどの大反響と話題になっています。
 (97976)

タレントの有吉弘行が「ゴミはダイヤなのかもしれない…」とつぶやけば、伊集院光は「お笑い芸人がゴミ清掃で発掘したゴミ学」と称賛。
▼9月20日、有吉弘行さんがツイッターを更新。この本を絶賛し、ネット上で話題になりました。
強力なインフルエンサーたちの援護射撃を受けて、重版街道まっしぐらという1冊が、お笑いコンビ、マシンガンズ・滝沢秀一の著書『このゴミは収集できません』(白夜書房)だ。

著者・「マシンガンズ」の滝沢秀一について

今年で結成20年を迎えた「マシンガンズ」として活動する傍ら、ごみ清掃員のアルバイトを始めたのは今から6年前という滝沢さん。
そもそも滝沢は、お笑いのレジェンドとも言えるダウンタウンに憧れてお笑いを始めたそうだ。相方・西堀亮とは都内のカルチャーセンターで出会い、1998年にコンビを結成。
 (97979)

当時はボケとツッコミに分かれて漫才をしていたそうだが、あまりウケが良くなかったという。2006年末頃にダブルツッコミのスタイルに変えると、ネタ番組でブレイク。
「M-1グランプリ」や、「THE MANZAI」(2度、50組の“認定漫才師”に残った実績をもつ)などで活躍した「マシンガンズ」。
 (97977)

一番左が滝沢さん
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サンシャイン池崎、最高の親孝行“超オンボロ”実家の両親に贈る新築プレゼント!衝撃の予算は?

サンシャイン池崎、最高の親孝行“超オンボロ”実家の両親に贈る新築プレゼント!衝撃の予算は?

「櫻井・有吉THE夜会」に、お笑い芸人のサンシャイン池崎が出演しました。ブレーク後、幼少期の極貧エピソードも有名となった池崎。昨年、同番組では帰省する模様が放送されましたが、実家の”廃屋のような姿”が衝撃的すぎると話題になっていました。今回は、番組内の「親孝行プロジェクト」で建てた新築の実家がついに初公開!両親に親孝行するために掲げた予算は、500万円。実際に、予算内に収められたのか否かにも注目!
SNS集客は”自動化”でサポート 今話題のツールで「ソーシャルメディア」を育てる

SNS集客は”自動化”でサポート 今話題のツールで「ソーシャルメディア」を育てる

今週のゲストは、元お笑い芸人で「株式会社オタケン」代表取締役の大田賢二さん。今回は「SNSの集客」がテーマ。彼はメインの仕事でSNS集客のサポートするツールを販売。また今話題のインスタのツールも開発されたとか!SNSやブログなど、ビジネスでコミュニケーションを重視してもらえるように、”他の部分”は自動化できる仕組みとのこと。具体的に、大田さんのツールを使って、どんなことができるのか聞いてみましょう
マツコ、ネットの”情報過多”に危惧「必要な情報」に出会うために

マツコ、ネットの”情報過多”に危惧「必要な情報」に出会うために

14日放送の「マツコ&有吉かりそめ天国」で、マツコ・デラックスは、情報過多な現在に言及しました。スマホに届くニュース速報で、本当に興味あるのは100件の内1件、と切り捨て、自分にとって不要な情報を入れるのは苦痛であり、今の若い子はあまりの情報量で情報に振り回されすぎな状況に、持論を展開しました。そんな情報過多のストレスから脱出し、それに伴って蓄積するストレスに、どう対処してゆけばよいのでしょうか?
サンシャイン池崎、15年ぶりの帰省。母が明かす息子への思いに涙

サンシャイン池崎、15年ぶりの帰省。母が明かす息子への思いに涙

お笑い芸人のサンシャイン池崎が、バラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」にゲスト出演し、地元・鹿児島の実家を15年ぶりに訪れる企画が放送されました。実家を訪れて両親と同じ時間を過ごす中で、母親が息子への思いを明かす場面も。2人の語らいに、スタジオの出演者は涙を見せました。 さらに、俳優・斎藤工が池崎のマネをしたことをきっかけにブレイクを果たした池崎ですが、今回斎藤さんから番組に手紙が寄せられました。
茂木健一郎、あの”炎上騒動”を大反省!「オワコン」発言を解説

茂木健一郎、あの”炎上騒動”を大反省!「オワコン」発言を解説

脳科学者の茂木健一郎氏は今年3月、ツイッターで「日本のお笑い界は本当に終わっている」と発言し、ネットでは批判で大炎上しました。番組「しくじり先生」に出演し「妙な正義感を振りかざす面倒くさいヤツだった」と反省。お笑いの多様性を認め「日本には日本のお笑いの文化がある」と振り返りました。また、この「オワコン発言」後、お笑い界の大御所・西川きよしさんから直接電話がかかってきたことを告白する一幕もありました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事