2017年7月22日 更新

ブルゾンちえみ&オースティン・マホーン、Remix版チャート席巻!

お笑い芸人ブルゾンちえみと歌手オースティン・マホーンがコラボした「Dirty Work Blouson Chiemi Remix」の配信が6月8日にスタート。ブルゾンが、with Bを従え「キャリア・ウーマン」のネタのBGMとして使用したことをきっかけに話題となった一曲。そのリリースに合わせ、Instagramで公開されたのはスタイリッシュな2ショット画像。このビッグコラボにファンは歓喜の様子です

215 view お気に入り 0
お笑い芸人のブルゾンちえみ(26)がアメリカの歌手、オースティン・マホーン(21)とのコラボ曲、『Dirty Work Blouson Chiemi Remix』の配信を発表しました。
 (29464)

オースティン・マホーンの来日時に撮ったブルゾンちえみとのコラボ曲のジャケ写
ブルゾンのブレイクのきっかけとなったのは、BGMにオースティンの代表曲である『ダーティ・ワーク』を使用した”キャリアーウーマンネタ”でした。
今回のコラボレーションは、ブルゾンちえみが自身ブレークのきっかけになった「キャリアウーマン」ネタのBGMとしてオースティンの「ダーティ・ワーク」を使用していることから始動したもの。
 (29469)

オースティンは以前来日した際にブルゾンについて「一緒にお笑いをやってみたいし、自分のビデオに出てほしい」とコメントし、共演を望んでいた。
今回のコラボはオースティンのその願いが叶う形で実現。オースティン側がオファーを出し、ブルゾンが快諾したという。
ネタとあわせて原曲も話題となりiTunesなど各音楽配信サイトで軒並み首位を獲得、ビルボードジャパン洋楽チャートでは通算13週No.1に輝くなど、こちらもヒットを記録。

4月には日本テレビ系『行列のできる法律相談所』で両者の対面も実現しています。

Austin Mahone - Dirty Work (Official)

曲の配信が発表された8日、ブルゾンも自身のインスタグラムを更新し、オフィシャルで使われているジャケット写真の他、オフショットと思われる写真も公開しました。
 (29459)

オースティンに「本当に、本当にありがとう」と感謝(画像はブルゾンちえみInstagramから)
この夢のコラボにファンは大興奮!
「この夢の叶い方、奇跡としか言いようがない」「セクシーでかっこいいです」「大好きの2人のコラボ!最高すぎっ」
「セクシーでかっこいい!」「素敵なコラボレーション」「ちえみちゃん凄すぎる!おめでとう」などお祝いと称賛のコメントがあふれた。
49 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SNS集客は”自動化”でサポート 今話題のツールで「ソーシャルメディア」を育てる

SNS集客は”自動化”でサポート 今話題のツールで「ソーシャルメディア」を育てる

今週のゲストは、元お笑い芸人で「株式会社オタケン」代表取締役の大田賢二さん。今回は「SNSの集客」がテーマ。彼はメインの仕事でSNS集客のサポートするツールを販売。また今話題のインスタのツールも開発されたとか!SNSやブログなど、ビジネスでコミュニケーションを重視してもらえるように、”他の部分”は自動化できる仕組みとのこと。具体的に、大田さんのツールを使って、どんなことができるのか聞いてみましょう
見えたらゴメン!アキラ100%優勝「R-1ぐらんぷり2017」斎藤工がサンシャイン池崎に?W共演出演も話題に。15代目王者は裸芸で栄冠つかむ|ガキ使で“裸”共演?原田龍二“師匠”にお祝いのメッセージ

見えたらゴメン!アキラ100%優勝「R-1ぐらんぷり2017」斎藤工がサンシャイン池崎に?W共演出演も話題に。15代目王者は裸芸で栄冠つかむ|ガキ使で“裸”共演?原田龍二“師匠”にお祝いのメッセージ

ピン芸日本一を決める「R-1ぐらんぷり2017」決勝戦が2月28日、東京・台場のフジテレビにて行われその様子が、カンテレ・フジテレビ系で生放送されました。参加者3792名の頂点に立ったのはアキラ100%!15代目のR-1王者に輝き、賞金500万円とピン芸人ナンバーワンの称号を手にしました。ファイナルステージでは、年越しのダウンタウンの「笑ってはいけない」の奇跡のW共演が話題になったり、悔し涙にもらい泣きした人が続出したり、と大波乱を呼びました。ファミコンの「たけしの挑戦状」で勝者を予言したパスワードも見つかったというトリビアも?そんな今大会を振り返ってみましょう。
SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

SNS投稿の前に要確認!人生を狂わせる「デジタルタトゥー」の危険性”不適切動画”の代償とは?

不適切動画が相次いで投稿されることがメディアやSNSで問題になっています。一度、拡散された動画というのは半永久的にネット上から消えないので、”デジタルタトゥー”と呼ばれています。さらには、個人情報が特定されてしまうケースもあるのだとか。4年前につまようじ動画を投稿したAさん。本人に取材すると4年前の投稿動画が未だに苦悩に満ち「人生の障害」になっているといいます。取り返しのつかないその”恐怖”とは?
根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

根深いコンプレックスからの解放!有村藍里、美容整形を受けたことを告白 ”大変貌”にSNSは?

タレントの有村藍里さんが「ザ・ノンフィクション」に出演。美容整形の手術を受けた様子が放送され、自身のブログでも手術を受けたことを告白しました。彼女は有村架純さんの実姉ですが、長年、口元のコンプレックスを抱えていることから、抜歯や矯正など、約5年かけて試行錯誤していたようです。さらにネットの誹謗中傷などを受けて以来、人前で笑うことも怖くなっていたそう・・。彼女の勇気ある行動にネットなどからも大反響が
”キラキラ”イメージにとどまらない! YouTuberハローキティちゃんの本音トーク&回答が深イイ

”キラキラ”イメージにとどまらない! YouTuberハローキティちゃんの本音トーク&回答が深イイ

サンリオの大人気キャラクター「ハローキティ」が昨年8月29日に公式チャンネルを開設し、半年がたちました。ことしで誕生45周年を迎え、幅広い世代から愛されるキティのYouTubeチャンネルの投稿ですが、その動画と予想外の(?)独特な発言が話題に。YouTuberとしては、その見た目から”キラキライメージ”にとどまらない一面も見せており、ネット上で度々注目の的。そんなキティちゃんの名言を集めていきます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん