2017年3月18日 更新

ただ書くだけなら用なし「メモ」の正しい取り方|指示書にかわる未来メモ術

企業のブランディングやコピーライター小西利行氏のメモが大公開。彼のアイデアは、手書きのメモから生まれているといいます。発想力や課題解決力が高まり、そのまま指示書にもなる「優れメモ」術。名は明かせませんが、私個人の知り合いでも昔かなり有名だった作家さんがいました。過去、同じようにメモの使い方、そして秘蔵ともいえるメモ術を教えてもらいました。このメモ術はヒラメキが手に入るかもしれませんよ。

621 view お気に入り 0
Free illustration: Cleaning, Pencil, Sweep, Notes - Free Image on Pixabay - 2055336 (11921)

クリエイティブ・ディレクターやコピーライターとして、これまでさまざま企業のブランディングや新商品の開発、広告戦略、広告制作などに携わってきた小西利行氏。その卓越したアイデアは、いつも手書きのメモから生まれている。発想力や課題解決力が飛躍的に高まる小西流メモ術の秘密を紹介しよう。

ただ書くだけならいらない「メモのスゴイ秘密」

会議やミーティングの内容をひたすら書き写す板書型メモ。さまざまな企業のブランディングや広告制作で数多くの会議に参加してきた小西氏は、「そんなメモには意味がありません。後で資料や議事録をもらえば済む話です」と切り捨てる。
「ただ書くだけ」
そうなんですね、本当に議事録になってしまいがち。
ただ覚えておくことや、目的に応じて必要な取り方は異なります。
メモすることが決して無意味ではなく、
ここでは「会話」の活性化という点のメモ術のお話になります。
↓↓↓
 (11927)

それよりも、ミーティング中は、自分が「なぜ?」「面白い!」と感じた発言だけをメモしたほうがよいと語る。「なぜ?」を掘り下げていくことで、クライアントの課題や解決策が明確になってくるからだ。
「たとえば『春物服の売上げを20%アップさせる』という課題を持つ企業のミーティングに臨んだとします。
 (11928)

議題『春物服の売上げを20%アップさせる』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
       
このとき↓↓↓

疑問「なぜ、春物の服を積極的に売るの?」“メモ”
  ↓↓↓↓↓↓
ミーティング参加者に「なぜ?を尋ねる」
  ↓↓↓↓↓↓
答えA「春は衣料品の動きがいいから」
答えB「春はファッション誌の売上げがいいらしい」ほか
  ↓↓↓↓↓↓
答えの中から自分が「面白い!」と感じたものだけ“メモ”
例えば答えBが気になったから「春はファッション誌の売上げがいいらしい」を“メモ”
  ↓↓↓↓↓↓
そうすると、さらに疑問がうまれる
疑問「でもなぜ春はファッション誌が売れるの?」メモ
  ↓↓↓↓↓↓
 (11931)

こうして質問が重なっていきます。
そうすることで、「春物が売れる理由」など、様々な面が明確になっていき、最終目標である「もっと売れるためにはどうすればいいか?」
の、アイデアが生まれるといいます。

聞き取りに近い方法を、自分に対して自分で問いながら、周囲に聞くことで、
必要としていることがドンドン定まっていきますね。
小西氏はミーティングの際、参加者でメモを囲みながら話し合うという。発想が刺激され、会話が活性化されるからだ。
メモがそのまま指示書になる「未来メモ」! | ZUU ...

メモがそのまま指示書になる「未来メモ」! | ZUU online

また、女性向けの春物服について議論しているときに、「でも最近は男物のほうが売れ行きがすごいですよ」といった、興味深い新情報が出てきたときには、イラストや吹き出しなどを使ってわかりやすく追加しておく。議論のプロセスやポイントが、一目瞭然でわかるメモになっている。
 (11932)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

毎日50個のアイデアが生まれる「アイデアマラソン」ノート|具体的思考のトレーニング

無数にアイデアが毎日飛び出したら、それだけでビジネスの社会で活躍できそうです。ここに、毎日たった15ー30分行う事からスタートしていけば、1日50個のアイデアも可能かもしれません。具体的思考のトレーニングと言われる「アイデアマラソン」は、樋口健夫博士が考案したオリジナル発想法。とにかく簡単に緩く始められそうですよ。
ノート術ブームで「自律神経」を乱していませんか?|手帳やノートが雑な人は乱れている

ノート術ブームで「自律神経」を乱していませんか?|手帳やノートが雑な人は乱れている

私個人でもそうですが、ノート術・メモ術などという記事を多く見かけ、それぞれに良い点があり、全部含めると続かなかくなってしまいます。実は、ノート術・メモ術は、ルールを無視してはいけないと言います。また、ノート術ブームは、「自律神経」を乱している可能性があるかもしれません。メンタルを整えるのか乱すのか、その方法によっては相反することになるようです。正しく実行して、メンタルを整えアイディアの宝庫になりませんか?
成功者は「失敗から回復する」方法を知っている|デキる人は教訓をメモ

成功者は「失敗から回復する」方法を知っている|デキる人は教訓をメモ

自分が「成功」したと納得できるまでの間、必ずぶつかる「失敗」という出来事。成功者は失敗をしないのではなく、回復が上手だといいます。クヨクヨ考えたり、反省することの意味はないと言われても、なかなか忘れられない失敗……その忘れられる方法は「逆転の発想」でした。『プロフェッショナルサラリーマン』著者の俣野成敏氏から「失敗し落ち込んだ時の回復方法」として、ひとつの逆転発想方法が紹介されていました。
あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

あなたの脳は鈍くなっていませんか“40代”が分かれ目|ワーキングメモリを鍛える方法

短い時間に心の中で情報を保持。そして同時に処理する能力である「大事なメモリ」それがワーキングメモリ “脳機能”ですが、分かれ目は40代だといいます。しかも、集中力は43歳がピーク、感情認知能力48歳、理解力は50歳前後。それぞれ個人差はあるもののピークを知ったうえでワーキングメモリ力を鍛えれば、何をしても成功できちゃいそうですね。日常のちょっとしたプラスで鍛えられる方法を取り上げました。
3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

日本の全企業の中で中小企業はどのぐらいの割合かご存じでしたでしょうか。なんと90%以上が中小企業。そして、雇用も「2,000万人」分が危ういというのです。大手銀行がおこなうスリム化による人の手を不要とする発表は衝撃的でしたが、中小企業の雇用が本当に危険ならば、労働人口の半分近くが「職を失う」ことになりかねないのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水