2019年2月12日 更新

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう

79 view お気に入り 0
▼ノミネートは以下の通り
カーディ・B、バッド・バニー&J. バルヴィン「I Like It」
ブランディ・カーライル「The Joke」
チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」
ドレイク「God's Plan」
レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー「Shallow」
ケンドリック・ラマー&シザ「All The Stars」
ポスト・マローン feat. 21サヴェージ「Rockstar」
ゼッド、マレン・モリス&グレイ「The Middle」
 (106552)

その中でも注目されているアーティストは・・・
アメリカのラッパー、チャイルディッシュ・ガンビーノ(Childish Gambino)が発表した新曲「This Is America」のミュージック・ビデオが、ネット上で大きな話題を集めている。

Childish Gambino - This Is America (Official Music Video)

アメリカ社会の実像を痛烈に描き、5月5日に動画が公開されてから約1週間で再生回数は1億回を超えた。
 (106557)

”チャイルディッシュ・ガンビーノ”とは、実は俳優のドナルド・グローヴァーのラッパー名義。

昨年の第60回グラミー賞では、2016年にリリースした「Redbone」で、最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンスを受賞
「This Is America」のミュージック・ビデオには、アメリカで実際に起きた銃乱射事件や黒人への暴行事件を彷彿とさせるシーンが多数盛り込まれており、Twitter上であらゆる憶測を生んでいる。

「最優秀楽曲賞」(Song of The Year)

対象期間内に発表された最も優れた楽曲に贈られる。ソングライターが授賞の対象。
▼ノミネートは以下のとおり。
 (106553)

ケンドリック・ラマー&シザ「All The Stars」
エラ・メイ「Boo'd Up」
ドレイク「God's Plan」
ショーン・メンデス「In My Blood」
ブランディ・カーライル「The Joke」
ゼッド、マレン・モリス&グレイ「The Middle」
レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー「Shallow」
チャイルディッシュ・ガンビーノ「This Is America」
その中でも、最注目の楽曲は・・・
99 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」授賞式開催!日本人クリエーター作”アメリカ社会の風刺”MVが最優秀獲得

「第61回グラミー賞」が、2月11日(日本時間)に開催されました。今回、最多受賞となったのは4部門で受賞したチャイルディッシュ・ガンビーノと、ケイシー・マスグレイヴス。次いで3部門で受賞したのは、レディー・ガガとブランディ・カーライル。また、最優秀新人賞を受賞したのはデュア・リパ。日本で特に話題となったのが、東京都出身のヒロ・ムライの最優秀MV部門。彼がMVを監督したガンビーノの楽曲への思いとは?
「ビルボード・ミュージック・アワード 」2年連続受賞「BTS」やテイラーも!注目SNSを公開

「ビルボード・ミュージック・アワード 」2年連続受賞「BTS」やテイラーも!注目SNSを公開

5月20日に、LAで行われた「ビルボード・ミュージック・アワード 2018」(BBMAs)。今回の授賞式は2年連続で受賞した「防弾少年団」(BTS)が、Kポップグループとして初めてパフォーマンスしたり、久しぶりにステージに姿を現したジャネット・ジャクソンやテイラー・スウィフトも登場したりと、会場は大いに盛り上がり!また、先月亡くなったアヴィーチーを偲ぶシーンも。注目SNSもピックアップしていきます
「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

生活雑貨ストア「ロフト」が、1月より展開してきたバレンタイン広告にある騒動が・・。「女の子って楽しい」とのコンセプトながら、ウェブCMでは登場する女性らが実は”不仲”と示唆するシーンが多数登場。動画をめぐりSNSで「女性蔑視を感じて不愉快」などと疑問視する声が上がり、ロフトは、その後広告を取り下げました。しかし、この風刺的なCMを楽しいと思った人もいたようです。そんな今回の騒動について振り返ります
インスタ「いいね」ギネス世界記録更新は“卵”?カイリー・ジェンナーの”リベンジ投稿”も話題

インスタ「いいね」ギネス世界記録更新は“卵”?カイリー・ジェンナーの”リベンジ投稿”も話題

インスタの”ある投稿”が世界記録を更新し話題になっています。「最多の”いいね”をゲットして一緒に世界記録を達成しよう」と投稿されたのは“卵”の写真。いま世界中から注目される、その”卵”とは、どんな形や色をしているのでしょう?ちなみに、これまでの記録保持者は、SNS界のセレブで、実業家のカイリー・ジェンナー。元記録保持者となってしまった彼女ですが、早速”タマゴ投稿”への仕返し投稿も反響を呼んでいます
SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

19日に全国開催された2019年度「大学入試センター試験」で英語のリスニング問題に登場した”キャラクター”がSNSで話題になっています。そのキャラは、問題ページを開けてすぐの第1問に登場。あまりにユニークなイラストに、受験生の反応は?瞬く間にネットで拡散され一部で「リスニング四天王」と呼ばれ始めています。さらに現在、このキャラを使ったイラストや動画など、二次創作が次々に生まれているのでご紹介します

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事