2017年10月12日 更新

「インスタ映えスイーツ」大量食べ残し問題|マツコ「食べ物を粗末に、世間が制裁加えるべき」

若い女性たちが「インスタ映え」する写真を撮ることに躍起になっている昨今に対して、マツコ・デラックスが10日放送の「マツコの知らない世界」にて堂々たる苦言を呈し、賞賛の声があがっています。番組では「スイーツバイキング」の特集があり、最近はインスタ用に写真だけ撮って、食べ残す人が多いと指摘。マツコは「食べ物を粗末にして・・・最近のインスタ映えブームにそろそろ世間は制裁を加えるべき」と持論を展開しました

805 view お気に入り 0
マツコ・デラックスさんに、その道のスペシャリストがさまざまな世界をプレゼンする『マツコの知らない世界』(TBS系列、毎週火曜21時~)。
 (56917)

10月10日の2時間スペシャルでは、「スイーツバイキング」が紹介されました。
同番組では、1度にケーキを60個も完食するという「スイーツファイター」の男性をプレゼンターとして迎え、全国の様々なスイーツバイキングを紹介していました。
 (56910)

その案内人とは・・・“孤独のスイーツファイター”の異名を持つ桜井正人さん。

“孤独のスイーツファイター”とよばれる理由

桜井さんが、そのような異名を持つのには、こんな理由があるそうなんです。↓↓↓
兵庫県出身の33歳で、早稲田大学卒業後に金融会社へ就職。ヘッドハンティングされて年収1,000万円を稼ぐまでに出世するも、仕事のストレスで精神はボロボロに……。そんな中、たまたま訪れたスイーツバイキングで転機を迎える。
 (56982)

桜井さんは「仕事で疲れていたものが、ケーキバイキングに行った瞬間“今までの思いはなんだったんだろう”っていうくらいになった」と、その衝撃について熱弁。スイーツバイキングが平日に開催されることが多いため、仕事を辞めてニートになったという強者だ。
そんな桜井さんは、「スイーツバイキング」で、いかにして、コスパ良く、効率的に、元を取るために、大量にスイーツを食べれるかの紹介をしていました。

「作った人へのリスペクトがない」など非難の声が殺到

番組の中で桜井さんは、スイーツバイキングの魅力を語ったものの・・・

彼のスイーツの食べ方は「山盛りにする」「元をとろうとする」「単価が高いものを狙う」「苦しくなるまで食べる」といった、明らかに上品とは言えない食べ方だったのです。
 (56969)

そんなプレゼンターのスウィーツの扱い方に対し「元を取るためだけに食べてるの?」「盛り方、食べ方が汚い」「作った人へのリスペクトがない」など非難の声が殺到する事態になっていました。
 (56970)

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん