2020年5月28日 更新

脱!遅読家“時間のない人も早く読める”読書方法|年間700冊の書評家も遅かった過去

成功者の秘訣には「読書量」が必ず取り上げられており、何度も目にしている読書法。読書攻略法の本も多く出版されています。しかし、本当に「読むのが遅い」「時間がない」そんな声に応える内容がありました。年間700冊以上の読書生活を送る書評家の印南敦史氏。彼は驚くことに「読むのが遅かった」といいます。他の実例者も含めて、実践した内容をご紹介します。読書法はこれで最後にしませんか?

423 view お気に入り 0
Free photo: Bench, Grass, Man, Person, Reading - Free Image on Pixabay - 1853961 (2843)

「本を読む時間がとれない」「読書スピードが遅い」。そんな悩みを解決するには、どうすればいいのか。
あの富裕層たちの読書量も取り上げられ、
速読や〇〇読書法など発信されている情報が増えました。

今回は実際に「やってみた」実例からのご紹介をいたします。
年間700冊以上の読書生活を送る書評家の印南敦史氏は、
以前ご自身も同じ悩みを抱えていたというのが驚きです。
彼が答えをだした正しい読書法をご紹介。
また他の読書家の記事も混ぜて

今年こそは、これで最後の “脱!!遅読“ ですね。
Free photo: Book, Hands, Reflecting, Bella - Free Image on Pixabay - 1421097 (2840)

本を読むという「行為」

私は現在、複数のウェブサイトで月60本近くのブックレビューを書いています。ところが私はかなりの“遅読家”です。じっくり読むと1ページ5分、見開きで10分近くかかることもあります。自分でも嫌になるほど読むスピードが遅いのです。
そう話す印南敦史氏は、克服した後に本をだしています。
その彼は今や「年700冊以上」も読めるようになった方法は↓↓↓
その方法をひとことでいえば、「本を読むという行為」についての発想を転換したのです。
Free photo: Books, Resources, Reading - Free Image on Pixabay - 1920762 (2842)

「熟読の呪縛」にとらわれていないか
本に書いてある情報を一字一句漏らさず頭に叩き込もうとしていたのです。しかし、それでは毎日1冊を読み切ることはできません。
そこで気付いたのです。そもそも、いくら熟読しても本の内容を100%覚えることはできないのだと。たとえ覚えたとしても、時間が経てば忘れます。結局、すべてを頭に叩き込むことを前提にした読書ほど無駄なものはない。そう割り切るべきなのです。
Free photo: Adult, Dark, Fashion, Girl, Light - Free Image on Pixabay - 1868049 (2844)

また、「1分間速読法」を出版している石井貴士氏は、こう伝えています↓↓↓
大人になると、読書に「内容を理解すること」という目的を設定してしまいがちです。しかし、これも読書を遅くする原因。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層(成功者)と繋がりたい|富裕層から好かれる人、人脈の基準とは?

富裕層(成功者)と繋がりたい|富裕層から好かれる人、人脈の基準とは?

率直に言うと、仕事を考えるときにお客様はお金のある人がいいと思う人は多いかもしれません。様々な面で少しでも余裕のある人を相手にするほうが話を進めやすいと思うからですし、営業の人なら本音で売上も達成できる可能性があると思うからですね。「富裕層」の人たちと知り合いになって、できたら人脈を広げたいと考えるのは、いやらしくもない人の本能です。では、望む富裕層に好かれる人とは?富裕層から見る人脈とは?
socialzine管理部 | 6,710 view
「お金が貯まる人の財布」たった3つのポイント|成功者のお財布拝見

「お金が貯まる人の財布」たった3つのポイント|成功者のお財布拝見

気が付くと、いつのまにかお財布の中が寂しい、そんなときがあるでしょうか?お金が貯まる財布なのか、お金が貯まる人の財布なのか、3つのチェックと実際に数人の成功者財布もご紹介していきます。今すぐできることばかりですよ。
socialzine管理部 | 2,027 view
子供の学力は「母親の学歴」で決まる?「家庭の年収」が左右?よりもっと”大切な関わり”とは

子供の学力は「母親の学歴」で決まる?「家庭の年収」が左右?よりもっと”大切な関わり”とは

11月18日放送の「林先生が驚く初耳学!」で、林氏は「子供の学力は母親の学歴で決まる」との発言し、視聴者から反響が起こりました。林先生が発言したその”真相”についてまとめていきます。また、家庭の”社会経済的背景”が高い子どものほうが、各教科の平均正答率が高い傾向にあることも。そこで、いま一度「子どもにお金をかけること」は、本当に学歴に結びついているのか?を検証。実はもっと大切なことがみえてきました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

socialzine管理部 socialzine管理部