2018年11月5日 更新

マツコもびっくり、教科書に”ウルトラマン”?”怪獣博士”が語る「良い子が育つ怪獣の世界」

10月24日放送の「マツコの知らない世界」に50年間、怪獣と暮らしてきた原坂一郎さんが登場しました。4歳で「モスラ」に魅了され、10歳の時に怪獣を20秒で描けるというマニアックな一面から“怪獣博士”としてTVにも出演するように。また23歳で関西初の男性保育士として活躍。今や「怪獣から学ぶ教育」の本を出版したり、講演会も開くほどのベテラン。番組では、TVの怪獣作品に”隠された深いテーマ”を探りました

240 view お気に入り 0
日常に潜む様々な“世界”を、その道のスペシャリストが、その独特の世界観を熱くプレゼンする『マツコの知らない世界』(TBS系列)。
 (60595)

10月24日の放送では、怪獣に50年もの人生を捧げた男性が怪獣作品に込められた深い教訓を紹介し、MCのマツコ・デラックスを唸らせた。

怪獣と50年暮らしてきた”怪獣博士”

少年時代から『モスラ』、『ゴジラ』、『ウルトラマン』などに魅了され、そのマニアぶりから少年の頃に「ちびっこ怪獣博士」として有名になったことをきっかけに、様々なメディアで大活躍してきた原坂一郎さん(61)が登場しました。
 (60499)

神戸市に於ける23年間に渡る6箇所の保育所勤務を経て、2004年4月、こどもコンサルタントとなり、笑いと笑顔をキーワードに、子どもおよび子育てに関するさまざまな研究・執筆・講演を全国で展開。(原坂さんHPより)
50年にわたり怪獣とともに暮らしてきた原坂さんが登場し「良い子が育つ怪獣の世界」を紹介しました。

まずは、原坂さんのプロフィールから遡ってみましょう。
 (60602)

怪獣との初遭遇について

当時4歳だった原坂さんは、泣き虫だったという子どもの頃に劇場で初めて見た『モスラ』に感動。
強いゴジラに立ち向かっていくモスラに自分の姿を重ねていったそうです。
 (60500)

その後、10歳で怪獣を20秒で描けるようになり、”ちびっこ怪獣博士”としてテレビにも出演するように。

関西初の男性保育士として活躍

 (60504)

23歳で関西初の男性保育士となり、得意の怪獣を演じて子どもたちの人気者だったそうです。
67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ダイヤモンドより”希少な宝石”が存在!3大カラーストーンを「マツコの知らない世界」で紹介

ダイヤモンドより”希少な宝石”が存在!3大カラーストーンを「マツコの知らない世界」で紹介

12日放送の「マツコの知らない世界」では「宝石の世界」を紹介。日本でトップの売上げを誇るインド人宝石商が、その世界を紹介してくれました。今回、メディアではなかなか語れない宝石業界のウラ話。至極の宝石を求めて世界各国を巡る宝石商が、次に注目する宝石は?店頭に並ばない幻の宝石など、興味深い話を詰め込んでお届け。そして、マツコに是非買ってもらいたいと、スゴイ宝石を繰り出すのですが、果たしてマツコは・・?
「インスタ映えスイーツ」大量食べ残し問題|マツコ「食べ物を粗末に、世間が制裁加えるべき」

「インスタ映えスイーツ」大量食べ残し問題|マツコ「食べ物を粗末に、世間が制裁加えるべき」

若い女性たちが「インスタ映え」する写真を撮ることに躍起になっている昨今に対して、マツコ・デラックスが10日放送の「マツコの知らない世界」にて堂々たる苦言を呈し、賞賛の声があがっています。番組では「スイーツバイキング」の特集があり、最近はインスタ用に写真だけ撮って、食べ残す人が多いと指摘。マツコは「食べ物を粗末にして・・・最近のインスタ映えブームにそろそろ世間は制裁を加えるべき」と持論を展開しました
DREAMS COME TRUE中村正人「マツコの知らない世界」で“ドリカムの世界”語る「ドリカムが苦手」マツコ・デラックスに、中村が爆弾発言

DREAMS COME TRUE中村正人「マツコの知らない世界」で“ドリカムの世界”語る「ドリカムが苦手」マツコ・デラックスに、中村が爆弾発言

4月18日(火)にTBS系で放送される「マツコの知らない世界」に、中村正人さん(DREAMS COME TRUE)が出演します。今回スタジオに登場した中村さんは、MCのマツコ・デラックスが他の番組で「ドリカムが苦手なところがある」と公言しているのを見たと告白。そこで、今回は、マツコ含む「ドリカムアレルギー」を持つ人々に“本当のドリカム”を知ってもらいたいといいます。また、自ら「ドリカムの魅力」をプレゼンするのですが・・
”存続危機”を乗り越えて・・今年も「笑ってはいけない」放送!笑いのトラップや豪華ゲストは?

”存続危機”を乗り越えて・・今年も「笑ってはいけない」放送!笑いのトラップや豪華ゲストは?

人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の恒例年越し企画の最新作が今年も放送される事が決定しました!「笑ってはいけないシリーズ」をめぐっては、毎年”目撃情報”が事前にネット上で拡散されるなど、視聴者の間でも高い関心を得ていることでも有名ですが、ここ最近では、存続も危ぶまれていました。18回目の放送が確定した今、番組にはさらなる”熱い視線”が寄せられています。番組や喜びの声をまとめていきます
プラスチックを”有害”とする風潮、海や川に捨てる「マナーの悪さ」にマツコ&有吉の回答が話題

プラスチックを”有害”とする風潮、海や川に捨てる「マナーの悪さ」にマツコ&有吉の回答が話題

10月3日放送の「かりそめ天国」では、プラスチック製品を作る会社を経営しているという視聴者からの投稿が取り上げられました。プラスチックは、鳥や魚が誤飲・環境破壊の一因として「悪者扱い」される風潮にありますが、まず使う人のマナーを問うべきでは?という疑問に、マツコと有吉が”マナー違反”について語り合いました。そして2人が出した結論とは?また「プラスチック製ストロー」問題に関して新しいアイデアも話題に

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事