2017年2月1日 更新

バレンタインデーの職場チョコばらまきは古いイベント? 実は男女ともに実は反対!? 反対理由にどんなつらいメッセージがあるのか?

バレンタインデーは好きな人にチョコレートを贈るものですが、職場の同僚に義理チョコをあげる日。しかし、その考えは大きく変わろうとしています。男女ともにバレンタインデーのチョコが面倒に感じている人が増えているのです。

110 view お気に入り 0

●実は反対意見が多い職場のバレンタインデーチョコ

Free photo: Praline, Chocolate, Nibble - Free Image on Pixabay - 563381 (3138)

2月になりバレンタインデーが近づいています。
「職場の義理チョコはどう配ればいいだろう?」と悩む女性も多いでしょう。

学生時代なら好きな人があげればよかったバレンタインデーのチョコ。
しかし、大人になるにつれ、人間関係の付き合いで義理チョコを大量に配らないといけない雰囲気もあります。
実際、バレンタインデーのチョコは必要なのでしょうか?
バレンタインの季節が近づいてきた。「職場用のチョコをどうしようか」と悩んでいる女性も多いと思うが、男性はこの習慣をどう感じているのだろうか。今回は、マイナビニュース会員のうち男女403名を対象に、「職場でのバレンタイン」に関するこんなアンケート調査を行った。
バレンタインデーの職場チョコを「日ごろの感謝の気持ちを込めて贈る」
こういう人もいますが、「仕方がない」、「面倒に感じる」という人もいるようです。

チョコもただではありませんし、時間とお金をかけてまで義理の人間関係に付き合いたくない。
そういう女性も増えています。
男性側もホワイトデーのお返しプレゼント選びに苦労するようです。
Free photo: Person, Human, Female, Girl, Winter - Free Image on Pixabay - 1188508 (3142)

もうすぐバレンタインデー。職場の男性にチョコレートを配るかどうか迷っている女性も多いのでは? マイナビニュース会員の女性150人にどうする予定か聞いてみた。
その人となりや仕事ぶりが、多少なりともにじみ出ていて、見ると面白い会社のデスク。汚いデスク、キレイすぎるデスクなど、実にさまざまだ。
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
Free photo: Food, Chocolate, Dessert, Sweet - Free Image on Pixabay - 1283885 (3146)

また、最近では正規雇用の女性より派遣やパートで働く女性が増えているのも原因にようです。

今年のバレンタインデーはこの会社にいても、次のバレンタインデーは別の会社にいる可能性がある。
それならわざわざ今の職場の男に義理チョコをあげる必要もない。
個人的な好意をもっているなら別ですが、こうした考えの人は増えているようです。
バレンタインデーが近づいている。今年は2月14日が日曜日のため、職場では前もって渡す人、今回は見送る人など様々だろう。
バレンタインにチョコレートを職場で配る習慣がある会社はどのくらいあるのだろうか。ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会の調査によると、56%が「ある」と回答した。
Free photo: Business, Career, Depressed - Free Image on Pixabay - 19156 (3150)

 「Yahoo!ショッピング」を運営するヤフーは、20歳代から50歳代の女性561人と男性557人を対象に実施したホワイトデーに関する調査の結果を発表した。それによると、義理チョコのお返しは「4倍返し」が最も好感度が高いという。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

一生を愛し合う事を誓った結婚式。しかし、年月が過ぎると良好な関係は崩れ、DV(ドメスティックバイオレンス)という暴力や暴言が繰り返される日々。パートナーとして支え合う姿はあるでしょうか?そこには服従と支配によるゆがんだ“共依存”関係に陥っていませんか?
鈴木康平 | 237 view
アドラー心理学でトラウマを克服!? ビジネスマンも主婦も学生も・・・「嫌われる勇気」で見つける新しい自分の心

アドラー心理学でトラウマを克服!? ビジネスマンも主婦も学生も・・・「嫌われる勇気」で見つける新しい自分の心

ビジネス書や自己啓発で必ずといっていいほど名前が挙がる「アドラー心理学」。単語はテレビやインターネットで聞くけど・・・どんなモノかわからない。そう思って本屋さんのアドラー本の前を通り過ぎる人。もったいないので一緒にアドラー心理学を学んでみてはどうでしょう?
鈴木康平 | 223 view
「死ぬくらいから会社辞めれば?」ができない鬱気質が多いのはなぜか? あなたも例外ではないビジネスマンが抱える過労死という闇

「死ぬくらいから会社辞めれば?」ができない鬱気質が多いのはなぜか? あなたも例外ではないビジネスマンが抱える過労死という闇

仕事が忙しく、休む暇もない。人間関係やパワハラで疲れ切っている。そんな心の病を抱えたビジネスマンが最終的に選んでしまうのは辞表を出すのではなく、過労死や自殺。なぜ死ぬくらいまで放っておくのか?彼らは本当に自分の命より会社や仕事が大切なのでしょうか?
鈴木康平 | 255 view
転職失敗する人には理由がある 新しい職場の人間関係でバレる二流の仕事

転職失敗する人には理由がある 新しい職場の人間関係でバレる二流の仕事

給料の安さ、人間関係、仕事のやりがい、家庭環境の変化・・・転職を決意する理由はひとそれぞれ違います。「転職して良かった」という人もいれば、「この転職は失敗だった」と後悔する人もいます。「転職しなきゃ良かった」・・・と後悔しても二度ともとの会社には戻れません。だからこそ転職失敗者の意見を自分の教訓にしましょう。
鈴木康平 | 1,004 view
パワハラで仕事を辞めたい・・・上司か?自分か?ブラック企業が悪いのか?放っておくと仕事が原因でうつ病などの精神病になるかもしれません・・・

パワハラで仕事を辞めたい・・・上司か?自分か?ブラック企業が悪いのか?放っておくと仕事が原因でうつ病などの精神病になるかもしれません・・・

職場の人間関係が上手くいかず、パワハラに悩んでいる人がたくさんいます。毎日のように繰り広げられる上司や先輩からの暴言の数々。次第に精神が病み、うつ病などを引き起こすかもしれません。
鈴木康平 | 507 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平


おすすめの記事

今注目の記事