2017年9月28日 更新

ビジネスパーソンは「心の美意識」が成功の大差を生む|仕事のできない人は分からない

男も女も、「美意識が分からない人」は、仕事がデキない人だといいます。書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説く“3つの美意識”は、「外見」「心」「所持品」。この中から「心」を抜粋し、してほしくない「脱落評価」に当てはまる悪い実例もご紹介します。ほんの少しの「微差」は、やがて数年で「大差」を生むそうですね。

999 view お気に入り 0
Free photo: Handsome, Tie, Man, Fashion, Suit - Free Image on Pixabay - 682111 (53878)

身なりが整っていなかったり、ちょっとした所作が雑だったり――。そんなビジネスパーソンが同僚や取引先からの絶対的な信頼を勝ち得るのは難しいでしょう。結果として仕事の成果にも結びつかないはずです。
一方、ちょっとしたことですが、仕事のできるビジネスパーソンは外見や心、所持品といった部分に細心の注意を払っています。
身なりと言えば、例えば「靴」であったり、スーツの色やベルトなど、ビジネスマンの心得はよく流れている情報です。しかし、もう少し相手の心に侵入する、気が付きそうで気が付かない「微差」が本当のデキるツワモノなのです。

そして、この「微差」は、やがてわずか数年で「大差」を生む。

Free photo: Boys, Friends, Tree, Together - Free Image on Pixabay - 1732884 (53877)

気が付いてくれないぐらいがいい。この、ちょっとした作法ができる人は、後々噂の「カッコいい」と言われる秘訣です。
男も女も、ビジネスパーソンなら知ってほしい「美意識」を、書籍『きれいでなければ稼げません』の著者:渡辺ゆきよ氏が説いています。3つの美意識は、「外見」「心」「所持品」だといいますが、この中から「心」を抜粋し、してほしくない“これは脱落”評価の実例もご紹介します。

【心の美意識】

心は必ず所作に現れます。「部分は全体を表す」という言葉がありますが、わずかな所作にその人の人間性は必ず出ます。真の姿は隠せないのです。だからこそ些細な所作を「きれい」にしていくことが必要です。
たとえば、どんな時でも手を添える心づかいを。そんなこともわかっている、とあなたは言うかもしれません。
 (53893)

手を添えるというのは、事柄により女性的な作法が含まれている場合もあります。
男性で言えば、見積書等の紙1枚をお渡しするときに片手ではなく両手で渡しているかどうか。
両手で渡されることで、大切に扱われるという印象が残るというものです。
この『心の美意識』は、すでに活躍している成功されているという方も実は注意です。
成功したり実績がついてきたりすると、知らずに人を大切に扱わなくなることがあります。これは、あなたがどんなに繕っていても必ず相手には伝わります。
 (53886)

心の美意識「失格例」

著者さんが聞いた話を紹介していますが、ある夜行われた実業家の周年パーティでの様子。
実業家の方は、外見は笑顔で参加者と接しているように見えます。が
1.交換した名刺を、そばにある机に「無造作」に置いていた。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビジネスに欠かせない「EQの高い人」5条件|心の知能指数“EQ”が無ければ成功しない

ビジネスに欠かせない「EQの高い人」5条件|心の知能指数“EQ”が無ければ成功しない

心の知能指数といわれる「EQ」は、複数の研究からも、仕事での成功には大きく影響すると言われています。知能指数IQは先天性も含まれますが、EQは訓練や日常で習得が可能だとし、企業でも取り入れているところがあるようです。IQが高いだけでは成功への道は細く、このEQがあれば太い道が得られるかもしれません。逆にEQがなければ「成功できない」と言い切っているところもあります。ではそのEQが高い人の特徴5つをご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 3,521 view
ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
SOCIALZINEの志水 | 1,245 view
お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

お金持ちになりたい人は“自制心”が断固必要|高収入、資産を手に入れる唯一の条件

「自制心」それは、高学歴、高収入、高資産、健康長寿。全てを手にすることができるのではないか。なぜそう言えるのかは、有名な「マシュマロ・テスト」から導かれています。お金持ちになりたければ、富裕層にあこがれるのであれば、健康で長生きをしたいと願うのであれば、必要なのは断固「自制心」をお届けいたします。
SOCIALZINEの志水 | 3,244 view
神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神勝率9割のプロギャンブラーのぶき氏の「夢や仕事で成功」メソッド|マネーラインとプロライン

神の領域と言われる勝率9割を達成した、さすらいのプロギャンブラー・のぶき氏が、人生を振りかえり成功へのメソッドを教えてくれました。仕事や夢で成功するために勝ち抜く大事な学びが、こめられています。夢や仕事で成功するためのコツ「マネーラインとプロライン」から「壁の超え方」まで。なかなか知ることができない人生の勝利者となれるコツを知ることができるのは、二度とないかもしれませんよ。
SOCIALZINEの志水 | 622 view
オニツカタイガーの復活「アシックス倒産危機」を支えた男たち|尾山基氏学んだ「ふたりの父」

オニツカタイガーの復活「アシックス倒産危機」を支えた男たち|尾山基氏学んだ「ふたりの父」

中学1年生でジョン・F・ケネディのスピーチを丸暗記したというアシックス代表取締役会長兼社長CEO、尾山 基氏。彼が脳裏に受けたpragmaticとentrepreneurshipは、存在価値を示すごとに、わかったもう二人の立役者がいました。倒産危機から復活したアシックス(オニツカタイガー)は、尾山氏が学んだ「ふたりの父」の存在もあったのかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 1,077 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水