2017年8月6日 更新

25人に1人もいる「サイコパス」心身に被害|職場にいるサイコパス見分け方と対処法

現代社会では25人に1人の割合だという「サイコパス」とは、もともと人格を説明するために開発された診断上の概念。凶悪な犯罪を想像するかもしれませんが、今はすでに解明されており、普通の人よりもいるという説までも。間違いなく、あなたの会社内にもいるはず。“善悪を判断する能力が欠如“しており、近づくと心身の健康に深刻な害が出ることが研究から明らかだとか。社内のサイコパスを見分ける方法と対処方法をご紹介します。

9,655 view お気に入り 0
Free illustration: Hand, Finger, Handcuffs, Justice - Free Image on Pixabay - 1616230 (40910)

サイコパスと聞くと、一般的にイメージするのは、凶悪な犯罪を犯した人、思いもよらない残酷な犯罪を犯す人でしょう。しかし実は、犯罪を犯さないけれどもサイコパスという人が存在します。
もともとサイコパスとは、連続殺人鬼などの反社会的な人格を説明するために開発された診断上の概念。
自分が何十年も前にいる古さを実感したのが、このサイコパスについて。
特別な凶悪犯罪にかかわるサイコパスのイメージが強く、リアル性に欠けていました。表現も多種多様で、「あの人、なんか…」そう思う人が、リアルにサイコパスであることもありそうです。残念なサイコパスもいれば、ビジネスで成功するサイコパスもいるといいます。

一番気になるのは、職場にいるサイコパスとは、あなたが心身の健康に深刻な影響を受けることがあるようなのです。人を思い通りに操縦しようとしたり、嘘にも長けているサイコパスだったら、接触方法を考えないと、きっと心身ともにこちらが病気になるかもしれません。
Free photo: Staging, Theatre, Emotion, Drugs - Free Image on Pixabay - 258631 (40915)

サイコパスってどんな人?

古典的なサイコパス像を思い出される方も多いだろう。
だが決して凶悪な殺人犯だけを指すわけではなく、人を思い通りに操縦しようとしたり、ウソに長け、口がうまく、愛嬌たっぷりで、人の気持ちを引きつけたりといった特徴も含むものとされる。
サイコパスのなかでも、犯罪を犯して刑罰を受ける「負け組サイコパス」と、社会的成功を収めている「勝ち組サイコパス」がいます。企業のCEOと呼ばれる人たちには、一般よりずっと高い割合でサイコパスが存在すると言われていて、25人に1人から5人に1人いるとも言われます。
Free photo: Chicken, Old Man, Birds, Wings - Free Image on Pixabay - 1822472 (40911)

『良心を持たない人たち』マーサ・スタウト博士の著書には、25人に1人の恐怖と副題がついています。
サイコパスの特徴として真っ先にあげられるのが、前頭葉にある眼窩前頭皮質という共感性をつかさどる部分の活動が低いことです。
健常な人の脳とサイコパスと言われる人の脳を比較した時に、明らかに違いがあるといいます。

「眼窩皮質(がんかぜんとうひしつ)」と「扁桃体(へんとうたい)」周囲の活動が著しく低いようなのです。眼窩前頭皮質は脳の中でも理解が進んでいませんが、この領域は意思決定などの認知処理に関わっているようです。扁桃体は、アーモンド形の神経細胞の集まりで、役割として情動反応の処理と記憶が主要。
この領域の活動が低下すれば、人は衝動的になるとされ、他者の感情を共有することに大きな障害を有する可能性が高い。
Free illustration: Police, Crime Scene, Discovery - Free Image on Pixabay - 850053 (40912)

つまりサイコパスは、情動にかかわる認知(=熱い認知)のために使用される<前頭前皮質>腹側システムの機能に乏しいが、理性的な認知(=冷たい認知)のための<前頭前皮質>背側システムは活発なままである。そのため良心の呵責や共感を伴わず、冷静な計画の元に他人を操ることができるのだ。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【日本の闇】アイドルの追っかけ目的で万引き&転売|少年7人逮捕

【日本の闇】アイドルの追っかけ目的で万引き&転売|少年7人逮捕

アイドルを目的とした犯罪行為が後を絶たない。今度はアイドルグループの追っかけをするために万引きと転売行為をしていたとして、7人の少年が逮捕されるという事件が起こってしまいました。
山岡ソースケ | 466 view
行き過ぎたクレームは犯罪?|「悪質クレーマー」の実態とは……

行き過ぎたクレームは犯罪?|「悪質クレーマー」の実態とは……

「お客様は神様」……日本ではよく聞くワードであり、日本の誇るおもてなしの心の象徴とも言えるだろう。しかしこれが原因で、疫病神へと進化をしてしまう客、悪質クレーマーが増加している。一歩間違えば犯罪として逮捕される危険もあるクレームとクレーマーの実態とは。
山岡ソースケ | 562 view
あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あぐらを組まない“マインドフルネス”の方法|ビジネスパーソンが職場でできる瞑想術

あまりにも有名な瞑想「マインドフルネス」ですが、毎日実践している方は、どのぐらいいるのでしょう。「あぐらをかいて座り静かに20分、30分と刻む瞑想」だけが重要ではないようです。職場でも簡単にできる座禅をしないマインドフルネスもあったのです。睡眠・疲れ・イライラ・ストレスなどの解消。反対に脳のパフォーマンスを上げるといわれているマインドフルネスを日常に取り入れるチャンスかもしれませんよ。
職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場にいる女性を敵にまわす必要はありません。中には実権を握る女性もいることもあり、味方になってくれるほうが何かといいのはお分かりかと思います。しかし、女性の心分からず苦戦している方もいるのではないでしょうか。女性を上手に褒めることは大事なスキルです。あなたが思い込んでいるその褒め方は、女性にとって不快指数がマックスになっているかもしれません。
成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

成功に必要な「影響力」を高める3つの手順|職場の会議や打ち合わせで学ぶ

ビジネスにおける「成功」は、ほとんどが“他の人”に影響力を及ぼせるかという点が重要になります。時に権力とも言うことがありますが、人に命令や強制することではありません。では、どのようにして立場の低い自分でも、職場で影響力を高めることができるのでしょうか。どんなに下っ端でも大丈夫、会議や打ち合わせの場で学ぶ「高め方」3ステップをご紹介いたします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水