2017年11月14日 更新

大ブームから1年「ポケモンGO」中高生は離脱多かった?定着した世代は

AR技術を使ったスマホゲーム「ポケモンGO」が7月22日、日本国内でのサービス開始から1周年を迎えました。早々に離脱した人も多かったものの、様々なバージョンアップやキャンペーンを打ち出す「ポケモンGO」を今でも楽しんでいる人は少なくありません。また8月には、国内初の公式イベントが開催。広報は「伝説のポケモンが登場するなど、ゲーム内容もどんどんアップデートされるので、期待していて欲しい」と語ります

424 view お気に入り 0
2016年7月の配信直後から大ブームとなり、様々な社会現象をもたらした米ナイアンティックの「ポケモンGO」。これまでゲームに興味を持たなかった人まで取り込み、一気に過熱した「ポケモンGO」フィーバー。「Niantic, Inc.」(ナイアンティック社)の発表によると、あれから1年でダウンロード数は累計7億5000万回を突破しているそうです。

早々に離脱した人も多かったようですが、さまざまなバージョンアップやキャンペーンを打ち出す「ポケモンGO」を今でも楽しんでいる人は少なくないようです。
今の「ポケモンGO」について、ライターの佐野正弘氏の考察をまとめていきます。
あれから約1年が経過した現在、当時のようなブームは見られなくなっていることから“オワコン”(終わったコンテンツ)化を指摘する声も聞かれるようになった。だが本当にそうなのだろうか。
 (38931)

ポケモンGOの大ブームから1年が経過

2016年に最もヒットしたスマートフォンゲームといえば、誰しもが「ポケモンGO」を思い浮かべるのではないでしょうか?
 (38892)

昨年大ブームをもたらしたスマートフォンゲーム「ポケモンGO」。位置情報を活用し、実際に移動してモンスターを捕まえる。
ポケモンGOは米「ナイアンティック社」のスマートフォンゲーム。同社が提供している位置情報を活用し、実世界で様々な場所に移動しながらモンスターを捕獲し、バトルができるもの。
ゲームやアニメで人気の「ポケットモンスター」の世界観を体験できることから、一躍世界的なブームをもたらした。
それと同時に、ポケモンGOはあまり注目されなくなった拡張現実(AR)に対する関心を再び高めるきっかけにもなったことでも話題になりました。
今年、米フェイスブックや米アップルがARに対する取り組みを積極化してきているが、こうした動きもポケモンGOの大ヒットと無関係ではないと筆者は見ている。
日本でも2016年7月22日の配信以降、非常に多くの人達がポケモンGOを楽しむために屋外へと繰り出し、”レアモンスター”が出現する場所には、非常に多くの人が押し掛けるほどの人気となりました。
 (38920)

人気モンスターが現れる「聖地」として、かつて全国に名をはせた東京の現在の「錦糸公園」。

1年前は人だらけだった場所が平穏な空間に。
46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「機動戦士ガンダム」がハリウッド進出!”パシフィック・リム”のレジェンダリー制作で実写化

「機動戦士ガンダム」がハリウッド進出!”パシフィック・リム”のレジェンダリー制作で実写化

「機動戦士ガンダム」シリーズの制作を行うサンライズと映画制作会社のレジェンダリーがタッグを組み、シリーズ”初”の実写映画の制作を進めることが発表されました。「機動戦士ガンダム」は、1979年に日本でTV放送が開始され、来年で40周年を迎えます。これまでに様々なシリーズを展開し、その人気は日本に留まらず、世界中に広がっています。発表を受けて、早速ネット上では、「ガンダム実写化」がトレンド入りしました
パリに”スパイダーマン”現る!宙づり男児を救いパリ市長から称賛&大統領から驚きのプレゼント

パリに”スパイダーマン”現る!宙づり男児を救いパリ市長から称賛&大統領から驚きのプレゼント

パリ18区であわや大惨事!その事件が起きたのは、5月26日午後8時ころ。アパルトマンのベランダ4階からぶら下がり落ちそうになっている子供・・そこに現れたのはスパイダーマンも顔負けのヒーローでした。勇敢にも素手で登り、無事に救った若者が賞賛の声を集めています。SNSやニュースでも大きく取り上げられたのですが、その男性には意外な素顔が・・しかし、パリ市長やマクロン大統領から凄いプレゼントが贈られました
茂木健一郎、あの”炎上騒動”を大反省!「オワコン」発言を解説

茂木健一郎、あの”炎上騒動”を大反省!「オワコン」発言を解説

脳科学者の茂木健一郎氏は今年3月、ツイッターで「日本のお笑い界は本当に終わっている」と発言し、ネットでは批判で大炎上しました。番組「しくじり先生」に出演し「妙な正義感を振りかざす面倒くさいヤツだった」と反省。お笑いの多様性を認め「日本には日本のお笑いの文化がある」と振り返りました。また、この「オワコン発言」後、お笑い界の大御所・西川きよしさんから直接電話がかかってきたことを告白する一幕もありました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事