2017年2月5日 更新

妊娠中に風疹になった母親の想い・・・「後悔したから知ってほしい」・「知らなかったでは済まされない」

妊娠中に風疹に感染したために、死産になったり、生まれた子供に障害が生まれたりする。こんな悲しいケースがあります。注射一本で防げる風疹予防をきちんと理解しましょう。

111 view お気に入り 0

●「知らなかった」では済まされない・・・妊娠中に風疹にかかるリスク

Free illustration: Street Sign, Curve, Traffic Sign - Free Image on Pixabay - 663366 (3416)

 風疹は、風疹ウイルスが原因となる感染症で、免疫がなければ大人もかかります。発熱と発疹をきたす疾患です。ウイルスに曝露してから2~3週間ほどで突然、小さな淡く赤いボツボツやリンパ節の腫れ、発熱、関節の痛みなどをきたします。
風疹(rubella)は、発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症である。症状は不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、臨床症状のみで風疹と診断することは困難な疾患である。

風しん撲滅作戦《家庭編》 生まれてくる赤ちゃんを守るために~先天性風しん症候群を知っていますか?~

妊娠初期に風しんに感染したご家族が、これから生まれてくる赤ちゃんを守るため、風しん予防の大切さを訴える映像です。
大人でも感染すると大きな症状がでる風疹。
妊娠中の女性が感染するとさらなるリスクが襲い掛かります。

妊娠初期の女性が風疹に感染したり、泰治が死亡したりすると流産するリスクが高まります。
生まれたとしても「先天性風疹症候群」という先天異常を持ってくる可能性が高いのです。
 風疹は、妊娠早期の女性に感染すると、胎児が死亡して流産するか、先天性風疹症候群(Congenital Rubella Syndrome; CRS)という先天異常を持って生まれてきます。
 実はかつて、男子に対する風疹ワクチン接種は不要であると考えられていました。そのため、現在34歳以上の男性は、風疹の予防接種を一度も受けたことがありません
Free illustration: Virus-Infected Cells, Dna, Disease - Free Image on Pixabay - 213708 (3423)

●妊娠中に風疹にかかった母親の思い

 「風疹」という病気、妊娠中の女性がかかると、赤ちゃんに影響が出る可能性がある怖い病気です。娘が両耳に障害を負って生まれた母親の思いを取材しました。
主な症状は、発熱と、その翌日くらいに小さくて細かい赤い発しんが顔から出始め、全身に一気に広がります。また、耳の後ろや後頭部のリンパ節が腫れて、痛むこともあります。
風疹は今、全国的に広がりつつあります。この風疹、深刻な影響はお母さんのおなかの中の赤ちゃんに及びます。妊娠中の女性が感染したことで目や耳、心臓などに障害がある赤ちゃんは去年の10月以降7人を数えています。
Free photo: Dog, Dark, Howl, Moonlight, Animal - Free Image on Pixabay - 183288 (3428)

しかし、自費診療である予防接種はどれだけ懇切丁寧に効果や副反応を話したところで、そのワクチンを接種しなければ、医療機関はおカネをもらえません(定期接種は接種を前提に診察し、その日の症状等で接種できなかった場合は地方自治体にその費用を請求することはできます)。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「考えない習慣」がストレスに強くなる!? 1日16時間、9年歩いた僧侶が悟った生きる上で大切な事

「考えない習慣」がストレスに強くなる!? 1日16時間、9年歩いた僧侶が悟った生きる上で大切な事

生きる事は楽しい事ばかりではありません。仕事や恋愛、人間関係。ほかにも老後のお金、両親の介護、子供の教育費・・・私たちの生活はストレスに満ちています。苦しみを避けるのではなく、上手に付き合い、人生を笑って生きるにはどうすればいいのか?1日16時間、9年歩いた僧侶が悟った「ストレスに強い人生」の送り方は?
鈴木康平 | 799 view
「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

一生を愛し合う事を誓った結婚式。しかし、年月が過ぎると良好な関係は崩れ、DV(ドメスティックバイオレンス)という暴力や暴言が繰り返される日々。パートナーとして支え合う姿はあるでしょうか?そこには服従と支配によるゆがんだ“共依存”関係に陥っていませんか?
鈴木康平 | 216 view
無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

出産の痛みを軽減してくれる「無痛分娩」。女性にとって身体の負担を減らす素晴らしい医療技術ですが、メリットばかりではないのかもしれません。無痛分娩が原因で母子に障害が残ったり、死亡したりした可能性がある・・・そんな事件がインターネットで報告されています。無痛分娩にデメリットはあるのでしょうか?
鈴木康平 | 553 view
部活動の強制参加が止まらない! 先生も学生も疲れるのになぜブラック企業化したのか?

部活動の強制参加が止まらない! 先生も学生も疲れるのになぜブラック企業化したのか?

放課後に好きな事をやる・・・中学生や高校生の頃、放課後に部活に燃えた人も多いでしょう。しかし、最近ではやりたくもないのに強制参加し、身体と心を痛める生徒が増えています。先生も休みである土日が消え、プライベートの時間もない。なぜ部活動はブラック企業化したのでしゅう?
鈴木康平 | 499 view
FacebookやTwitterのSNS投稿だけでなくビジネスシーンの繋がりに疲れたら・・・たまには1人の時間を楽しむのも良いですよ!

FacebookやTwitterのSNS投稿だけでなくビジネスシーンの繋がりに疲れたら・・・たまには1人の時間を楽しむのも良いですよ!

スマホやパソコンで簡単にインターネットにつながる時代。便利な部分は多いですが、仕事のメールチェックやSNS投稿など面倒や息苦しさを感じる人も多いのではないでしょうか?インターネットの繋がりは便利ですが、たまにはひとりぼっちの時間を楽しむのも良いですよ。
鈴木康平 | 60 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平