2017年7月30日 更新

8割が「働かない・働けないおじさん」になる理由|年収200万で年金まで働けますか?

60歳からの再雇用制度が開始され4年、「働かないおじさん」はなんと8割にもなるといいます。、1,000万円あった年収だって200万円になってしまうかもしれません。若い時に頑張っているから「俺は会社に貢献しているから大丈夫」と言っていても、ほとんどは「働けないオジサン」に。既に50歳から査定だってはじまっています。そうならないために、今から「その理由」を取り上げてみました。

3,006 view お気に入り 0
2013年頃から60歳で定年退職した社員本人の希望で、再雇用を65歳までとする義務付けからまる4年。
あの頃「例えば年収1,000万円の人が200万円台」そんな話も聞かれ、でも仕事は同じだよなんていう声もありました。
しかし、雇う側の声からは、現実問題として200万円でも、そもそも年功で上がってきた高い給与であり、
仕事ができる人ではないし、「いらない」と生の声を聞くこともありました。

たんに突然60歳で処遇が決まるわけではなく、その前の5年や10年前からすでに査定されていることも報じられていました。

「働かないオジサン」なんて嫌なことを言われた年代の方もいますが、査定を考えると、現実今50歳の方はすでに始まっています。そして、もっと言えば30代や40代の方は、自分がしっかり働けなかったオジサン(予備軍)が、60代近くに"泣く”姿が待っているのです。
Free photo: Man, Middle-Aged, Elderly, Old - Free Image on Pixabay - 2550383 (40158)

働かないおじさん率8割になる理由

今、そして若いときに優秀な人でも、「8割」が働かないオジサンになるといいます

知り合いの関係者から聞くと、仕事のできる「働くオジサン」は、再雇用まで会社に残ってくれないと呟いていました。
少子高齢化の影響で、国全体で見ると、社会保障があまり期待できないのに、健康寿命だけは延びている。よって、みな、生活を自分で支えなくてはならない時間が長くなっているのです。具体的に言えば、年金支給開始年齢が引き上げられて65歳、70歳と上がっていくことが予想される。
Free photo: Baby, Couple, Wedding Rings, Woman - Free Image on Pixabay - 1150109 (40170)

その道に関係する仕事をしていた個人意見から言えば、予想されるというよりも、もうその流れにしかなっていません。毎月あなたの給与明細から差し引かれる金額をじっくり確認してみてください。年をまたずにジワリと増えていることでしょう。

また、ご存知の通り、年金支給が60歳から65歳になっています。少子高齢化は進む一方ですし、若い世代が「結婚しない」「こどもをもたない」「S〇〇レス」とも言われている時代は深刻さを抜けています。

では、ちょっと待って……60歳から65歳までの間の5年間の生活は?もしかして、再雇用されなくても5年間なら貯えでなんとなるという頼もしい方がいたとして、この先もし70歳になったら、10年間は?
だから企業に雇用を負担させよう、というふうに国は考えます。
Free photo: Business Man, Laptop, Work, Outdoor - Free Image on Pixabay - 2452808 (40159)

ただ、右肩上がりで給与を上げてきた日本の企業には、「降格」とかをやるのは腰がひける。なぜなら、降格する人としない人とをどのように選び、どのように個人に通知していけばよいかがわからないからです。
今は、年齢で昇格していく企業は大手しかありません。しかし、そもそも日本の企業は外国の企業とは異なり、「個別の人事管理」が、得意ではありません。また、なかなか一度一度設定したことを下げるということも同様に苦手です。

そのため、今回の定年再雇用時に、一律に年収を下げてしまうことにもなり、どんなに仕事のできる人も、できない人と同じ扱いになってしまう。
そうしたら、大量に生まれました。モチベーションが強烈にダウンした「働かないおじさん」が(笑)。
Free photo: Dog, Puppy, Young Dog, Cute - Free Image on Pixabay - 2467149 (40160)

「働かないおじさん」の立場に立ってみれば、腐ってしまうのもやむをえないところがあります。ある日突然一律で年齢によって、給与が下げられるのですから。本当は、しっかりと個別に人事管理を行って、選択肢を提示し、自分の仕事人生を考えてもらう機会を提供しなくてはならないのですが。
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場で必須スキル「女性を褒める」方法|オンナの心に刺さらない男の3つの誤解

職場にいる女性を敵にまわす必要はありません。中には実権を握る女性もいることもあり、味方になってくれるほうが何かといいのはお分かりかと思います。しかし、女性の心分からず苦戦している方もいるのではないでしょうか。女性を上手に褒めることは大事なスキルです。あなたが思い込んでいるその褒め方は、女性にとって不快指数がマックスになっているかもしれません。
SOCIALZINEの志水 | 1,985 view
3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

3メガバンクだけじゃない「中小企業も2,000万人」雇用の危機|全労働人口の約半分が仕事なしか

日本の全企業の中で中小企業はどのぐらいの割合かご存じでしたでしょうか。なんと90%以上が中小企業。そして、雇用も「2,000万人」分が危ういというのです。大手銀行がおこなうスリム化による人の手を不要とする発表は衝撃的でしたが、中小企業の雇用が本当に危険ならば、労働人口の半分近くが「職を失う」ことになりかねないのです。
SOCIALZINEの志水 | 325 view
本当の一流リーダーが必要な3つの心得|ビジネスマンの出世成功術は推薦される管理職

本当の一流リーダーが必要な3つの心得|ビジネスマンの出世成功術は推薦される管理職

リーダーというと、どんな人を思い出すでしょうか。会社の中、部署内の自分の上司でしょうか。中小企業であれば、社長や会長まで対象がのびるかもしれません。「経営者」で例えても、実際にできている人が少ないと記されています。あなたが、“自分の上”を超えるためにも、そして人から「推薦される」リーダーになるためにも、知っておいていい心得があります。今回は「経営者」だけに拘らない“リーダー”像をご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 958 view
ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

ビジネスマンの器量がメールに露出「短く分かりやすい」書き方|気のきいたメール術

仕事でもSNSやチャットを使うことが増えましたが、資料添付やお客様とのやりとりは、まだまだメール連絡が必要です。しかし、このメールが「くせ者」で、短ければ言葉不足で誤解を招き、長すぎれば何を言いたいのか伝わらない。ではどうしたら、メールを究極にわかりやすく、そして相手に失礼がないよう書けるのでしょうか。『気のきいた短いメールが書ける本』(中川路亜紀著)から、簡単なポイントをご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 535 view
大企業や公務員でも要注意! 中高年の年収が下がってしまう5つの要因の避け方はある?

大企業や公務員でも要注意! 中高年の年収が下がってしまう5つの要因の避け方はある?

大企業や公務員で役職に就いていると、この先も定年までずっと同じ年収であると勘違いしやすくなります。若いうちは良いですが、中高年になると年収を下げる5つの要因が存在します。どうやって回避すれば良いでしょうか?
鈴木康平 | 514 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水