2017年7月12日 更新

アマゾンの配送サービスは滞ることなく届くのか?アマゾンの担当者に聞いてみた

アマゾンで購入した商品が届かない異例の配送遅延問題に解決の策はあるのか?

398 view お気に入り 0

アマゾンの配送、一週間も届かないという異常な事態の真相とは?

 中小零細の配達業者で働く社員が悲痛な叫びをあげています。コンプライアンス経営を厳しく求められる一方で、運賃交渉や、非協力的な時短の問題などで、配達現場にいる従業員は過酷な労働を強いられているのが実態です。
 アマゾンは、自社の配送サービス会社を持っていないため、主に大手配送会社3社と連携した配送サービスを行ってきました。
しかし、ここにきて、アマゾンで購入した商品が1週間も届かないという異常な自体が発生していたのです。
 ネット通販が好調に売上を拡大すればするほど、配送サービス業者の重荷が増大する事態となっている中、解決策はあるのが調査してきました。

配送業界ランキング1位はヤマト運輸

国内の宅配便(トラック)取扱量の1位はヤマト運輸で全体のシェアは約50%、2位の佐川急便は約33%、3位の日本郵便は約11%、4位は西濃運輸(カンガルー便など)は約3.9%、5位の福山運輸(フクツー宅配便など)、その他は約1%弱となっています。
『仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン...

『仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン』(小学館)

潜入を得意とするジャーナリストの横田増生さんが配送業界の実態を明らかにした渾身の一冊。
 日本最大の成長産業と言われてきた宅配ビジネスですが、数年前から人手不足に悩まされ続けています。
 アマゾンは様々な配送業者と提携しながら商品を発送しており、ヤマト運輸をはじめ、佐川急便、日本郵便の大手3社のほか、カトーレック、摂津倉庫、SGムービング、DHL、ECMS、デリバリープロバイダーなど14社と提携しています。
 アマゾンのジャスパー・チャン社長は10日の会見で、配送遅延問題について「遅延問題は解消している」と話しています。

Amazonプライム ポップアップストアにまずは足を運んでみた

 アマゾンジャパンは、7月9日から11日まで「Amazonプライム ポップアップストア」を東京・六本木にオープン。また10日18時からAmazonプライム会員向けのセール企画「プライムデー」をスタートし、30時間にわたって5分ごとに数十万個以上の商品を特別価格で発売中です。
 9日からオープンしている会場では、最短1時間以内に届く「Prime Now」専用アプリの注文体験もできるなど、企画が盛り沢山で、最終日の午前中で既に約400人が来場しているというから驚きです。
「プライムデーについては、数ヶ月前から物流だけでなくすべての面で準備をしてきた」と話すチャン社長。2016年度に実施したプライムデーは、全世界で販売事業者による出品商品の注文数が前年度比で約3倍と、実績を伸ばし続けているんです。アマゾンは、1994年7月5日に事業を開始してから、今年で23年目となり、今回のイベントは3回目になります。
六本木のメルセデス・ベンツ コネクションで開催中のプラ...

六本木のメルセデス・ベンツ コネクションで開催中のプライムデー

今回のセール商品で最高値のメルセデス・ベンツの売れ行きは?

今回のプライムポップアップストアで一押しの目玉商品となっているのが「メルセデス・ベンツ」です。お値段はセール価格1774万円で発売を開始してから、2日目の午後の時点で数件の予約が入っているといいます。
 担当の方に、ベンツ購入者に時間通りにお届けできるのかと質問した結果、「もちろん、しっかり時間通りに届けます」との答えが返ってきました。
現在セールに出品されているメルセデス・ベンツ

現在セールに出品されているメルセデス・ベンツ

デリバリープロバイダで商品が届かないことについて言及

 アマゾンジャパンの広報側は、今回の配送問題については把握しており、現在は配送パートナーと協議しながら、これまで通りのサービスを提供していくと話していますが。
 

アマゾンが考える配送問題解決の糸口を聞いてみた

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

socialzine編集部 socialzine編集部