2018年1月30日 更新

”話題作りの上手い”テイラー・スウィフト、SNSに復帰!公開した“謎の動画”に反響

突然自身のSNSアカウントのコンテンツを全て停止する、という前代未聞の行動に出た歌姫テイラー・スウィフト。ついにSNSを復活させ、今度は全てのアカウントに一斉に”謎の動画”を投稿し、世間に衝撃を与えました。そんな彼女が3年ぶりに待望のアルバム&新曲をリリースすることを発表。 また音楽の祭典「VMA」に出演するとの噂も?常に”話題作り”に抜かりないテイラー。2017年下半期の音楽業界を賑わせています

261 view お気に入り 0
テイラー・スウィフトが3年ぶりに待望のアルバム&新曲をリリースすることを発表しました。
先週末に突然SNS上のコンテンツを削除し、その後、謎のヘビ?とおぼわしきの動画を投稿するなどして世間を騒がせていたシンガーのテイラー・スウィフト。
ファンの期待通りに、新曲をリリースすることが明らかになりました。

『Reputation』を11月10日にリリース

米現地時間の木曜日(8月24日)夜にテイラーの公式ツイッター、インスタグラムで約3年ぶりとなるアルバム『Reputation』を11月10日にリリースすると発表。
アルバムタイトルの『Reputation(レピュテーション)』とは、「評判」、「風評」、「スキャンダル」などを意味し、どこか挑発的な表情を浮かべるテイラーがこちらをクールに見据えているモノトーンの写真にも、新聞の文字を模したプリントが重ねられています。
昨年から今年にかけて、さまざまな問題に直面したテイラー。

同アルバムには、彼女の行動を、逐一追い回していた”メディアの過熱報道への反抗心”のようなものが込められているのではないかとも、”推測”されているようです。

発表までの流れについて

事の発端は、2017年8月18日(現地時間)に、テイラーの公式インスタグラム、ツイッターをはじめとしたSNSの投稿が、突然すべて削除されました。
2014年に発売されたアルバム『1989』以来、メディアへの露出を控えていたテイラー・スウィフト。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジャスティン×ピコ太郎の初対面が実現| 夢のCM共演!落としたリンゴから”奇跡”のコラボレーションが誕生

ジャスティン×ピコ太郎の初対面が実現| 夢のCM共演!落としたリンゴから”奇跡”のコラボレーションが誕生

カナダ出身の人気歌手のジャスティン・ビーバーと、「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」の楽曲でおなじみ、シンガーソングライターのピコ太郎が、ソフトバンクのCMで共演することが2月6日、明らかになりました。 1月に国内で撮影が行われ、初対面が実現したとのことです。 2人の出会いはSNSがきっかけだそうですが、挨拶をかわしたりハグをするなど、すぐに打ち解けていた様子が印象深い撮影風景のようです。ジャスティンはその様子を早速SNSに投稿していたようですよ!
2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

2019年「アカデミー賞」授賞式で”伝説ジュエリー” 復活!最も絶賛されたベストドレッサーは?

ノミネート作品や受賞者にダイバーシティ(多様性)が反映された今年の「アカデミー賞」授賞式。毎回、話題になるのが、スターたちが、どんなジュエリーを身に着け、どんなドレスで登場するのか、ということ。最注目されていたレディー・ガガ。意外にも黒のシックな装いだった理由は?男性陣で注目を集めた人は?今年はパンツ・スーツを採用する若手女優も多い傾向に。話題となったハリウッドのトレンド色やファッションを一挙公開
ファッション業界で相次ぐSNS”炎上”・・なぜ?「自殺ファッション」にバーバリーが謝罪&中止

ファッション業界で相次ぐSNS”炎上”・・なぜ?「自殺ファッション」にバーバリーが謝罪&中止

今月ロンドンで行われた「バーバリー」ファッションショーで発表された”あるファッション”がSNS上で「自殺を連想させる」と非難を浴びました。その衣装とは・・?実は、ここ最近では世界的な有名ブランドが、昨年11月には「ドルチェ&ガッバーナ」、12月には「プラダ」。また今年に入っても「グッチ」の商品にも、批判が高まり販売が中止になるケースがありました。ファッション業界で相次ぐ炎上・・この批判の背景とは?
「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

生活雑貨ストア「ロフト」が、1月より展開してきたバレンタイン広告にある騒動が・・。「女の子って楽しい」とのコンセプトながら、ウェブCMでは登場する女性らが実は”不仲”と示唆するシーンが多数登場。動画をめぐりSNSで「女性蔑視を感じて不愉快」などと疑問視する声が上がり、ロフトは、その後広告を取り下げました。しかし、この風刺的なCMを楽しいと思った人もいたようです。そんな今回の騒動について振り返ります
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん