2018年8月6日 更新

3か月で体重-12.2kg!佐藤仁美の大変身に「これはモテる!」の声と驚き?“痩せる前”の・・

17日に「ライザップ」の新CM記者発表会が行われ、女優の佐藤仁美が美しく引き締まったボディーに大変身した姿を披露。お酒が大好きな上に、ズボラな性格?ですっかりふくよかになってしまった彼女は一念発起!ダイエットに挑戦し、約3カ月間で体重は激減。すっかり美しく引き締まったボディーに変身しました。彼女が成功した秘訣は?一方で、SNSなどでは、佐藤さんが痩せたことよりも”あること”に驚きの声があがりました

293 view お気に入り 0

佐藤仁美、3カ月で12.2キロの減量に成功!

4月17日に「RIZAP」(ライザップ)の新CM記者発表会が行われ、女優の佐藤仁美さんが、美しく引き締まったボディーに大変身した姿を披露しました。
 (82634)

CMでも“ビフォーアフター”の姿が流れ始め、ネットでは「やっぱり美人!」「こんなにキレイだったの!?」「美しいくびれ」と大反響が起こっている。
▼こちらが、その新CM。

女優業、バラエティー番組でも活躍

昨今は、さまざまなドラマや映画でバイプレイヤーとして味のある演技を披露し、バラエティーでも活躍中の佐藤さん。
佐藤といえば、朝ドラ4作に連続登場するほど重宝される演技派女優。太めのおせっかい焼きのおばちゃんや姉御肌で、結婚できないでいる女性のキャラが抜群にうまい。バラエティー番組でも竹を割ったような性格、歯に衣着せぬ物言いが人気を集めている。
 (82675)

今や、はっきりとものを言う “ぶっちゃけキャラ” で知られる佐藤仁美さん。実は1995年にスターの登竜門ともいわれる「第20回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、水着の写真集などで抜群のプロポーションを披露していた女優である。
 (82641)

スマホに写っているのは10代の佐藤さん
最近では本業の女優より、バラエティ番組でかます豪快トークが注目されていた佐藤。プライベートでの過食や酒豪ぶりも度々伝えられた。そんな生活で体形はみるみるポッチャリ系に。23年前に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得した時の姿は見る影もなくなっていた。

ライザップとの出会い

しかし、40歳を目前に「変わりたい!」と一念発起し、ボディメイクに挑戦したそうです。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

”ふっくらした”リアーナの体型に非難?マライア・キャリーは「激太り」?「健康被害」も指摘

”ふっくらした”リアーナの体型に非難?マライア・キャリーは「激太り」?「健康被害」も指摘

歌手のリアーナの以前より豊満になったドレス姿に、ネットで「今が素敵」など高評価される反面、「体重が増加しすぎ」と批判を浴びています。また、数々のヒット曲で日本でも人気の歌手のマライア・キャリーも、最近のコンサートで「激太り」した姿で登場し、話題に。有名セレブたちは活躍すると同時に、その体形の変化についても常に注目の的です。しかし、無理に急激なダイエッで短期間での増減を指す方法には危険を伴うようです
マツコ、ネットの”情報過多”に危惧「必要な情報」に出会うために

マツコ、ネットの”情報過多”に危惧「必要な情報」に出会うために

14日放送の「マツコ&有吉かりそめ天国」で、マツコ・デラックスは、情報過多な現在に言及しました。スマホに届くニュース速報で、本当に興味あるのは100件の内1件、と切り捨て、自分にとって不要な情報を入れるのは苦痛であり、今の若い子はあまりの情報量で情報に振り回されすぎな状況に、持論を展開しました。そんな情報過多のストレスから脱出し、それに伴って蓄積するストレスに、どう対処してゆけばよいのでしょうか?
日本人初&最年少「ブルガリ」アンバサダーに就任したKōki,の快進撃と絶妙な「SNS活用」効果

日本人初&最年少「ブルガリ」アンバサダーに就任したKōki,の快進撃と絶妙な「SNS活用」効果

木村拓哉と工藤静香の次女で今年5月にモデルデビューしたKōki,が「ブルガリ」のアンバサダーに就任したと発表され、同ブランドにとって、日本人初かつ世界最年少として選出されたと大きな話題になりました。ブルガリ側がKōkiを起用した理由とは?彼女といえば「有名芸能人の二世」。世の中には、数多くの二世が存在していますが、その活躍においては”明暗が分けられる”ようです。そのカギが“SNS”と言われる理由は
炎上で削除やSNSアカウント閉鎖・・”しない派”女優の戦略は?芸能人SNS事情と今後の動向

炎上で削除やSNSアカウント閉鎖・・”しない派”女優の戦略は?芸能人SNS事情と今後の動向

今やSNSを使って発信することは、芸能人にとってブランディングの効果、ファンとの距離を身近に感じることが出来る効果がある一方で、”炎上”で本業に、悪影響を与えてしまう危険性もあるようです。そこで、あえてSNSをやらないことで、一定のイメージを“持たせない”ようにしている芸能人も少なくありません。芸能人にとっては、毒にも良薬にもなる?SNSとの上手な付き合い方や、今後のSNSの動向についてまとめます
都内で”40度超え”の「大暑」・・「日傘男子」や「日傘デビュー」とSNSで報告する男性が話題

都内で”40度超え”の「大暑」・・「日傘男子」や「日傘デビュー」とSNSで報告する男性が話題

一年で最も暑さが厳しいとされる「大暑」の7月23日、日本列島は、引き続き広い範囲で高気圧に覆われ、都内で”40度超え”が観測されるなど、全国でこの夏一番の暑さが報告されました。今年はそのような”酷暑”対策として「日傘男子」や「日傘デビューした」とSNSで報告する男性が話題に上がり、ネット上の関心も高まっているようです。さらに、熱中症の被害を減らすにはどうすれば良いか?救急医のアドバイスもまとめます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん