2017年12月30日 更新

なぜ年末に年越しそばを食べる?|由来や意味、食べるタイミングとは

大晦日に食べるものといえば「年越しそば」。その起源には諸説あり、習慣そのものは江戸時代に定着したと言われています。ところで、なぜ、そばなのか?うどんではダメだったのか?その理由を探してみます。

139 view お気に入り 0

大晦日に年越しそばを食べる意味、由来とは?

 (71350)

年越しそばはあっても、年越しうどんや年越しそうめんはない。

良く考えればそれって不思議だ。

なぜ、そばに限定されているのか、その理由として諸説あるなかの代表的なものが…

延命・長寿祈願説

そば切りは、長くのびるので、延命長寿や、身代が細く長くのびるようにと願う形状説。
細く長く、というのはいかにも日本らしい考え方ですね。

慎ましい国民性、みたいなものがこの説からにじみ出ているような気がします。

個人的には太く長くあった方が良いと思うし、一年の締めなんだから、それぐらい望んでもええやん。とは思いますが。

金を集める縁起物説

Free illustration: Bitcoin, Crypto, Virtual, Money - Free Image on Pixabay - 3024279 (71351)

金銀細工師が散らかった金粉を集めるために使っていたのがそば粉。そこから、「金を集める縁起物」「金運を呼ぶ」という意味合いが生まれ、新年の金運向上のために食される様になったという説です。
その昔細工師が散らばった金粉を集めるのにそば粉を丸めたものを使った事から金運がよくなるように、といった願掛けもあったようです。
一方で細く長くの奥ゆかしさとは真逆。完全に金目的の由来もあります。

金粉ってそば粉で集められるんですね。むしろその原理をどのように発見したかが気になってきますが。

なんだかんだ言ってお金は大事。より人々の本心に近いような気がする由来です。

旧年の苦労や借金を切り捨てる説

そばは切れやすいから、旧年の労苦や災厄を、きれいバッサリ切り捨てようと「縁切りそば」「年切りそば」を食べた。
そばは他の麺類と比べて切れやすい事から「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が生まれたとされています。
細く長いけど、切ろうと思えば簡単に切れる。

年越しそばはその形状だけでなく、特徴も由来の一つと考えられたりしてるんですね。

どちらかというと、その一年、苦労した人向けの由来です。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年の方角は南南東やや右】それでも買いますか?歴史も由緒も…何もない「恵方巻」!

【2018年の方角は南南東やや右】それでも買いますか?歴史も由緒も…何もない「恵方巻」!

節分の恒例行事といえば恵方巻。毎年各社が激しい戦いを繰り広げるこのイベントですが、ここには一体どんな由来や歴史があるのでしょうか?調査してみました。
山岡ソースケ | 265 view
ガキ使「笑ってはいけないシリーズ」恒例、ダウンタウン浜田のコスプレ|黒人差別だと話題に!

ガキ使「笑ってはいけないシリーズ」恒例、ダウンタウン浜田のコスプレ|黒人差別だと話題に!

年末の恒例行事と言えば、日本テレビで放送されるダウンタウンのガキの使いやあらへんで「笑ってはいけないシリーズ」。笑い納めとして毎年お茶の間を楽しませてくれているが、昨年末放送された「笑ってはいけないアメリカンポリス」のワンシーンが、世界規模の差別問題に発展しそうな勢いです。
山岡ソースケ | 380 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ