2017年10月16日 更新

「忙しい日本人」こそ実践してほしい「デンマーク式心の休め方」 幸せな自分を見つけましょう!

社会人になると時間の感じ方が早くなる気がします。小学生の頃はあんなにゆっくりと流れていた時間が就職し、スーツを着るとすぐに時間が流れる。結婚し、出世もしたのに何か物足りない自分がいる。そんな時はデンマーク式の心の休め方。「ヒュッゲ」の考え方を生活に取り入れてはどうでしょう?

263 view お気に入り 0

●忙しい日本人こそ「心の休憩」が必要

インターネットが発達し、誰もが気軽にパソコンやスマートフォンで調べものができる世の中になりました。

家にいながら買い物をしたり、仕事をしたり・・・
昔では考えられないようなライフスタイルを送っている人も多いでしょう。

しかし、社会人になり、忙しく働く自分・・・
どこか疲れ、自分を見失っていないでしょうか?

大学を卒業し、就職もうまくいって、結婚も出世もできたのに・・・
(私の人生はなんだったんだろう?)
そんな時は心が疲れているのかもしれません。
Free photo: Tiger, Animal, Jungle, Rainforest - Free Image on Pixabay - 1098607 (57610)

現代社会を生きる私たちは、つねに忙しく動き回り、あふれる情報の波の中でもがいています。
最近、一瞬でも立ち止まって、いまの自分の置かれている状況を見つめ直したことはありますか?
「ダラダラ残業しているヤツのほうが、残業手当も稼いでいるし、上司のウケがいい」
「会社から有給休暇をすすめられても、こんな忙しさでは休めるワケがない」

筆者は精神科医として、大学病院の診療だけでなく、産業医として企業のメンタルヘルスの問題にも取り組んできた。患者からよく聞かされるのが、冒頭のようなぼやきだ。
社員のうつ病予防に力を入れる企業が増えてきた。中でも注目されるのは、本人の考え方を変える「認知行動療法」と呼ばれる手法。もともと治療のための療法だが、ストレスを軽減し、うつ病リスクを減らす効果があるという
Free photo: Balloon, Heart, Love, Romance, Sky - Free Image on Pixabay - 1046658 (57614)

デンマークには「ヒュッゲ」と呼ばれる独特の考え方が大切にされています。
長く、暗い冬の時期が1年の大半を占めるデンマークではそれをどう乗り越えるか?
それを大切にしています。

ただ、辛い冬を耐え忍ぶのではなく、仲間と暖炉を囲んだり、キレイなろうそくを準備したり・・・
大変な事でも楽しもうとするポジティブさを感じます。
 美しい風景写真には、疲れを軽減させる効果がある――。先日、ある研究機関がそんな成果を発表しました。たしかに緑が豊かだったり、美しい水辺だったりといった写真には心が安らぎますが、そればかりか実際に疲れを癒やし、仕事の能率も向上させてくれるとか。
日本は先進7カ国の中で最も自殺率が高い国だ。警察庁の発表によると2016年の自殺者数は約2万1000人。特に若者の自殺率の高さは社会問題となっている。自殺未遂体験から多くを学んだシュラム氏が今、日本人に伝えたいこととは?(聞き手は作家・コンサルタントの佐藤智恵氏)
Free photo: Bored, Female, Girl, People, School - Free Image on Pixabay - 16811 (57618)

 政府は働き方改革関連法案に長時間労働の是正策を盛り込み、繁忙期の単月の残業を100時間未満に抑えるとした。過労は体調を悪化させるが、最近は特にうつ病など精神疾患との関係が注目される。
人生の意味・・・これは人によって異なりますが愛や絆などお金で買えないモノ。
これが重要な意味を持っている人も多いでしょう。

デンマークの人たちはお金や物への執着が少なく、家族や友人との時間を大切にしています。

もちろん、1人でいるのが好きな人もいるでしょう。
大事なのは「自分にとって安心できる場所」を見つける。
これがデンマークの「ヒュッゲ」の根本原理です。
今夏、節電に取り組んだのを機に家庭の照明の見直しを思い立った人も多いだろう。部屋の明かりをただ消して回るのは目に良くないが、蛍光灯などで白々と明る過ぎる照明を程よく落とすのはこころの健康にも効果的。
Free photo: Peppermint, Peppermint Tea, Mint - Free Image on Pixabay - 2816012 (57622)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

結婚式の新郎も代理サービスを使う今時の若者! 本当の結婚相手を隠した家族に未来はあるのか?

結婚式の新郎も代理サービスを使う今時の若者! 本当の結婚相手を隠した家族に未来はあるのか?

結婚式を巡った新しいサービスが存在します。その1つが「代理サービス」。友人や職場の同僚を演じ、人間関係に乏しい人に向けた新しいサービスです。友達が少ないけど、家族や親戚に向けて仕方がない・・・そんな部分がありますが、今時は新郎役も代理サービスが演じるようです。
鈴木康平 | 257 view
アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?
鈴木康平 | 358 view
「結婚にメリットがない」が科学的に証明された! ある意味独身が勝ち組!?

「結婚にメリットがない」が科学的に証明された! ある意味独身が勝ち組!?

結婚する事は精神的にも肉体的にも素晴らしい事。これは昔から古今東西で言われてきた事でしょう。結婚すれば家に帰って話し相手がいる温かい家庭が待っている。ウキウキしながら家に帰りたい・・・そう思えるサラリーマンはどれだけいるでしょう。結婚しないデメリットが科学的に証明されてしまい結果は悪化する一方です。
鈴木康平 | 1,062 view
「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

「この人にはワタシがいないと・・・」 夫や妻からの暴力が増えたDVのワケは「共依存」による服従と支配の関係か!?

一生を愛し合う事を誓った結婚式。しかし、年月が過ぎると良好な関係は崩れ、DV(ドメスティックバイオレンス)という暴力や暴言が繰り返される日々。パートナーとして支え合う姿はあるでしょうか?そこには服従と支配によるゆがんだ“共依存”関係に陥っていませんか?
鈴木康平 | 196 view
「風邪を引いても会社は休めない」!? 「体調不良でも高熱でも無理に出社」は美徳じゃなく迷惑かも?

「風邪を引いても会社は休めない」!? 「体調不良でも高熱でも無理に出社」は美徳じゃなく迷惑かも?

風邪をひいて咳や鼻水が止まらず、熱も38度を超えている。市販の風邪薬はなかなか効果が実感できず、できれば病院に行って寝ていたい。しかし、「風邪なんかで社会人が会社を休むな!」と上司が許してくれない。もしかしたらそれはアナタの勝手は妄想かもしれません。本当に会社員が風邪で休んだら怒られるのでしょうか?
鈴木康平 | 3,366 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平