2017年10月1日 更新

将来約254億円予測「カプセルホテル」最前線|狭い、しめった印象はもう古い

あなたの知っているカプセルホテルは、狭い、足がぶつかる、“しめった”印象、他にはどんな感想をもっているでしょうか。それはもう古いようで、3キーワード「価格」「柔軟性」「新しいデザイン」で拡大しています。実は日本の大阪が発祥のカプセルホテルは、世界中にひろがり、2022年末には2億2600万ドル(約254億円)に拡大すると予測されています。最前線のカプセルホテル事情をご紹介します。

546 view お気に入り 0
Free photo: Hostel, Budget Hostel, Clink Hostel - Free Image on Pixabay - 2500294 (54347)

カプセルホテルは旅行者たちに、安価な宿泊と新鮮な体験を提供してくれる。最近ではビジネス旅行者の利用も拡大中だ。
カプセルホテルは日本からアジアの大都市に拡大していった。調査会社WiseGuy Research Consultantsは2016年に1億5900万ドル(約179億円)だった世界のカプセルホテル市場が、2022年末には2億2600万ドル(約254億円)に拡大すると予測する。
Free illustration: Money Case, Wealth, Finance, Market - Free Image on Pixabay - 163495 (54348)

日本から拡大していったというのも、カプセルホテルの発祥地は「日本の大阪」であるのをご存じでしょうか。日本国内を全体で見ると大阪のカプセルホテル数は少な目ですが、生まれた場所は東梅田で1979(昭和54)年に開業した元祖、カプセル・イン大阪なのです。そして、現在はアジア圏だけではなく、世界に広がっています。
中国、台湾、シンガポール、ロシアなどが中心だ。予約は日本、台湾、韓国、中国からが多いが、英国からもある」と述べた。
「カプセルホテル」のイメージというと、あんな狭いところで眠れるのか、なんて“しめった”イメージがあるかもしれません。しかし!昔とはイメージは大きく様変わりしているようですよ。
なんたって、大きなお風呂やスパを揃えているところはもちろん、休憩室やレストラン、バーやオリジナルの美味しい食事が堪能できるところまであるのです。
Free photo: Baby, Foot, Blanket, Newborn, Child - Free Image on Pixabay - 1178539 (54349)

5月下旬、オランダから観光に訪れた会社経営者のマイケル・ボリングスさん(25)は、カプセルの中で長い足を伸ばしてくつろいでいた。各地のカプセルホテルを泊まり歩いているというが、「身長188センチだけど、ここはゆったりできる」と満足そうだった。
狭苦しい場所になぜそれほど多くの人が泊まりたがるのだろうか。「価格」「柔軟性」そして「新しさを感じさせるデザイン」が3つのキーワードだ。
この「コスパ」も含めて、今の常識は変わっていることに気が付くと、宿泊先を選ぶのも楽しくなりますよ。呑んで遅くなりタクシーで帰ることを考えると、カプセルホテルに泊まるほうが「安い」「睡眠」「時間確保」にもなるのです。
Free photo: Cosy, Chair, Interior, Design, Home - Free Image on Pixabay - 2648851 (54346)

最近のカプセルホテル「コスパ」「柔軟性」「新デザイン」

毎月半分はバックパッカーの私ですが、「宿泊」する場所はホテル、カプセルホテルもその他にも、多種に渡り歩いています。その中でも、今のカプセルホテルは足をゆっくりのばせ、広さも十分に備え、TVもついてサービスが良いところが、かなり増えています。「館内着」「バスタオル」も無料のところもあり、下手すると手ぶらで宿泊できてしまうほどのサービスなのです。

「コスパ」よし!

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【衝撃】年金の入力ミス、中国の業者は極めて正確。日本側がミスりまくりという現実。

【衝撃】年金の入力ミス、中国の業者は極めて正確。日本側がミスりまくりという現実。

定期的にトラブルを巻き起こす年金問題。対象者のリストを無くしたり、そもそも金額があってなかったり…。最近は委託された日本企業が中国業者にリストを渡してしまっていた、なんてことも話題になりましたが、そこに衝撃的な事実が見つかってしまいました。
山岡ソースケ | 361 view
人たらしと言われた豊臣秀吉の「接待・接遇」が凄い|ビジネスマンも学べるその手法とは

人たらしと言われた豊臣秀吉の「接待・接遇」が凄い|ビジネスマンも学べるその手法とは

日本の歴史の中で、誰もが知る大出世を遂げた豊臣秀吉の「最大の武器」。それは世のなかを上手く渡り歩く「人たらし」と言われる才能。しかし、秀吉が“人を味方につける”その凄さは「接待」「接遇」にあります。現代社会でもビジネスマンが学べる豊富な手法とは。
SOCIALZINEの志水 | 1,272 view
キャビンアテンダントがオススメする世界の都市3選|死ぬまでに一度は行きたい!

キャビンアテンダントがオススメする世界の都市3選|死ぬまでに一度は行きたい!

仕事柄、世界中を飛び回っている国際線のキャビンアテンダント(スチュワーデス)。そんな百戦錬磨の彼女たちを持ってして、「死ぬまでに一度は行くべき!」といわしめる都市は一体どこなのか?調べてみました。
山岡ソースケ | 450 view
「陸マイラー」飛行機利用以外でマイルを貯める裏ワザ|無料で航空券獲得

「陸マイラー」飛行機利用以外でマイルを貯める裏ワザ|無料で航空券獲得

私の知人にもいつも「マイル、マイル、マイル」と、頑張って飛行機に乗っているんですよ!と話してくれます。今回は、え??飛行機を利用せずに、マイルを貯める「陸マイラー」と言われる方々。マイルを貯めて何に使うのかは、国内海外の「航空券」に変えて、無料で旅を楽しむようですよ。そんな「楽しみ方」いったい、どうやって貯めていくのでしょうか。
SOCIALZINEの志水 | 571 view
おったまげ~バブリー絶賛!! 大阪・登美丘高ダンス部|ノラさんがたくさん選手権感動

おったまげ~バブリー絶賛!! 大阪・登美丘高ダンス部|ノラさんがたくさん選手権感動

説明はいらないからぜひ動画をご覧ください!と言うしかないほど、ぶっとびオッケーバブリー!! 芸能界からも声があがる、あの派手なスーツに化粧、バブル一色を踊る、別格切れのいいダンスに笑い。お笑いタレント・平野ノラさんが使う「おったまげ~」「転がしてる?」「しもしも~」言葉を入れた、荻野目洋子さんの『ダンシング・ヒーロー』をBGMに踊る登美丘高等学校「ダンス部」、どうぞ癖になってください。
SOCIALZINEの志水 | 559 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水