2017年10月12日 更新

ドイツ人がお手本「仕事を先延ばしするスキル」がいい|ビジネスの成功はコントロールと時間

多くは、仕事のできる人として「先延ばしにしない方法」が紹介されています。しかし、今回は真逆の「先延ばしにするスキル」が日本人には必要だというものです。お手本となるのはドイツ人。「時間厳守がすべてだ」という格言があるドイツは、時間には厳しい民族。しかし、そんな国が日本とは逆「キーワードは、コントロールと時間」。このスキルを実行できれば、ビジネスの成果を上げられるかもしれませんね。

120 view お気に入り 0
ドイツには「Pünktlichkeit ist alles(時間厳守がすべてだ)」という格言があるぐらい、時間には厳しい民族です。その割には、電車は定刻どおりに来ませんし、郵便物もいつ届くのかわからないのが謎ではありますが……。
Free photo: Time, Clock, Alarm Clock, Time Of - Free Image on Pixabay - 2825967 (57011)

冒頭を読んで、どう感じるでしょうか。
素直に、「わけが分かりません」ですね。結局、ドイツの方は“時間にルーズ”なのかとも思ってしまいますが、「あれ?」そうではなさそうなのです。時間といえば、人の評価が決まってしまうといっても過言ではない「ビジネスの場」
たとえば、「9時集合」と言われたら、日本人とドイツ人は同じように9時5分前に来ています。時間厳守という点において日独は価値観を共有しているようです。

ただ、時間管理に関して、ドイツと日本の“違い”があるのです。

日本人の残念なところは「時間の使い方」と言われることが、ここにあるのかもしれません。
Free photo: Time, Clock, Watches, Time Of - Free Image on Pixabay - 2798567 (57012)

数々の「先延ばしにしない方法」がでています。今回は正反対のタイトルである「先延ばしにするスキル」ですが、どちらも正しい方法だったことが最後に分かるようです。

私たちは「何を中心」に考えて“まわしていた”のか、ここに気が付いていないから、どっちも上手くいかないのかもしれませんね。

「先延ばしのスキル」をドイツの人から学びませんか

「コントロールするもの」

西嶋教授は、たまたまドイツ人留学生と日本人学生が総選挙について話しているのを聞いたことがあるそうです。
ドイツ人の留学生から「昨日の総選挙には行ったの?」と聞かれて、「忙しかったから行かなかった」と日本人の学生が答えると、「『忙しかった』というけど、それはかなり前からわかっていたことじゃないの?」とドイツ人に言われて、日本人は何も答えられなかったそうです。
Free photo: Time, Man, Jump, Alarm Clock - Free Image on Pixabay - 2743994 (57016)

ここで、すでに「ハッ」とする方もいらっしゃらないでしょうか。どちらかといえば、日本におけるビジネスパーソンは「忙しい」を枕詞のように使っている日常用語。
「忙しかったから、できなかった」は日本人がよく使う言い訳です。日本ではそう言われたら、「それなら仕方ないね」で済ませますが、ドイツでこの言い訳を使っても通用しません。
なぜなら、ドイツ人は自分で時間を管理するのは当たり前だと考えているからです。

コントロールするのは「時間」なのです

Free photo: Time, Clock, Time Of, Pay, Twelve - Free Image on Pixabay - 2829522 (57013)

58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症を防ぐには「1人酒」を避ける!? 専門医が指摘する要注意サインとは?

アルコール依存症は国内で5万人が治療を受けています。治療を受けていない人を含めると、かなり多くの人がアルコール無しではいられない身体になっているのかもしれません。薬物治療を専門にする医師が傾向する「1人酒」。お酒との付き合い方をきちんとできていますか?
鈴木康平 | 56 view
ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

ボランティアを始めたい! 「最初の一歩」はどう踏み出せばいいのか?

時間やお金に余裕がでたら人間は誰かのために行動を起こしたくなるのかもしれません。それは大学生などの学生かもしれませんし、社会人や主婦、シニア世代という事もあるでしょう。ボランティアを始めるのは人間的に素晴らしいですが、「何からスタートすればいいの?」と迷ってしまう人も多いでしょう。そんなボランティアの始め方を紹介します。
鈴木康平 | 32 view
結婚式の新郎も代理サービスを使う今時の若者! 本当の結婚相手を隠した家族に未来はあるのか?

結婚式の新郎も代理サービスを使う今時の若者! 本当の結婚相手を隠した家族に未来はあるのか?

結婚式を巡った新しいサービスが存在します。その1つが「代理サービス」。友人や職場の同僚を演じ、人間関係に乏しい人に向けた新しいサービスです。友達が少ないけど、家族や親戚に向けて仕方がない・・・そんな部分がありますが、今時は新郎役も代理サービスが演じるようです。
鈴木康平 | 39 view
スニーカー通勤を国は推奨するけれど・・・ビジネスマナーで会社が許すと思えない!!

スニーカー通勤を国は推奨するけれど・・・ビジネスマナーで会社が許すと思えない!!

ビジネスマンにとって通勤靴は革靴なのは昔からの定番。しかし、スポーツ庁は歩きやすさや運動不足解消を目指し、革靴ではなくスニーカーでの通勤を推奨しています。たしかに革靴より歩きやすいスニーカーですが、ビジネスマナー的に会社や上司が許してくれるのでしょうか?
鈴木康平 | 64 view
人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

心理学者の話によると、5人に1人はほぼ毎日“腹の立つ”ことがあると答えていたといいます。誰が見ても特別に嫌なことをするわけではなく、なぜか分からないけど「イラっ」とさせる人がいるのです。気が付かない間に、相手の空間に不快な空気がながれる「口癖」があるかもしれません。人をイラッとさせる用語を3つご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部の志水 SOCIALZINE編集部の志水