2018年7月23日 更新

都内で”40度超え”の「大暑」・・「日傘男子」や「日傘デビュー」とSNSで報告する男性が話題

一年で最も暑さが厳しいとされる「大暑」の7月23日、日本列島は、引き続き広い範囲で高気圧に覆われ、都内で”40度超え”が観測されるなど、全国でこの夏一番の暑さが報告されました。今年はそのような”酷暑”対策として「日傘男子」や「日傘デビューした」とSNSで報告する男性が話題に上がり、ネット上の関心も高まっているようです。さらに、熱中症の被害を減らすにはどうすれば良いか?救急医のアドバイスもまとめます

114 view お気に入り 0

「大暑」の23日・・全国この夏一番の暑さ

一年で最も暑さが厳しいとされる「大暑」の23日、日本列島は引き続き広い範囲で高気圧に覆われ、午後1時29分に東京都青梅市で40.8度を観測した。都内で40度を超えるのは観測史上初めてで、全国でこの夏一番の暑さとなった。
 (90952)

このほか、午後1時までに岐阜県多治見市で40.5度、埼玉県熊谷市で40.1度を観測するなど、各地で猛烈な暑さとなった。
気象庁によると、太平洋高気圧の上にチベット高気圧が重なり、気温が高い状態が続いている。この暑さは8月上旬にかけて続くとみられ、同庁天気相談所は「無用な外出は避け、熱中症対策を心がけてほしい」としている。
 (90953)

このように、一部地域でもなんと「最高気温40度超え」を記録するなど、厳しい”猛暑”に見舞われる日本列島。
猛暑が続き、メディアが連日、「命に関わる危険な暑さ」を伝えて注意を呼び掛けている。熱中症による死者も出て、病院に搬送される人が続出している。
 (90954)

前述のように、子供の熱中症の心配も尽きないところですが・・・
外出を控えるとは言っても、全く外出しないというのも出来ませんよね。
そこで、外出時に気を付けたい「熱中症対策」についてまとめていきます。
熱中症で命を落とすということは絶対にあってはならないこと。エアコンの設置など、対策が講じられる必要があることは間違いないのではないだろうか。

熱中症とは

ーまず「熱中症」とは、どのような症状のことでしょうか。
救急医の志賀隆さん(国際医療福祉大学准教授)がハフポスト日本版のインタビューに答えました。
外の気温が高い場合や運動にて熱が産生された場合、普通は体から汗が出ることで体温が下げるのですが、暑さなどでそのバランスが崩れ、どんどん体の温度が上がってしまい、熱中症になります。
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「フレッシュネスバーガー」没メニューから”激ウマ”一品、ダレトク復活!人気Best3も振り返り

「フレッシュネスバーガー」没メニューから”激ウマ”一品、ダレトク復活!人気Best3も振り返り

5日放送の「有吉弘行のダレトク!?」の「没メニューレストラン」企画がSNS上で話題に。この企画は商品開発者の力作であっても、何等かの理由で、惜しくも却下された「没メニュー」を紹介し、有吉さんやゲストに試食してもらい、選ばれた1品を実際に販売するというもの。今回は「フレッシュネスバーガー」が参戦!一番美味しい没メニューを期間限定で販売してもらうことに!そんなフレッシュネスの人気ベスト3もご紹介します
「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

「ロフト」バレンタインCM騒動・・女の友情、表面上は”ズッ友” 裏では”薄情”?SNSで賛否

生活雑貨ストア「ロフト」が、1月より展開してきたバレンタイン広告にある騒動が・・。「女の子って楽しい」とのコンセプトながら、ウェブCMでは登場する女性らが実は”不仲”と示唆するシーンが多数登場。動画をめぐりSNSで「女性蔑視を感じて不愉快」などと疑問視する声が上がり、ロフトは、その後広告を取り下げました。しかし、この風刺的なCMを楽しいと思った人もいたようです。そんな今回の騒動について振り返ります
開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

開催間近!音楽の祭典「グラミー賞」今年のテーマは“多様性” いま最注目アーティスト・楽曲は?

世界最高峰!音楽の祭典「グラミー賞」が間近に迫っています。第61回(2019年)となる今回の授賞式は、2月10日、日本時間11日に開催。近年のアメリカで重要視されているのが“Diversity(多様性)”というテーマ。グラミー賞にも大きな影響を及ぼし、今回は幾つかの変更点が生じています。グラミー賞主要4部門を中心に、今最も注目アーティストや楽曲などをチェックして、来る授賞式を楽しみにしていましょう
SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

SNSで大反響!センター試験のキャラが「頭から離れない」アレンジされた”二次的創作品”続々

19日に全国開催された2019年度「大学入試センター試験」で英語のリスニング問題に登場した”キャラクター”がSNSで話題になっています。そのキャラは、問題ページを開けてすぐの第1問に登場。あまりにユニークなイラストに、受験生の反応は?瞬く間にネットで拡散され一部で「リスニング四天王」と呼ばれ始めています。さらに現在、このキャラを使ったイラストや動画など、二次創作が次々に生まれているのでご紹介します
Netflix映画「バード・ボックス」”異常な”社会問題に!SNSに相次ぐ危険投稿に制作側が注意喚起

Netflix映画「バード・ボックス」”異常な”社会問題に!SNSに相次ぐ危険投稿に制作側が注意喚起

昨年末より全世界配信となったNetflixの「Bird Box」。同作はリリース後1週間で視聴アカウント数が4500万を超えるほど話題のサバイバル・スリラー映画。そして、ネットを中心に映画の枠を超えた”社会現象”に。同作を真似て、目隠しをし、室内外を歩き回る「バード・ボックス・チャレンジ」と呼ばれる行為がSNS上で広まり、制作側は危険な行為をやめるよう呼びかけたほど。そのストーリーや真相に迫ります

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事