2017年4月21日 更新

ゆりやんレトリィバァ、幼なじみのイケメン竜星涼に思わず胸キュン!「恋する肌キュンmovie」公開|8つの”胸キュン”シーンが見どころ

4月17日にオープンしたロート製薬の『恋する肌キュン』スペシャルサイトにお笑い芸人・ゆりやんレトリィバァが登場しています。このサイトは化粧水ブランドのPR用に制作されたもの。ゆりやんと俳優・竜星涼が幼馴染みの高校生という設定で8つの“胸キュン”シーンを繰り広げる動画スペシャルサイトです。2人が繰り広げる胸キュン動画が公開。お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんが恋する姿とダンスシーンにも注目です!

330 view お気に入り 0
新学期が始まり、新しいクラスや友達とも馴染んで楽しい日々。
そこに恋が訪れたら、世界が輝いて見えるほど毎日HAPPYになるのでは?
そんな夢のような学生生活を、お笑いタレント・ゆりやんレトリィバァと俳優・竜星涼が出演するロート製薬の化粧水「肌ラボ 極潤」のウェブ動画「恋する肌キュンmovie」が、スペシャルサイトで公開されました。

恋する肌キュンmovie(フルバージョン)

幼なじみのゆりやんとイケメン竜星くん。
思わせぶりな彼の仕草の数々に、キュンキュンしちゃう女子高生ゆりやんのムービー。
果たして、ゆりやんの恋は叶うのか…!?
ゆりやんのダンスシーンも必見!
高校を舞台に描かれる青春ラブストーリーで、ゆりやんは女子高生役、竜星は同じクラスメートの幼なじみ役として登場。
竜星の思わせぶりな態度やしぐさに、ゆりやんが思わずキュンとしてしまう内容になっています。
 (17737)

ゆりやんレトリィバァ(1990年11月1日生まれ)日本の女性ピン芸人。

2012年4月、関西大学文学部4回生の時、大阪NSC35期生として入学。その後2013年2月に行われた「NSC大ライブ2013」にて優勝をし、NSCを首席で卒業。

芸種は漫談、1人コント。音楽に合わせて踊りながら繰り出すネタも多く、踊りながら「落ち着いて行きやー」などと言ってテンパった時の対処法などアドバイスをするなどのネタを展開しています。

竜星涼のイケメン仕草に胸キュン

自分の気持ちに戸惑いつつも、目線の先にはいつも彼…。彼は自分の恋心に気づくことなく、至近距離に寄ってきたり、間接キスしたり、さりげないことすべてがときめきにつながります。
 (17732)

竜星 涼(りゅうせい りょう、1993年3月24日生まれ )

竜星さんは2010年にドラマデビュー、2013年に「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウレッド/桐生ダイゴ役に抜擢され、その後「GTO」、「ごめんね青春!」、映画「orange」などに出演してきた注目の若手俳優。183cmの長身を活かし、2年連続パリコレ出演も果たしています。NHKの「ひよっこ」にも出演しています。今回演じる綿引正義は、その爽やかなルックスからみね子が働く工場の女子工員たちをとりこにしてしまう役どころとあって、今作を機にまた大きな飛躍が期待されています。

8つの”胸キュン”シーンが見どころ

うっとりするゆりやんさんの素朴で可愛らしいリアクションをはじめ、幼馴染を虜にする竜星さんの爽やかなイケメンぶりは見どころです。
「何聴いてんの?」と近付いてきて、ゆりやんのイヤホンを勝手に自分の耳につける彼。
 (17733)

「恋する肌キュンmovie」のワンシーン。
ゆりやんの頭や肩についたチョークの粉をやさしく払ってくれて、じゃれ合ってみたり。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブルゾンちえみ、スケート界に「細胞レベル」でツッコミ ピン芸人なら「ナベプロ」が代名詞?

ブルゾンちえみ、スケート界に「細胞レベル」でツッコミ ピン芸人なら「ナベプロ」が代名詞?

フィギュアスケーターの織田信成が自身のツイッターにブレーク中のお笑い芸人“ブルゾンちえみ with B”風の写真を投稿し話題となっています。荒川静香とプルシェンコとの豪華3ショットに、本家本元のブルゾン本人もコメントしました。そんな、社会現象を呼んでいるブルゾンも所属し、今やバラエティ番組では欠かせない存在の「ナベプロ」のピン芸人がブレイクし”一発屋”に終わらず息の長い活躍を見せているのでしょうか?
月8件の仕事で月収280万円!最近見ない”あの芸人”の驚きの収入源

月8件の仕事で月収280万円!最近見ない”あの芸人”の驚きの収入源

今ではTVではほとんど見かけないものの、今や、結婚式や企業営業で「◯◯始めました!」のオリジナルソングが人気で“営業では超売れっ子”というAMEMIYAさんに密着し、その活躍ぶりをご紹介。ピン芸人として大ヒットしたものの、近年はテレビでもほとんど見ることはなく「一発屋芸人」の扱いを受けていた彼。ですが、最近もしっかりと稼いでおりオファーが絶えないことを報告しました。彼のそんな人気の秘密にせまります
アニメ「ドラゴンボール超」82話のトッポが完全に”あのピン芸”に似てる!と話題に|「ナベプロ」ピン芸人の強みを分析

アニメ「ドラゴンボール超」82話のトッポが完全に”あのピン芸”に似てる!と話題に|「ナベプロ」ピン芸人の強みを分析

「宇宙サバイバル編」に入って作画の素晴らしさが絶賛されているアニメ「ドラゴンボール超」の82話が3月19日に放送されました。ある登場キャラがあの話題の”ピン芸人”に似ているとネットで反響を呼びました。最近、そんな「ピン芸人」の活躍をよく目にするようになりました。人気を博している彼らが所属するのは一様に「ワタナベエンターテインメント」そんな「ナベプロ」には育成方針にこだわりがあるようです。続々とスターダムに駆け上がる“ナベプロピン芸人”の強みはどこにあるのでしょうか?その秘密に迫ってみましょう!
ピン芸人No.1決定戦「R-1ぐらんぷり2017」準決勝開催|“ひとり芸日本一”決勝戦へ進出する9人決定!史上最多の女性4人ファイナリストは?

ピン芸人No.1決定戦「R-1ぐらんぷり2017」準決勝開催|“ひとり芸日本一”決勝戦へ進出する9人決定!史上最多の女性4人ファイナリストは?

“ピン芸人No.1”を決定する『R-1ぐらんぷり2017』の準決勝が20日、東京・メルパルクホールで開催されました。「史上最多の女性4人」が決勝進出ということで話題を呼んでいます。 同大会で女性芸人が優勝したのは2002年に開催された第1回のだいたひかるさんのみ。会見では女性芸人が思い思いの意気込みを語りました。また、プロアマ問わず一人芸の面白さだけで競う今大会には、史上最多となる3792名がエントリーしました。賞金500万円を賭けた最終決戦。優勝を手にするのは一体誰なのか?・・期待が高まります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん