2017年6月26日 更新

尼神インター、東京進出で”覚悟と涙”の日々を告白!意外な素顔に迫る

この春に大阪から東京に引っ越してきた、お笑いコンビ・尼神インターの誠子と渚。8日放送の「深イイしゃべくり毒舌合体SP」でVTR出演したときに東京進出への覚悟や相方への想いを語ってくれました。現在バラエティー番組で引っ張りだことなっている渚。「お笑いとして違うと思ったことがない」と最高の信頼を寄せる相方、誠子から持ち掛けられ東京進出を決めたといいますが、早くもホームシックにかかっている様子です。

3,102 view お気に入り 0
8日放送の『深イイしゃべくり毒舌合体SP』(日本テレビ)にお笑いコンビ・尼神インターの渚がVTR出演。

東京進出への覚悟や相方への想いを語ってくれました。
 (23526)

尼神インター(あまこうインター)左から誠子と渚。コンビ名“尼神”は2人の出身地“尼崎”と“神戸”の頭文字を取っている。

2007年9月結成。誠子が中国人とのコンビで活動していた頃、渚に「あいつとは別れろや」と言われたことで誠子がグッと来たことがきっかけ。渚は誠子を相方に選んだ理由として「500-600人も居る同期の中で、自分の中では不細工な誠子が輝いて見えた」と言い、誠子は「見た目がヤンキーなので断れなかった」と話している。

芸風は基本的に漫才を行っているが、コントも行うこともある。(ウィキペディアより)
この春にコンビで東京進出を果たし、現在バラエティー番組で引っ張りだことなっている2人。
「お笑いとして違うと思ったことがない」と最高の信頼を寄せる相方、誠子から持ち掛けられ東京進出を決めたというが、早くもホームシックにかかっているのだそう。
 (23568)

渚は、32歳にして初めて実家を出たようで
「静かやったら気が変になりそうになる」と毎晩家でテレビを垂れ流しながらビールを飲んでいるらしく「涙でてましたよ。寂しすぎて」と思わず「(大阪)に帰りたい」と口にしてしまうほど。
ホームシックにかかっていることも告白し、毎日、母親とメールをやり取りしていると打ち明け、「帰りたい」とこぼしていました。
見た目に関わらず(?)とてもネガティブな一面が写されていました。
 (23570)

一方、誠子は東京の名所を観光するなど、早くも東京暮らしを満喫している様子でした。
大阪時代には長年付き合っていた彼氏がいたという渚ですが、結婚と芸人の両立の難しさや
「相手の人の(待たせている)時間がもったいない」という思いから彼氏と別れ、並々ならぬ覚悟で芸人の道に挑んだことも明かされ、余計に東京での孤独が骨身にしみている様子。
 (23576)

尼神インター・渚「神戸空港は私が建てたんです」

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ダウンタウン浜田に“激似”の「男梅蔵」とCM共演?”ノーリアクション王決定戦”が発端

ダウンタウン浜田に“激似”の「男梅蔵」とCM共演?”ノーリアクション王決定戦”が発端

松本は浜田に黙って、キャンディーやグミなどの「男梅」(ノーベル製菓)シリーズのキャラクター“男梅蔵”とのCM共演を企画したことを暴露する。CMは「滝修行篇」などでおなじみ。そんな中、CMキャラクターとの共演を勝手にオファーされていたことが発覚しました。きっかけは6月25日放送の「ノーリアクション王決定戦」。リアクションを我慢する浜田の顔が「どう見ても『男梅』にしか見えない」と盛り上がり、今回、番組側からノーベル製菓にオファーを出した。
「ダウンタウン」が生み出してきた新語。笑いの癖でコンビの相性を検証

「ダウンタウン」が生み出してきた新語。笑いの癖でコンビの相性を検証

デビューから35年も経った今なお、若手芸人にとってあこがれの存在「ダウンタウン」。現存している言葉をアレンジして、「新語」として誕生させてしまう技をもっている松本人志さん。皆さんもどれか一度は聞いたことのある「新語」について振り返ってみましょう!20日に放送された日に放送された日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演した際には、笑う時のクセの違いから、専門家により「ダウンタウン」は、コンビとしての相性が「かなりいい」と診断される一幕がありました。
松本人志、フジに苦言 上原多香子の話題カットに“収録番組”「ワイドナショー」は限界か?

松本人志、フジに苦言 上原多香子の話題カットに“収録番組”「ワイドナショー」は限界か?

ダウンタウンの松本人志さんが8月20日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ)に出演。元SPEEDの上原多香子さんの不倫疑惑のニュース収録分が、番組側の事情でカットされていたことを明かしました。事の発端は松本さんのtwitter。ネット上では、同番組の上原さんの件かと推測されていました。番組では、このツイートを紹介し、上原さんの収録分がカットされていた事実を説明。続いて、松本さんが一連の経緯を明かしました
「ギャラクシー月間賞」にダウンタウンとバカリズム「作家芸人」人気の秘密

「ギャラクシー月間賞」にダウンタウンとバカリズム「作家芸人」人気の秘密

ギャラクシー賞の6月度月間賞が発表されました。今回、注目されたのが、6月7日に放送された「水曜日のダウンタウン」とお笑いタレントバカリズムが脚本・主演を務めた「架空OL日記」でした。今や、ドラマの脚本を書いているバカリズムさんをはじめ、”作家型芸人”の活躍に期待が寄せられています。それには、芸人の「ストーリーを作る力」と、どんなジャンルの物語を作る際にも、求められる”ある素養”が関係しているようです
松本人志「今度あったら降板」 宮崎駿監督の引退発言 ”誤報”問題

松本人志「今度あったら降板」 宮崎駿監督の引退発言 ”誤報”問題

ダウンタウンの松本人志さんが4日放送の「ワイドナショー」に出演し、前週に放送された同番組でスタジオジブリ・宮崎駿監督の「架空」の引退宣言集を紹介したことをめぐり、次に同じ問題が起きた場合は番組を降板すると宣言しました。これは、宮崎監督が何度も引退を繰り返した歴史があると紹介し、引退宣言集として一覧にまとめたものの「ネタツイート」からの引用だったと発覚。この騒動を受けいろんな意見が飛び交いました

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん