2017年6月7日 更新

Uber(ウーバー)は本当に安全なのか? タクシー業界震撼の新サービスは個人情報の危機がある!?

アメリカからスタートし、世界中に広がったタクシーサービスのUber(ウーバー)。高級車が自宅や会社などに迎えに来てくれる新しいサービスですが、個人情報の部分で不安があります。Uber(ウーバー)は本当に安全なのか?それとも危険なのか?

234 view お気に入り 0

●Uber(ウーバー)には個人情報漏洩の心配がないのか?

アメリカから始まり、世界中に広まっている新しいサービス。
それがUber(ウーバー)です。

事前にメールで連絡しておけば、自宅や会社の前に高級車が迎えてに来てくれる。
タクシーに似ていますが、高級感や手軽さで人気を集めています。

試験的に日本でも導入が検討されているUber(ウーバー)。
便利な部分がメディアでクローズアップされていますが、個人情報の部分で心配はないのでしょうか?
Free photo: Auto, Sports Car, Luxury - Free Image on Pixabay - 2209439 (28471)

Uberは米国の生活では欠かせない「足」として定着しました。移動手段の中で、運行頻度の低いバスや鉄道以上の優先順位でUberを思い浮かべるほどになっています。しかし、そのUberを利用する上で、日本の皆さんも含めて、注意が必要な事案が発生しています。
 米配車アプリ大手のウーバーテクノロジーズは26日、日本で初めて一般の運転手が客を有料で同乗させる事業を京都府京丹後市で始めた。乗車できるのは一部地域に制限され、運転手や車両は国に登録が必要で、がんじがらめのスタートだ。
回転ずし店「スシロー」を運営するスシローグローバルホールディングスは5日から出前を始める。米ウーバーテクノロジーズと楽天の宅配サービスを使い、単身のシニアや働く女性などの需要開拓につなげる。
Free illustration: Browser, Web, Www, Computer - Free Image on Pixabay - 773215 (28475)

アメリカでは一般的になっているUber(ウーバー)。
生活の足としたタクシーと同じくらい欠かせないモノになっています。

これからどこに移動しようか?
日本人は車やバスなどを思い浮かべますが、アメリカ人はUber(ウーバー)も選択肢の1つとしてカウントする人が多いようです。
Uberは、1つのアカウントでログインできるデバイスは1台だけであるため、Uberのサーバのアカウント情報がハッキングされ、改ざんやデータ漏洩などが発生した可能性が高いと言えます。
わずか1年前、アメリカの配車サービス大手ウーバーはまるで万能の魔法使いのようにIT業界に君臨していた。だが化けの皮が剥がれた最近のイメージといえば、狂ったように車のレバーを引く不機嫌な酔っ払いのようなCEOが、救いを求める従業員に向かって拳をふるうような粗暴さだ。
1週間後、トラニス・カラニックCEOがウーバーの運転手を罵倒するビデオが公開された。ウーバーが運賃を下げ続けるせいで収入が減ったと、運転手は不満を訴えた。「あなたのせいで私は破産だ」と言われたカラニックは激昂し、運転手をののしった。
Free photo: Money Laundering, Crime Fighting - Free Image on Pixabay - 1963184 (28480)

戦略面では、次々に新しいことに手を出し過ぎたようだ。配食サービス「UberEats(ウーバーイーツ)」で、中東風のコロッケを頼んだ人が何人いるだろう? 自動運転車のオットーを買収した翌月には、NASA(米航空宇宙局)の科学者を雇い入れて「空飛ぶ車」を開発すると宣言した。
時間を稼ぐにしても、救ってくれる忠実な顧客層はいない。顧客はウーバーでなければならない、というこだわりを持っていないからだ。ウーバーには得意客への割引制度も支持すべき社会的な価値もない。
配車サービス大手のウーバーテクノロジーズに入社すると、社員は14の社のコアバリューに同意するよう求められる。大きな賭けに出る、顧客に集中する、つねにがむしゃらに働くといったものだ。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アリさんマークの引越し社は報復人事!? 営業職からシュレッター係へ異動・・・そして懲戒解雇!! 和解は成立したが・・・

アリさんマークの引越し社は報復人事!? 営業職からシュレッター係へ異動・・・そして懲戒解雇!! 和解は成立したが・・・

アリさんマークの引越し社として有名な「引越社関東」。当時、営業職だった男性は長期労働や残業未払いを会社に要求。しかし、要求が通るどころか報復人事として営業職からシュレッター係へ異動。さらに懲戒解雇の処分となりました。和解への動きは進んでいますが、本当に報復人事はなかったと言えるのでしょうか?
鈴木康平 | 154 view
コンビニ「年収300万円社員」はフリーターやニート救済となるか? 正社員というブラック体質への誘導!?

コンビニ「年収300万円社員」はフリーターやニート救済となるか? 正社員というブラック体質への誘導!?

コンビニの人手不足、フリーターやニートへの救済。大手コンビニチェーン店のファミリーマートがアルバイトを正社員にする試みを公にしました。一見すると魅力的ですが年収は300万円。サービス業に加え、24時間営業で様々な業務があるコンビニの正規雇用。これは高い年収といえるのでしょうか?
鈴木康平 | 1,059 view
最近のテレビ番組はなぜつまらないのか? ニーズを重視して視聴率主義に入ったらどうなるか?

最近のテレビ番組はなぜつまらないのか? ニーズを重視して視聴率主義に入ったらどうなるか?

最近のテレビは似たような番組が多くなっている。そう感じている視聴者は多いようです。 バラエティはどれも似たようなモノばかり。クイズや健康ばかりがテレビ欄を埋め尽くし、旅番組をやれば似たようなシチュエーションばかり。なぜ最近のテレビは独自性がなくなり、つまらなくなったのでしょう?
鈴木康平 | 10,610 view
Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

インターネット通販サイト大手のAmazonの「当日配送サービス」から宅配最大手のヤマト運輸が撤退を検討している事がわかりました。理由は人手不足が主。夜間配送も増え、従業員の負担を考えるとサービスを継続するのは難しいようです。私たちの生活にどう影響するのでしょうか?
鈴木康平 | 75 view
2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

2017年のブラック企業大賞が続々発表される! NHKやヤマト運輸などノミネート企業の言い分は?

従業員に精神面や身体的な負担を与え、労働環境やノルマ、就業規則などを改善しない「ブラック企業」。会社員のうつ病など精神面での不安、離職率など大きな問題になっています。日本に数あるブラック企業の中でも特に有名、さらに過労死などの問題を起こした「ブラック企業大賞2017」が発表されました。
鈴木康平 | 1,677 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平