2018年9月28日 更新

社会現象を巻き起こすようなドラマが誕生するかも?2018年「秋ドラマ」期待度ランキング発表

今年も夏ドラマも終了し、10月に入ると次は「秋ドラマ」の放送がスタートします。放送開始前の段階で視聴者は、どんなドラマに関心を示しているのでしょうか?アンケート調査の結果、上位5位までのランキングをご紹介します。また気になる主題歌や挿入歌を担当するアーティストも続々と発表されているので要チェック!秋は、気候的にもヒットの条件が揃っているそうです。また社会現象を巻き起こすようなドラマが誕生するかも?

124 view お気に入り 0

2018秋ドラマ期待度ランキング

今年も夏ドラマも終了し、10月に入ると次は秋ドラマの放送がスタートします。

平成最後の秋ドラマ・・放送開始前の段階で、視聴者は、どんなドラマに関心を示しているのでしょうか?
 (96608)

「マイナビニュース」を基で4,175人を対象に、秋の民放連続ドラマの中で「最も期待する作品」をアンケート調査の結果、上位5位までのランキングをご紹介します。

5位『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

5位には、米倉涼子さん×テレ朝木曜21時ドラマの新作『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)がランクイン。※10月11日(木)21:00〜よりスタート。
「リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~」はテレビ朝日の木曜21時枠で大ヒットシリーズ「ドクターX」の主演を務めてきた米倉涼子が、同枠で6年ぶりの新作として主演する作品。
 (96606)

弁護士資格を剥奪された主人公の小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)が、訳ありの弁護士やパラリーガルを集めて法律事務所を設立し、どんなに不利な訴訟でも勝利を手にするため突き進んでいく様子を描く。

主題歌にSEKAI NO OWARI

SEKAI NO OWARIが、同ドラマの主題歌として新曲「イルミネーション」を書き下ろしたことが発表されました。
 (96570)

SEKAI NO OWARI
▼SEKAI NO OWARIからのコメント
今回、ドラマのお話を頂き、炎で燃やされても残ることが出来るくらいの強さと、色んな意見を聞いて決断するという優しさ、
その選択を後押し出来る曲にできたらと思いこの歌を作りました。いろんな人のいろんな瞬間や景色に重なり合う歌になってもらえたら嬉しいです。
73 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

2018年7月クールドラマの全体的な”特色”は?”美男美女”が主役と話題のドラマ「5作品」を紹介

2018年7月クールドラマの全体的な”特色”は?”美男美女”が主役と話題のドラマ「5作品」を紹介

2018年7月より夏の新ドラマが、続々と放送スタートします。今回クールドラマの全体的な”特色”は、どのような感じでしょうか?今期は、人気原作のドラマ化など、注目作が多数ラインナップしている他、放送前から早くも期待が高まっているのは、各局「若手俳優」を抜てきしたドラマが目立つ傾向に。その若手俳優、しかも”美男美女”が主演のドラマに焦点を当てて、7月スタートのドラマ「5作品」をピックアップしていきます
竹内涼真「キャンプ」企画で”セクシーすぎる”サービスショット&「理想の女性像」を初公開!

竹内涼真「キャンプ」企画で”セクシーすぎる”サービスショット&「理想の女性像」を初公開!

俳優・竹内涼真が、8月13、14日放送「スッキリ」でMCの加藤浩次、お笑いコンビ・バイきんぐの西村らと「はじめてのキャンプ」企画に挑戦!竹内さんが、お風呂に入浴する様子が映し出されると、あまりのセクシーさに女性ファンも悶絶!創作料理対決で、罰ゲームに「恥ずかしい映像を公開」されたのは?また、今年の正月に公開した”独特の画力”から「画伯」とイジられがちな竹内さんが「理想の女性像」を描き、大きな反響が
新垣結衣&松田龍平の連ドラ”W主演”「逃げ恥」脚本家と4度めタッグ!今作の期待度が高い理由

新垣結衣&松田龍平の連ドラ”W主演”「逃げ恥」脚本家と4度めタッグ!今作の期待度が高い理由

女優の新垣結衣と俳優の松田龍平が10月スタートの連ドラ「獣になれない私たち」にW主演することがわかりました。2年前に新垣&星野源のW主演による大ヒットドラマ「逃げ恥」の脚本担当者が新ドラマでも脚本を手がけるとあり、期待が高まっているようです。松田さんとは、新垣さん初主演映画「恋するマドリ」(07年)以来、11年ぶりの共演。気になる今作のストーリーや、あの作品で大ブレイクを果たした俳優の共演も発表!
土屋太鳳と芳根京子がW主演「累-かさね-」スイス映画祭で受賞!欲望むき出し”愛憎劇”に反響

土屋太鳳と芳根京子がW主演「累-かさね-」スイス映画祭で受賞!欲望むき出し”愛憎劇”に反響

土屋太鳳と芳根京子がW主演を務める「累-かさね-」(9月7日公開)が、スイスで行われた第18回「ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭」のインターナショナルコンペティション部門で「観客賞」を受賞!松浦だるまの同名マンガを原作にした“ダークシンデレラストーリー”で、先日、最新予告映像も解禁されました。欲望むき出しの”愛憎劇”が展開される欲望が渦巻く数々の場面に、期待高まる大反響が巻き起こっています
平成の若手俳優ブレークの”登竜門”「仮面ライダー」制作陣が語る新人発掘と育成の裏側

平成の若手俳優ブレークの”登竜門”「仮面ライダー」制作陣が語る新人発掘と育成の裏側

昭和から始まった特撮ヒーロー番組「仮面ライダー」。初代からのコアなファンや、平成に入ってからは、親子二世代にわたり人気を博し、いつのまにか今をときめく人気俳優の“登竜門”と呼ばれるように。たしかに、2000年代以降「仮面ライダー」出身の俳優たちは”快進撃”を続けています。そんな多くの“売れっ子俳優”の素質を見抜いてきたプロデューサーのコメントから、ライダー俳優の人気を呼ぶ”秘密”を探ってみましょう

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん