2017年1月18日 更新

生活保護「なめんな!」のジャンパーを着る 神奈川県小田原市職員が問題行動を起こす

人間として最低限を送るために働けないなど事情がある人に支給される生活保護。その生活保護を担当する職員らが「保護なめんな」などの文字をプリントアウトしたジャンパーを着用し、話題を呼んでいる。

133 view お気に入り 0

●「生活保護なめんな」のジャンパーを着た市職員

Free photo: Euro, Currency, Money, Finance - Free Image on Pixabay - 163475 (2011)

神奈川県小田原市の生活保護を担当する職員が「保護なめんな」という過激な言葉が書かれたジャンパーを着用し、普段と同じ職務に当たっていたことがわかりました。
 神奈川県小田原市で平成19年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が、英語で「不正受給はクズだ」などと背面にプリントされたジャンパーを自費で作り、勤務中に着ていたことが分かった。
 神奈川県小田原市で2007年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が「不正受給はクズだ」などの趣旨の英文が背面にプリントされたジャンパーを自費で購入し、一部の職員が勤務中に着ていたことが分かった
ジャンパーはかなり過激な内容が書かれており、「不正を見つけたら追及する」、「私達をダマして利益を得ようとするなら彼らはクズだ!」などの文字が英文で書かれていました。
Free photo: Fire, Flame, Burn, Chair, Wood Fire - Free Image on Pixabay - 175966 (2016)

神奈川県小田原市で平成19年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が、英語で「不正受給はクズだ」などと背面にプリントされたジャンパーをそれぞれ自費で作り、勤務中に着用していたことが分かった。市が17日発表した。
小田原市は今月16日付でジャンパーの使用を禁止し、職員を厳重注意にしました。

●不正受給問題をどう考えるか?

Free photo: Smoothie Drink, Parsley, Kiwi - Free Image on Pixabay - 1966284 (2020)

ジャンパーを作成したほったんは2007年に起きた生活保護の支給を打ち切られた男が市職員にカッターナイフで切り付ける事件が起きたからです。

事件後に不正受給を許さないというメッセージを盛り込んだ、市職員のメンバーたち。
現実に小田原市以外でも生活保護を巡る問題は起きています。
最近、全国の自治体窓口で「はやり」があると聞いた。別々の場所にあった生活保護の受付と職業あっせんの窓口を近接させ、生活保護受給者をまずはハローワークに連れて行く。厚生労働省が旗を振った。
滋賀県警は29日、生活保護費約1300万円を不正に受給したとして、詐欺の疑いで、同県長浜市八幡東町の会社員、中田徹也容疑者(70)と、妻で京都市伏見区向島清水町の無職、道子容疑者(65)を逮捕した。
Free illustration: Skull, Skull And Crossbones, War - Free Image on Pixabay - 682973 (2024)

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

転職は35歳からでも成功します!向いてる人の特徴は?失敗する人の原因は?

転職は35歳からでも成功します!向いてる人の特徴は?失敗する人の原因は?

35歳を過ぎたら転職しなから今の会社にしがみ付くしかない……そう考えるのはもったいないです。転職に成功する人・しない人の特徴をチェックして自分の可能性を信じましょう。
socialzine管理部 | 1,190 view
高齢化が進むフリーター事情 年収100万円の貧しい生活も珍しくない 生活保護などの問題を抱えた高齢フリーターや生活保護受給者の末路は?

高齢化が進むフリーター事情 年収100万円の貧しい生活も珍しくない 生活保護などの問題を抱えた高齢フリーターや生活保護受給者の末路は?

日本人の平均年収は約400万円。しかし、非正規となれば100万円以上がぐっと減らされます。非正規といえば派遣社員などがありますが、フリーターもその1つ。最近は人手不足や景気の上向きで若いフリーターが減っていますが、30歳以上の高齢フリーターが社会問題になっています。
鈴木康平 | 2,293 view
公務員楽すぎと誤解される!?あなたは「タバコ休憩」の時間は許せる? 許せない? 横浜市では年間損失15億円の声も・・・

公務員楽すぎと誤解される!?あなたは「タバコ休憩」の時間は許せる? 許せない? 横浜市では年間損失15億円の声も・・・

職場や公共機関などで減っている「タバコの煙」による副流煙の問題。 しかし、それに代わって問題になるのが「タバコ休憩」の在り方です。 頭を切り替えるのに必要な時間という考えもありますが、吸わない人はサボっているだけに思われるかも・・・
鈴木康平 | 1,064 view
高齢フリーターの末路・・・プライドが高く、公務員試験も落ちた彼らに未来はあるのか?

高齢フリーターの末路・・・プライドが高く、公務員試験も落ちた彼らに未来はあるのか?

アルバイトやパートで生活するフリーター。若者が就職するまでの繋ぎのイメージがありますが、30歳を過ぎても続ける「高齢フリーター」が増えています。政府の対策も見直しを求められています。
socialzine管理部 | 4,674 view
イライラや動けないなどのうつ病には薬だけでなく「TMS」を使ってみてはどうでしょうか?

イライラや動けないなどのうつ病には薬だけでなく「TMS」を使ってみてはどうでしょうか?

精神病の1つである「うつ病」。治療には抗うつ薬の長期的な治療が必要です。しかし、精神薬を使いたくない人、使えない人は別の方法を医師に相談するしかありません。その1つが薬を使わず、うつ病治療ができる「TMS」です。
socialzine管理部 | 311 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平