2018年5月3日 更新

【あっぱれ】ドゥテルテ大統領、慰安婦像撤去を支持!

歯に衣着せぬ物言いと、強硬な姿勢が人気のフィリピン大統領ドゥテルテさん。言い方はどうあれ、言ってることは結構まとも…なんて思っていましたら、それを裏付けるような出来事が起こりました。

51 view お気に入り 0

ドゥテルテ比大統領、慰安婦像撤去を支持「日本を侮辱すべきでない」

 (83711)

2018年4月29日、中国メディアの騰訊網によると、フィリピンの首都マニラのロハス通りに設置された旧日本軍の慰安婦問題を象徴する女性像が撤去されたことについて、ドゥテルテ大統領は「公共の場所への設置は、日本を侮辱するものだ」とし、撤去を支持する意向を示したという。
えっ!?フィリピンにも慰安婦像あったの!?

という驚きはさて置き、さすがドゥテルテ大統領、あっぱれでございます。

確かに戦争を忘れてはならないし、そのこと自体を正当化する必要もないと思う。

しかし、諸々終わって、その責任も果たされた上でなお文句を言うのは違うでしょう。

そういう一般的な常識を、ドゥテルテ大統領は持っていたというわけです。
27日夜に撤去された慰安婦像について、マニラ市の当局者は「中央政府が下水道改良事業のため撤去した」と話していた。
まぁまぁこの辺は建前って感じでしょうね。

なんとなく、大統領の命令でどけました、とか言うと問題になりそうだし、かといって適当な理由すぎても危ない。

なかなか良い言い訳と言えるんではないでしょうか。

後からグチグチ言わない、男の鏡のようなドゥテルテ大統領

 (83712)

昨年12月に設置された慰安婦像をめぐっては、在フィリピン日本大使館が遺憾の意を表明したほか、今年1月にマニラを訪れた野田聖子総務相がドゥテルテ政権に日本政府の立場を伝えていた。
フィリピンメディアによると、ドゥテルテ大統領は29日の記者会見で「日本政府は多くの代償を支払ってきた。賠償は数年前に始まった。日本を侮辱すべきでない」とし、「日本政府は謝罪している。慰安婦問題を繰り返し持ち出すことは、元慰安婦やその子孫に痛みや苦しみをもたらすだけだ」と述べたという。
もうなんていうか正論すぎてぐぅの音も出ませんね。

謝って、それでOKって言ったんだったら、後からとやかく言うんじゃないってことです。

うーん、あっぱれあっぱれ。

あとやっぱり元慰安婦や子孫への配慮ね。これもほんとに素晴らしい。

いつも思ってたんですよ。例えば韓国の慰安婦像の前で、「これ!わたし!」って胸を張って言ってる人っているのかな?って。

そんなわけないですよね。なんであの国ではまるで自慢のようにそれをアピールしてるんでしょうか。

まとめ

Desk Office Window · Free image on Pixabay (83713)

いずれにしても、こういうはっきりすっぱりした外交は、見ていて気持ちが良いですね。

それこそ自国の利益を考えれば、こんなやり方は愚の骨頂なのかもしれないですけど、なんかそういう正義感はどこかに置いておいて、みたいなのはどうしても好きになれません。

どこぞのあの国も、見習ってくれたら良いのに。なんてこっそり思っちゃう、そんな出来事でした。

socialzine最新情報はLINE@からお知らせ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ