2018年1月11日 更新

ロブスターを生きたまま茹でたらダメ!気絶させてから調理を!|スイスの行き過ぎた動物保護規定

海産物の「活け造り」や「踊り食い」といえば、日本で言えば最も贅沢で憧れる食べ方と言えるだろう。新鮮でプリプリ、まさに海産物ならではの強みを直接味わうことができる最強の調理法と言っても過言ではない。しかしこの度、超がつく動物愛護国スイスで、ロブスターの調理法に関して新たな法律が制定されました。

81 view お気に入り 0

超動物愛護国スイス、ロブスターの調理方法に物申す!必ず気絶させてから茹でなさい!

 (72636)

スイス政府は10日、暴れるロブスターを熱湯に放り込む従来の調理法を禁じ、事前に気絶させてから絶命させることを義務づけた。動物保護法の全面的な見直しに伴う措置で3月1日から適用される。
今回の法改正によりロブスターは「死ぬ前に気絶していなければならない」とされた。スイスの公共放送局(RTS)によると、気絶させる方法も電気ショックか機械を使った「脳の破壊」しか認められないという。
最初にこのニュースを聞いた時は「???」となってしまった。

まさかロブスターを生きたまま茹でる調理方法がダメと言われるとは……。

調理方法だけでなく、気絶方法まで指定されているところが地味にすごい。

動物愛護で有名なスイスも、とうとうここまで来たかといった印象だ。

茹でるのはダメ!氷漬けもダメ!……どうやってロブスターを食べれば良いのか

 (72637)

3月から施行されるこれらの規則では、「ロブスターなどの活きた甲殻類は氷や氷水に漬けて輸送してはならない。水中生物は常に自然と同じ環境で保存しなければならない。甲殻類は失神させてから殺さなければならない」と定めている。
調理方法だけならまだしも、輸送方法まで細かく指定しているのがスイスの底力。

こうなるともはや、食べること自体が難しい食材になってしまいそうなものだが……。

でもスイスはこれでいく!と言っているから面白い。

ロブスター保護に至った経緯は?

 (72638)

動物の権利活動家や一部の科学者は、ロブスターやその他の甲殻類は高度な神経系を持っており、生きたまま熱湯でゆでられると激しい痛みを感じると主張している。
北アイルランド・ベルファスト(Belfast)のクイーンズ大学(Queen's University)の研究者らが行った一連の実験で、特定の場所で繰り返し電気ショックを与えられたカニは、たとえそこが隠れ場所に絶好な暗がりだとしても、その場所を避けるようになることが分かった。英科学誌「Journal of Experimental Biology(実験生物学ジャーナル)」に掲載された論文では、これはカニが痛みを感じていることを示唆するものだとされている。
まぁ要は、ロブスターをはじめとした甲殻類は痛みを感じるから、生きたまま調理したら可哀そうだ。

ってことですね。
エルウッド氏は、人間の食料として捕獲または養殖される年間数十億匹のエビやカニは「非常に極端な」扱いを受けていると話す。

「カニははさみをもぎ取られ、生きたまま海へ戻される。ロブスターやエビは、肉となる腹部を残して体の前半分をもぎ取られる。脳や胸部の神経系統は、1時間後でもまだ機能しているのに」
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大晦日の風物詩「除夜の鐘」に騒音苦情|取り払うべきはどちらの煩悩か…

大晦日の風物詩「除夜の鐘」に騒音苦情|取り払うべきはどちらの煩悩か…

大晦日の風物詩と言えば除夜の鐘。ゆく年の煩悩を取り払うのを目的として行われるこの恒例行事が存続の危機に立たされている。「音がうるさい」と近隣住民の苦情などで自粛するケースが相次いでいるというのだ。
山岡ソースケ | 18 view
自転車に乗る時は気をつけよう|知らずにやってる法律違反

自転車に乗る時は気をつけよう|知らずにやってる法律違反

自転車に乗る際、無意識やってしまってしまっているその行動…もしからした罰金刑かもしれません。
山岡ソースケ | 70 view
今、焼き芋が空前の大ブーム!|おすすめの芋と調理方法

今、焼き芋が空前の大ブーム!|おすすめの芋と調理方法

冬の足音が近づき、日々寒さが厳しくなっていく今日この頃。寒くなるとどうしても食べたくなるのが“焼き芋”だ。日本人の焼き芋好きはある意味DNAに刻まれているのではないだろうか、とも思える。そして今、その焼き芋が空前の大ブームになっているらしい。おすすめの芋と調理方法をご紹介します。
山岡ソースケ | 78 view
公的文書の「黒か青のボールペンで…」|ほんとに青でもOK?その理由とは

公的文書の「黒か青のボールペンで…」|ほんとに青でもOK?その理由とは

役所だったり、履歴書だったり、テスト問題だったり、「黒または青のペンで書け」というような注意書きはよく見る者の、青で提出している人を見たことがない…。
山岡ソースケ | 538 view
中傷デマはインターネットに流れる前に3か月以内に対応せよ! 専門家がいうビックリする理由とは?

中傷デマはインターネットに流れる前に3か月以内に対応せよ! 専門家がいうビックリする理由とは?

ツイッターに冷蔵庫で遊んでいるアルバイトの写真が投稿されたり、社外秘のデータが暴露されたり・・・本当かどうかは別にしてインターネットと企業は情報の部分で密接な関係にあります。企業イメージを大きく左右するインターネットの中傷行為。たとえデマであっても3か月以内に対応しないと大変な事になってしまいます!
鈴木康平 | 13 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山岡ソースケ 山岡ソースケ