2018年12月6日 更新

お笑い界に激震・・”クズ芸人”久保田&武智の”醜態”に「M-1台無しにした」と猛バッシング!

「M‐1グランプリ2018」の決勝戦が行われ、史上最年少記録更新となるお笑いコンビ・霜降り明星の優勝で幕を閉じました。喜ばしいニュースの一方、とろサーモンの久保田と、スーパーマラドーナの武智が4日、自身のSNSを更新し、審査員を務めた上沼恵美子さんに対して、謝罪する事態に。事の発端は、今回のM-1で7位だった武智が放送後に配信したインスタライブ。彼らの”醜態”に、激しいバッシングが寄せられています

1,924 view お気に入り 0

M-1審査後に”ある問題騒動”?

“日本一の若手漫才師を選ぶ祭典”『M-1グランプリ 2018』(ABC・テレビ朝日系)が12月2日に放送され、「霜降り明星」が14代目王者に輝きました。 その様子はコチラ。↓↓↓
「M-1」といえば、結果もさることながら、個性的な審査員の配点や評価ポイントも毎年話題になります。
 (101775)

今年も”西の女帝”こと上沼恵美子さん、そして、新たに審査員に加わった立川志らくさんがSNS上で話題になりました。
しかし放送中から、気に入っている芸人に対する態度と、そうでない芸人に対する態度があまりにも違いすぎるとして、ネットでは一般視聴者の批判も集まっていたようです。
 (101776)

ですが、その”批判”は本当に理路整然としている意見でしょうか?

問題といわれる審査ポイントを検証してみましょう。

自虐ネタを披露した「ギャロップ」

「ギャロップ」:総合得点614点(上沼:89、松本:86、富澤:87、志らく:86、塙:89、礼二:90、巨人:87)
▼審査ポイントとして、立川志らくさんは、
「ハゲ方が面白くない」と批判すると、ダウンタウン松本人志も「言うほどハゲてないな」と突っ込んだ。
 (101786)

司会の今田耕司が「いや、ハゲてますがな!」とフォローすると、林もたまらず「ハゲてる。ちゃんとハゲてる」と返した。
すると、今度は上沼恵美子が「自虐言うのは、あまり受けん。今まで何しとるのや」と結成14年の2人のハゲネタに対し、厳しい“愛のムチ”をぶつけた。
112 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“平成最後”の漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝進出者、発表!あなたの予想は?

“平成最後”の漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝進出者、発表!あなたの予想は?

“平成最後”の漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」決勝進出者が、ついに発表されました!今年は”9組”が決勝に出場。そして、敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えて、10組で争われます。毎年ごとに挑戦者の数は増え、今大会には4640組がエントリー。視聴者からの注目度の高さがうかがえます。本日の準決勝には、26組が出場していました。見事、決勝戦の出場を獲得した9組の喜びのコメントもまとめていきます
島田紳助が絶賛する“西の女帝”上沼恵美子が語る「M-1グランプリ」の舞台裏と”あの涙”の真相

島田紳助が絶賛する“西の女帝”上沼恵美子が語る「M-1グランプリ」の舞台裏と”あの涙”の真相

今年「M-1グランプリ 2017」の決勝で、結成15年のコンビ「とろサーモン」が優勝しました。実は毎回、審査員の”評価”も話題となっています。その中でも絶妙な辛口コメントを飛ばしていた“西の女帝”と呼ばれる上沼恵美子。翌日、自身のラジオ番組で「昨日は何回か行かしてもらった中で、一番上手な採点をした。自信がある。」と振り返りました。島田紳助が常々絶賛しているという彼女の採点ポイントをきいてみましょう
”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

”M-1暴言騒動”の2人、上沼恵美子さんへ「直接謝罪」の意向。様々な業界に”深刻すぎる余波”

久保田と武智が「M-1グランプリ 2018」が終了した後インスタライブで、審査員を務めた上沼恵美子さんに暴言を吐いた問題。その2日後、ツイッターのみで2人は謝罪したものの、今週中に「直接謝罪」に出向く意向を示したようです。現在、動画は削除されていますが、ネットは今も”大炎上”。先輩芸人からも、彼らの悪しき言動にコメントを評しています。様々な業界でも”余波”が広がっています。その深刻すぎる内容とは?
“辛口”審査員から大絶賛!平成最後の「M-1グランプリ2018」で史上最年少の”新星”が誕生

“辛口”審査員から大絶賛!平成最後の「M-1グランプリ2018」で史上最年少の”新星”が誕生

“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』の決勝戦が行われ「霜降り明星」が14代目チャンピオンに輝きました!今年は、結成15年以内のプロ・アマ4,640組がエントリー。今回の決勝進出者は9組と敗者復活戦から勝ち上がった1組、計10組で熱戦が繰り広げられました。平成生まれの”史上最年少”という新王者の話題にも際立ちましたが、今回は、審査員の新たな顔ぶれの大きな変化も話題となりました
「M-1」終了後、上沼恵美子が”あの真相”を生激白!後任は「和牛」へ・・今後の”野望”に言及も

「M-1」終了後、上沼恵美子が”あの真相”を生激白!後任は「和牛」へ・・今後の”野望”に言及も

「M-1グランプリ」の翌日、審査員を務めた上沼恵美子さんのラジオ番組「こころ晴天」が放送されました。「M-1」直後の放送ということもあり、上沼さんの”生の声”を真っ先に聴けるので、この祭典と一緒に凄く楽しみのファンも多いのではないでしょうか?話題は、やはり平成王者「霜降り明星」と”名人芸”「和牛」について。そして、せいやの女医との恋愛話・人生話、そして今後の上沼さん”野望”についても驚きの発言が!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事