2017年5月14日 更新

過去と現在が交差する映画「君の膵臓をたべたい」主題歌にミスチル

住野よるの小説「君の膵臓をたべたい」が実写映画化され、2017年夏に公開されます。同小説は「キミスイ」の愛称で若い世代を中心に人気で、2016年本屋大賞第2位にランクインし、現在発行部数81万部を突破するベストセラー小説です。この度、本作の主題歌を大人気アーティスト「Mr.Children」が担当することが20日に決定しました。映画のために新曲「himawari」を書き下ろしました。

217 view お気に入り 0
「君の膵臓をたべたい」は2015年6月に発売され、1年で発行部数60万部を突破したベストセラー小説。
 (18563)

「君の膵臓をたべたい」は、住野よるの
ベストセラー小説
『キミスイ』の愛称で若い世代を中心に人気で、2016年本屋大賞第2位にランクインし、
現在発行部数81万部を突破するベストセラー小説です。
住野よるの小説『君の膵臓をたべたい』が実写映画化され、2017年夏に公開されます。

「君の膵臓をたべたい」予告

「君の膵臓をたべたい」予告

昨年刊行された『君の膵臓をたべたい』は、膵臓の病気を患うクラスメイト・山内桜良の闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた高校生の「僕」が、死期が迫る桜良と心を通わせていく様子を描いた作品。
映画版は、桜良の死から12年後に教師になった「僕」が学生時代を回想するという構成になり、過去と現在の2つの時間軸が描かれる。
 (18572)

重い病気を患うヒロイン・桜良(さくら)役を演じるのは浜辺美波。
桜良の病気を唯一知ることになる「僕」役を北村匠海(DISH//)が演じます。
さらに桜良の言葉をきっかけに教師になった現在の「僕」役に小栗旬、
桜良の親友で結婚を目前に控える恭子役に北川景子がキャスティングされています。
 (18542)

左から浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗旬
メガホンを取るのは、『黒崎くんの言いなりになんてならない』『君と100回目の恋』などの月川翔。脚本は『ホットロード』『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などを手掛けた吉田智子が担当。

主題歌はMr.Children「想像を超えた曲」

この度、本作の主題歌を大人気アーティスト「Mr.Children」が担当することが20日に決定しました!

映画のために新曲「himawari」(発売未定)を書き下ろしたとのこと。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

男性必見!2018春に女性がドライブデートで聴きたい鉄板「桜ソング」好きなアーティストは?

男性必見!2018春に女性がドライブデートで聴きたい鉄板「桜ソング」好きなアーティストは?

春になるとドライブしながら「桜の名曲」も聴きたい人もおられることでしょう。「ホンダアクセス」社が「カーライフに関する調査2018」のアンケート結果を発表。今回はその中から、ドライブデートで聞きたい「アーティスト」と「桜ソング」をランキングでご紹介。すると、どの曲名にも”あのキーワード”が入っていることに!同ランキングは春ドライブのプレイリストにも役立つこと請け合い。ぜひチェックしてみてくださいね♪
「コード・ブルー」夏ドラマ期待度・断トツ1位!“日本で一番面白い医療ドラマ”

「コード・ブルー」夏ドラマ期待度・断トツ1位!“日本で一番面白い医療ドラマ”

7月に入り夏の新ドラマが続々開始。「月9」は、人気シリーズ「コード・ブルー THE THIRD SEASON」。ドクターヘリに乗り、患者の元へ駆け付けるフライトドクターを目指す若者たちの奮闘が描かれます。7年ぶり復活ドラマの主題歌に、3度目タッグのMr.Children「HANABI」も注目が集まります。また昨年「逃げ恥」で大ブレイクを果たした新垣結衣や初出演の馬場ふみかに期待する男性も続出中です
小栗旬×金城一紀「BORDER」が3年ぶり"再始動" SPドラマに

小栗旬×金城一紀「BORDER」が3年ぶり"再始動" SPドラマに

俳優の小栗旬が主演で2014年に放送された人気ドラマ「BORDER」がスペシャルドラマとして復活します。死者と対話できる能力を持ってしまった警視庁捜査1課の刑事・石川安吾(小栗さん)の活躍を描く刑事ドラマで、3年ぶりの同作に、小栗さんは「役に戻ることは、とても過酷ですが、一生懸命に向き合いたいと思います」とコメント。原案・脚本の金城一紀さんは「“あのラストシーン”から幕を開けます」と予告しています
堀北真希さん芸能界引退?電撃婚、出産を経て専業主婦「素晴らしい14年間」に感謝!出演したヒット作の話題再燃|笠井アナ、堀北引退は山口百恵ではなく「森高千里パターンでは?」との分析も

堀北真希さん芸能界引退?電撃婚、出産を経て専業主婦「素晴らしい14年間」に感謝!出演したヒット作の話題再燃|笠井アナ、堀北引退は山口百恵ではなく「森高千里パターンでは?」との分析も

2015年に俳優・山本耕史さん(40)と結婚、昨年12月に第1子出産が明らかになった女優・堀北真希さん(28)が芸能界を引退した、と報じられました。所属事務所「スウィートパワー」が28日深夜に本人のメッセージを添えて公表しました。関係者によると両者間の契約が2月末で満了となり、堀北さんは更新しなかったといいます。堀北真希さんが2月末をもって芸能界を引退したことが発表され、これまで出演したドラマや映画の話題が再燃しているようです。NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」のヒロインに抜擢されたり、同年の「第63回NHK紅白歌合戦」にて紅組司会を務めるなど、国民的女優として確かな地位を築いてきた堀北さん。14年間、走り続けてきたことを讃えて「堀北らしい」決断だと賞賛される中、「家庭に専念」は、山口百恵さんではなく「森高千里さんパターンでは?」との声も聞こえてきているようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん