2017年3月6日 更新

コミュニケーションや人間関係「伝え方」の意識|本当に性格も変えられるの?!

『伝え方が9割』の著者である佐々木圭一氏と、『人間は9タイプ』の著者:坪田信貴氏の対談から、伝え方を意識することで、性格も変えられる!かもしれないと思える実話談。相手に投げかける言葉で、与える印象が違うことぐらい誰だって知っています。しかし、知っているのは“違う”という事実だけで、「どんなふうに違うのか」「どう受け取っているか」なんて、早々分かりませんものね…。春の配置換え、もしくは新人さんをむかえるにあたり、人間関係・コミュニケーションをとるためにも、ちょっとだけ参考になるかもしれません。

618 view お気に入り 0
Free photo: Travel, Family, Contour, Shadow - Free Image on Pixabay - 933171 (9443)

あなたはいつもと変わらない話し方をしているのに、退屈そうにされたり、やたらと聞き返されたり、イライラされたりするときはないだろうか。聞き手が違えば受け取り方が違う。相手によって話し方を変えてみよう。
同じ言葉を聞いても、すべての人が同じメッセージを受け取るとは限らない。
Free illustration: Cobweb, Network, Faces, Photo Album - Free Image on Pixabay - 2034015 (9441)

人は同じ言葉でも同じ感情で受け取らず、
また考え方まで、これほど違いがあるのかと思うほどですね。
「そんなこと分かっているよ」と言いたくなるのですが、そんなこと分かっていても、では相手がどう受け取るかまでは理解できなかったり、想像しないところまで考えていることもあります。

問題は、受け取り方が違うことではなく、どう受け取るのかは人のタイプによるということだと言います。
相手に理解されやすいメッセージを伝えることができれば、コミュニケーションをとることが可能ですよね。
ですが、あなたは今までの人生で、「伝え方で変わるのでは?」と、
うすうす気づいているのではないでしょうか。

伝え方にはシンプルな技術があります。
Free illustration: Mobile Phone, Smartphone, Tablet - Free Image on Pixabay - 607111 (9438)

相手に物事を頼まれた時、お断りするときは、相手がどこまで受け取るのかという例がわかりやすいかもしれません。

本当に「やりたくない」
条件があれば「やってもいい」
別の用事で「受けられない」けど、やってもよかった
どっちでもいいけど、面倒だから断った
……
まだまだあると思いますが、これだけの状況があるものをメッセージし、
相手はどう受け取るのかわからないですね。

「伝え方」が違っていても結論は同じ

例えば、遅刻してきた人に「やる気がないのか!帰れ」と怒鳴ることもできるし、「遅刻みたいなつまらないことで評価を落としたらもったいないよ」と諭すこともできる。
でも、両方とも言っていることは「遅刻するな!」なんですよね。
Free illustration: Woman, Face, Photo Montage, Faces - Free Image on Pixabay - 1594711 (9444)

そうなんですよね、最終の伝えたいことは「同じ」だということです。
「そんな周り道して伝えるなんでメンドクサイな」と思うかもしれませんね。
考えていることは一緒なのに、前者のように怒鳴ってしまうと相手は「パワハラ、怖い、いやな奴」という印象を持ち、卑屈になる。
でも後者は「自分のことをいろいろ考えてくれている、思いやりのある人」と前向きな気持ちになる。

伝え方で、「人の性格」も変わるんじゃないか?と思う……

Free photo: Rock, Craft, People, Friends - Free Image on Pixabay - 1771913 (9447)

次も自分が抱いた気持ちで経験している方も多いかもしれません↓↓↓
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仕事のできない人は人の話を「聞く力」がない |ビジネスで実践できるテクニック

仕事のできない人は人の話を「聞く力」がない |ビジネスで実践できるテクニック

ビジネスにおいて、ほとんど置き去りにされていることがあるといいます。それは「聞く」ことの重要性です。傾聴とはまた異なる聞く力。仕事のできない人は、残念ながら相手の話を「聞く」ことができないというのです。それでは、聞く力を極める方法として実践したテクニックとは?
SOCIALZINEの志水 | 2,857 view
人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

人をイラッとさせる不快な3つの言葉|ビジネスでもライフでも禁句の口癖

心理学者の話によると、5人に1人はほぼ毎日“腹の立つ”ことがあると答えていたといいます。誰が見ても特別に嫌なことをするわけではなく、なぜか分からないけど「イラっ」とさせる人がいるのです。気が付かない間に、相手の空間に不快な空気がながれる「口癖」があるかもしれません。人をイラッとさせる用語を3つご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 2,173 view
6割以上が言われた経験「何が言いたいの?」|理解してもらえる3つの伝え方

6割以上が言われた経験「何が言いたいの?」|理解してもらえる3つの伝え方

「言いたいことが伝わるテク」についてです。「何を言いたのかわからない」そんなことを言われて、話すこともためらいがちになったという経験はありませんでしょうか。人には話す特徴がありますが、ビジネスにおいて伝えるスキルは大切な要素です。「説明力」としても欠かせない苦手を克服し、相手に伝わる3つのコツをご紹介します。
SOCIALZINEの志水 | 2,095 view
ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ビジネス成功者には「疑う力」がある|新しい発見とチャンスを掴む“疑う能力”の鍛え方

ジョブスのようにイノベーションを起こし、ビジネスで成功するために必要なのは「疑う力」。疑う力は、リスクに備え、潤滑な対人関係、そして人生の大きなチャンスをつかむことができるそうです。しかし日本の教育では「正しく疑う能力」が育たないのです。これからでもできる「正しい疑う力」の身につけかたをご紹介します。西洋哲学の“エポケー”、そして広告業界の“ブレスト文化”がヒントになります。
SOCIALZINEの志水 | 1,166 view
仕事が「デキる人」か見分けられる“たった1つ”|その相槌(あいづち)で見抜かれる

仕事が「デキる人」か見分けられる“たった1つ”|その相槌(あいづち)で見抜かれる

ビジネスの場において「お!こいつ、デキる」と唸らせるのは、たった1つでいいのです。仕事のデキる人かどうか、見抜かれているのか、あなたが見抜くのか、どっが先になるでしょうか。できる人か見分ける“たった1つ”は実は「あいづち(相槌)」なのです。しかし、タブーとなるあいづちも存在しています。実体験をあわせてご紹介いたします。
SOCIALZINEの志水 | 1,429 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINEの志水 SOCIALZINEの志水