2017年2月25日 更新

ヤマト運輸の悲鳴! インターネット通販の拡大により増える宅配便量が「ハンパない!」

インターネットで気軽にいろいろなモノを注文できる現在。そのシワ寄せが流通関係者に寄せられています。ヤマト運輸は今年の春闘で宅配便の取扱量を話題にしました。人手不足による長時間労働の慢性化。今後の流通にどう影響するのでしょうか?

88 view お気に入り 0

●ヤマト運輸の悲鳴!

ヤマト運輸が悲鳴「荷物の量が半端ない」深刻化する過酷な労働
 宅配サービスの見直しにつながるのでしょうか?
 宅配便最大手の「ヤマト運輸」の労働組合が今年の春闘の労使交渉で、宅配便の取扱量の抑制を求めたことがわかりました
Free vector graphic: Package, Delivery, Box, Cardboard - Free Image on Pixabay - 575402 (7547)

宅配サービス大手の「ヤマト運輸」の労働組合が今年の春闘で大きな展開を見せました。
インターネット通販の拡大により増える宅配便の取扱量。
そのシワ寄せが人手不足という形でドライバーに悪影響を与えています。
ヤマト運輸が労使で宅配便の荷受量の抑制を検討していると伝わった23日、親会社のヤマトホールディングス(HD)の株価は前日比8%上昇した。
日本経済新聞社は「電子版(Web刊)」の有料・無料読者の皆さんを対象とした週1回の意識調査を実施しています。第311回は、インターネット通販の拡大に伴い取引量が急増している宅配便の問題に関して、皆さんのご意見をお伺いします
 企業の人手不足感は日増しに高まっている。帝国データバンクの人手不足に対する企業動向調査によると、正社員が不足していると回答した企業は2017年1月時点で43.9%と半年前から6ポイント上昇。水準も過去10年で最高を記録した。
Free vector graphic: Pizza, Courier, Delivery, Fast - Free Image on Pixabay - 1454239 (7552)

インターネット通販の拡大により誰でも簡単にいろいろなモノを注文できる便利な時代。
本1冊から冷蔵庫のような大きな家具、パソコンやガラス食器などのデリケートなモノまでクリック1つで購入できます。

その分、運ぶ人は大変です。
壊れないように慎重になるのはもちろん、運ぶ量も増えるからです。
「アマゾン・ドット・コム」や「楽天市場」などインターネット通販の普及で宅配便の取扱数が増える一方、トラック運転手や仕分け作業員ら担い手が不足している。
 宅配便最大手のヤマト運輸が、荷受量を抑制する検討に入ったことが23日、わかった。労働組合が今年の春闘の労使交渉で会社側に要求した。
Free illustration: Cloud, Insecurity, Negativity - Free Image on Pixabay - 705728 (7556)

 ヤマト運輸が宅配便の荷受量を抑制するのは、想定を上回るインターネット通販の拡大でサービスの維持が難しくなってきたためだ
陸運業界が持っている輸送能力を最大限に活用するのが1つ。そのためには、片荷(かたに、幹線輸送において積み荷が片道分しかないこと)のような無駄を極力なくすための共同プラットフォームを、業界で構築することが日本の産業を支えていくうえで求められる。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

Amazon即日配送サービスからヤマト運輸が撤退か!? 消費者負担は実現するのか?

インターネット通販サイト大手のAmazonの「当日配送サービス」から宅配最大手のヤマト運輸が撤退を検討している事がわかりました。理由は人手不足が主。夜間配送も増え、従業員の負担を考えるとサービスを継続するのは難しいようです。私たちの生活にどう影響するのでしょうか?
鈴木康平 | 118 view
「歩きスマホ」の当たり屋が駅などに出現!! ワザとぶつかり金銭を要求する恐喝と暴力事件が増加中!?

「歩きスマホ」の当たり屋が駅などに出現!! ワザとぶつかり金銭を要求する恐喝と暴力事件が増加中!?

「歩きスマホ」をしている人にぶつかりそうになった人も多いでしょう。しかし、歩きスマホにワザと体当たりして、因縁をつけ、金銭を要求したり、暴力をふるったりする「スマホ当たり屋」が駅で問題になっています。車や自転車だけじゃない駅での当たり屋にどう対処すればいいんでしょうか?
鈴木康平 | 569 view
無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

無痛分娩による植物人間や障害児 死亡などの危険は本当か!? 当事者になってからでは遅いメリットとデメリット

出産の痛みを軽減してくれる「無痛分娩」。女性にとって身体の負担を減らす素晴らしい医療技術ですが、メリットばかりではないのかもしれません。無痛分娩が原因で母子に障害が残ったり、死亡したりした可能性がある・・・そんな事件がインターネットで報告されています。無痛分娩にデメリットはあるのでしょうか?
鈴木康平 | 791 view
就活で4社に1社が不採用結果を出さない現実 「サイレントお祈り」を人事担当者はなぜしてしまうのか?

就活で4社に1社が不採用結果を出さない現実 「サイレントお祈り」を人事担当者はなぜしてしまうのか?

不採用通知を出さない「サイレントお祈り」が新卒就活で問題になっています。「今後のご健闘をお祈り申し上げます」という「お祈りメール」も問題だが、相手が何も言ってこないサイレントお祈りも気分が悪いモノ。なぜ企業はこうした習慣を生み出したのでしょうか?
鈴木康平 | 1,023 view
Uber(ウーバー)は本当に安全なのか? タクシー業界震撼の新サービスは個人情報の危機がある!?

Uber(ウーバー)は本当に安全なのか? タクシー業界震撼の新サービスは個人情報の危機がある!?

アメリカからスタートし、世界中に広がったタクシーサービスのUber(ウーバー)。高級車が自宅や会社などに迎えに来てくれる新しいサービスですが、個人情報の部分で不安があります。Uber(ウーバー)は本当に安全なのか?それとも危険なのか?
鈴木康平 | 313 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平