2017年10月31日 更新

日本では当たり前! 逆にフランス人など外国人が驚く日本のキャンパスライフとは?

宗教観や働き方。外国人と日本人は考え方に違いがある事を見るシーンが多々あります。今回は日本の大学生が「当たり前」に行っているが、フランス人から見ると「信じられない!」と驚かれる例を挙げていきます。

222 view お気に入り 0

●フランス人が驚く「日本人・大学生の信じられない日常」

外国人から見ると日本人が当たり前に行っている日常シーン。
驚くべき事が多いようです。

たしかに日本は宗教を例にしても考える部分が多いです。
神社と仏閣と同じと考える人もいますが、基本的に仏教徒。

お葬式は仏教に従って行われるのに、結婚式は教会で挙げ、神父や牧師から「永遠の愛」を誓う夫婦も多いでしょう。

それだけでなく、クリスマスやハロウィンなど世界中の行事が日本流に混じり合う日本文化。

今回はそんな外国人から見た日本の不思議。
「大学生のあり得ない日常シーン」を見ていきましょう。
Free photo: France Flag, National Flag, France - Free Image on Pixabay - 1058699 (61369)

かつてフランスで暮らしていたとき、現地校に子どもを通わせていたが、日本とのさまざまな違いに驚いた。逆に、フランス人が日本の学校へ通って驚くこともあると聞く。日本の大学に留学経験のあるフランスの友人によると、3つの驚きがあったという。
フランスでは教師と生徒以外の関係でも、大人と子どもの線引きが明確だ。別のフランスの知人の話では、子どもの頃、親との食事では自分からおしゃべりすることを許されなかった。
「観光立国」を目指している日本では今、訪日外国人が激増中だが、増やそうとしているのは観光客だけではない。政府が2008年に打ち出した「留学生30万人計画」では、海外からの留学生の数を2020年までに30万人に増やすことを目標としている(2014年5月時点では約18万人)。
Free photo: Cat, Surprised, Eyes, Cat'S Eyes - Free Image on Pixabay - 2886062 (61377)

大学生(昼間部の学部生)の2012年度の年間平均生活費は70万4600円で、10年度の前回調査より6.7%増えたことが26日、独立行政法人「日本学生支援機構」の隔年調査で分かった。増加は00年度以来。スマートフォン(スマホ)の通信費などの増加が目立った半面、食費などは減った。
フランス人が驚く事は「授業中に寝ている大学生が多すぎる事」。
たしかに日本の大学生は、授業を真面目に受けていないイメージがどこかにあります。

もちろん、しっかり勉強し、大学院に進み、研究職や教職に就く人もいます。
ただ、「授業は寝たり、サボったりしてテストをどう乗り切るか?」。

同級生からノートを借りたり、先輩から攻略法を聞いたり・・・
学ぶ場というより「処世術」のような事を大学では経験した人も多いのではないでしょうか?

しかし、フランスはそうした事は許されません。
もし、寝ていたら・・・教室からたたき出される事でしょう。
金銭的・時間的余裕の有無を尋ねたところ、「お金に余裕がない」と答えた割合は計63.5%、「時間に余裕がない」は計65.7%に上った。

コスパにうるさい方だと思うかとの問いに対しては、計66.1%が「そう思う」と回答。また人よりもケチだと思うかとの質問には、計49.4%が「そう思う」と答えた。
Free photo: Building, Architecture, School - Free Image on Pixabay - 2779499 (61386)

「大学学部生」における受給率は51.3%(前回比1.2ポイント減)、「短期大学生」は52.9%(同0.5ポイント減)、「大学院修士課程」は55.4%(同5.1ポイント減)、「大学院博士課程」は62.7%(同3.5ポイント減)、「大学院専門職学位課程」は51.8%(同8.9ポイント減)となった。
 3月1日に就活が本格解禁となり、多くの就活生は企業の説明会に足を運んでいるころだろう。後ろ倒しで選考期間が短くなった今シーズンの就活は説明会、エントリーシート、面談と短期間のうちに連続して進む可能性が高い。就活生が「やってはいけないこと」「気をつけるべきこと」を採用担当者に教えてもらい、座談会形式でまとめた。
また、大学に限らずフランスでは「学校の先生」が特別な存在として見られています。
「権威ある職業」として多くの人から尊敬されるので、友達感覚で付き合う事は許されません。

大学生と一緒に飲み会に参加したり、友達のように世間話をしたりする事が外国人から見ると驚かれるようです。

最近の日本の先生は体罰や保護者へのプレッシャーなど心身が疲れえている人が多く、そうした部分も驚かれる事が多いようです。
Free photo: Excited, Woman, Surprised, Happy - Free Image on Pixabay - 2681493 (61391)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

運動会では個人情報保護のためカメラ持ち込み禁止!? SNS投稿で親同士のトラブルの火種に?

運動会では個人情報保護のためカメラ持ち込み禁止!? SNS投稿で親同士のトラブルの火種に?

小学校や中学校で行われる運動会。子供たちが演技に一所懸命の取り組む姿をカメラで撮影するのが季節の風物詩。しかし、今時の運動会ではカメラ持ち込みが禁止されているケースが多いようです。変質者からの盗撮を防ぐなどの意味もありそうですが、最も大事なのはインターネットに子供の顔や名前が投稿され、トラブルを防ぐ事のよう・・・
鈴木康平 | 321 view
スニーカー通勤を国は推奨するけれど・・・ビジネスマナーで会社が許すと思えない!!

スニーカー通勤を国は推奨するけれど・・・ビジネスマナーで会社が許すと思えない!!

ビジネスマンにとって通勤靴は革靴なのは昔からの定番。しかし、スポーツ庁は歩きやすさや運動不足解消を目指し、革靴ではなくスニーカーでの通勤を推奨しています。たしかに革靴より歩きやすいスニーカーですが、ビジネスマナー的に会社や上司が許してくれるのでしょうか?
鈴木康平 | 745 view
食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

食べ残された給食になぜ異物が混入されていたのか? 老舗弁当会社が犯した許されない罪

神奈川県大磯町立中学校の給食が大量に食べ残された問題。その給食にはプラスティック片、虫などのゴミが紛れ込んでいました。学生の大切な時間の1つである給食。飲食業として許されない異物混入を犯してしまった老舗弁当会社。なぜ、こんな会社に長年給食作りを依頼してしまったのか?
鈴木康平 | 317 view
ヤマカガシに噛まれ意識不明の重体になった10才男児! マムシより強い毒を身近な蛇の怖さ!!

ヤマカガシに噛まれ意識不明の重体になった10才男児! マムシより強い毒を身近な蛇の怖さ!!

29日に兵庫県の10歳の男の子が毒蛇であるヤマカガシに噛まれ、意識不明の重体となる悲惨な事故が起きました。毒がないと思われていたヤマカガシですが、マムシより強い毒があるとわかりました。噛まれたらどうやって対処すればよいでしょうか?
鈴木康平 | 228 view
WBC敗退の韓国で起きた球場のマナー違反 「井の中の韓国野球」とメディアでの批判が続出!

WBC敗退の韓国で起きた球場のマナー違反 「井の中の韓国野球」とメディアでの批判が続出!

日本も多いに活躍した野球の国際大会である「第4回ワールド・ベースボール・クラシック」。(WBC)。多くの人に感動を与えた大会だが、開催国である韓国の批判が目立った。世1次リーグ敗退とともに球場のマナー違反が多くのメディアで批判されました。なぜ、韓国はこんな事をしてしまったのか?
鈴木康平 | 512 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

鈴木康平 鈴木康平


おすすめの記事

今注目の記事