2018年11月16日 更新

「紅白歌合戦」出場者決定!DA PUNMP、”16年ぶり”初出場!ユーミンは”7年ぶり”の返り咲き

今年大みそかに放送される「紅白歌合戦」出場歌手が発表されました。初出演者に、アイドルグループKing & Prince、純烈、X JAPANのYOSHIKIとHYDEがコラボしたスペシャルユニットや、あいみょんらが初出場となります。一方で、11月に活動を再開したいきものがかり、U.S.A.が大ヒットしたDA PUMP、ユーミンらが返り咲きました。そんな注目アーティスト達の喜びのコメントも届きました

68 view お気に入り 0

『第69回NHK紅白歌合戦』出場歌手、発表

12月31日の大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか/19時15分~)出場歌手が14日、発表されました。
大みそかの『第69回NHK紅白歌合戦』(12月31日19:15~23:45)の出場歌手が14日、東京・渋谷のNHK放送センターで発表された。
 (100134)

出場歌手は、紅白合わせて42組。特別企画が1組。となっているようです。
気になる、初出場者や復帰出場者たちは・・・

初出場者

初出場者は、紅組があいみょん、DAOKOの2組。白組がKing & Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKI feat.HYDEの4組、計6組となりました。
 (100102)

デビュー3年目のシンガー・ソングライター、あいみょん(23)。
整形手術を受けた友人を描いた「○○ちゃん」や、自殺のニュースを見て書いた「生きていたんだよな」など、独特で強烈な作品やその歌詞の世界観が10、20代の間で人気。
現在放送されている新垣結衣さん、松田龍平さんダブル主演ドラマ『獣になれない私たち』の主題歌担当に抜擢されたことでも、注目を集めました。↓↓↓
「今朝、決定と報告を受けて。ほんまに親孝行ができるのかなと、親の顔が浮かびました。純粋にうれしいなと」と感激の面持ちで語ると、
「この後、(会見が)終わったら、家族と両親と、自分の口から伝えたい。お世話になった方に今度は感謝を伝える番だと思っているので」とあふれる思いを言葉にした。
64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安室奈美恵と「イッテQ」で念願の初対面に感涙のイモト・・言動すべてが「ファンの鑑」と話題

安室奈美恵と「イッテQ」で念願の初対面に感涙のイモト・・言動すべてが「ファンの鑑」と話題

お笑い芸人のイモトアヤコが、29日放送の「イッテQ!」で、子供の頃から憧れの歌手・安室奈美恵との初対面が実現!9月16日で引退する安室さんと、ツアー先の台湾で念願の対面の様子をお届け。2人きりでの対談も実現し、思いを伝え合う一幕も。イモトのありあまる “安室愛” をギュッと詰め込んだVTRを観て、安室さんが涙する場面も。公演に参加したイモトは「あなたのファンになれて本当に私は幸せ」と熱く語りました
阿部サダヲ×吉岡里帆の「音量を上げろタコ!」予告解禁“W主題歌”にHYDE&あいみょん担当

阿部サダヲ×吉岡里帆の「音量を上げろタコ!」予告解禁“W主題歌”にHYDE&あいみょん担当

阿部サダヲ×吉岡里帆が共演の驚異の歌声を持つロックスターと異様に声の小さなミュージシャンの姿を描く”ロックコメディ”映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が今秋、公開。豪華キャスト陣も発表されました。なおW主題歌の一曲に、HYDE(L'Arc~en~Ciel)が作曲し、いしわたり淳治が作詞。もう1つの主題歌の作詞作曲に、あいみょんが担当する、と発表され、期待も高まります
平成最後の「名付けランキング」最近は脱”キラキラ”?芸能人に好まれる”シワシワネーム”とは?

平成最後の「名付けランキング」最近は脱”キラキラ”?芸能人に好まれる”シワシワネーム”とは?

時代によって変遷していく赤ちゃんの名付け。”平成最後”となる、2018年に生まれた子供の名前をまとめた「生まれ年別の名前調査」の結果を企業が発表しました。そのランキングから分かったことをまとめます。実は、”世間の声”も赤ちゃんの名付けに大きく影響しているようですが、ほかにも、名付けには”世相”が反映されていることも調査で分かりました。名付ける親の”思い入れ”も大事ですが、結局、もっと大事なことは?
”存続危機”を乗り越えて・・今年もガキ使「笑ってはいけない」放送!トラップや豪華ゲストは?

”存続危機”を乗り越えて・・今年もガキ使「笑ってはいけない」放送!トラップや豪華ゲストは?

人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の恒例年越し企画の最新作が今年も放送される事が決定しました!「笑ってはいけないシリーズ」をめぐっては、毎年”目撃情報”が事前にネット上で拡散されるなど、視聴者の間でも高い関心を得ていることでも有名ですが、ここ最近では、存続も危ぶまれていました。18回目の放送が確定した今、番組にはさらなる”熱い視線”が寄せられています。番組や喜びの声をまとめていきます
ANZEN漫才みやぞん「イタリアの伝統漁」で初挑戦ながらも”ミラクル偉業”を成し遂げ大反響

ANZEN漫才みやぞん「イタリアの伝統漁」で初挑戦ながらも”ミラクル偉業”を成し遂げ大反響

10月21日の「世界の果てまでイッテQ」では、お笑い芸人・ANZEN漫才のみやぞんが、船の上から巨大なカジキを銛で突くという「イタリアの伝統漁」に挑戦!すると、初挑戦とは思えぬ”ミラクル偉業”を成し遂げ、多くの反響が寄せられています。一向にカジキが見つからず。あまりの不漁に船長が船内で爆睡し始めてしまったロケ3日目のこと、船先端で待機していたみやぞんに、監視台のクルーから「カジキ発見」の知らせが!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

SOCIALZINE編集部まりんちゃん SOCIALZINE編集部まりんちゃん


おすすめの記事

今注目の記事